カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全20385件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

傷付いた幼虫でも元気に生まれ変わる

よくお問い合わせで「クワガタやカブトムシの幼虫にキズが入ったのでもうダメだ。。。」とガッカリしたお問い合わせを頂きます。


そんなにガッカリしないで下さい!

昆虫はサナギになる時にキズを修復することが有ります。

この事はある程度、飼育経験があるお客様は経験したことが有ると思いますが、初めての方は物凄く焦ってガッカリされると思います。

飼育のコツは、幼虫が傷付いても飼育放棄をしないで最後まで飼育することです。

そうしたら、自ずと傷付いた幼虫が感謝して答えを出してくれるでしょう。


カブトムシやクワガタをはじめとする完全変態と呼ばれる昆虫は、実に不思議です。

※完全変態とは、幼虫の時に複数回の脱皮を繰り返して大きく育ち、サナギになって幼虫と全く異なる姿の成虫になる 昆虫のことです。

昆虫は、幼虫の時にキズが入っても脱皮やサナギになる時に再生します。

実は、サナギになる時に体の全ての成分を完全に液体にします。

幼虫は「ゲル状」→サナギは「液体」→成虫は「固体」と変化していきます。

サナギになった際の「液体」の時に全ての外傷を再生しようとします。

自然の中で生き残る為の昆虫の生命力の強さと神秘には脱帽です。


更にカブトムシやクワガタには物凄い生命力が有ります。

幼虫の時に脚やキバを失っても再生して生まれてきます。

よく、幼虫の脚がないからとかキバが折れたからといって飼育を諦めよう、とお問い合わせを頂きますが大丈夫です!

キバが折れた幼虫は折れたほうのキバが短くなって成虫になります。

脚を失った幼虫は失ったほうの脚が短くなったり、小さくなったりして羽化してきます。

ですので、最後まで諦めずに力強く生きる昆虫の「生命力」を信じて最後まで飼育して下さい。