カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18593件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

カブトのサナギ救命方法

カブトムシの幼虫のエサ交換をしている時に既にサナギになっていて、誤って掘り出してしまう場合が有ります。

また、サナギに成る時にエサの深さが不足していると上に出てきてサナギになってしまうことも有ります。同様に対応できます。

このページでは、日本産カブトムシ(国産カブト)の蛹または前蛹限定のリーズナブルな救済方法を紹介します。

誤って掘り起こしたカブトムシのサナギ

誤って掘り起こしたサナギ

こんな時は慌てずに下記の方法でカブトムシのサナギを救済して下さい。

必要な道具はどこの家庭にもある、手袋、コーヒーの空き缶、缶切り、ティッシュ、サランラップ、輪ゴム、キリ(千枚通し)、ドライバー(柄の部分だけ使います)を用意して下さい。


カブトムシのサナギの救済に必要な道具

救済に必要な道具

まず、コーヒーの空き缶を缶切りで切りますが、切り口で手を怪我をしない様に必ず、手袋をはめて作業をして下さい。

缶切りで空き缶を切ります

次にティッシュを水で濡らします。手で水滴が落ちないくらいまで固く絞ります。

濡らしたティッシュを固く絞ります。

絞ったティッシュを広げて空き缶に入れます。

ティッシュを広げて空き缶に入れます

ドライバーの柄でティッシュを空き缶の奥まで押し込みます。

ドライバーの柄でティッシュを空き缶の奥まで押し込みます。

ドライバーの柄を使って下の写真の様にカブトムシのサナギを立てたまま入れれる様な空洞を作ります。

空洞

空き缶の切り口でサナギを傷付けない様に慎重に空き缶に入れます。

中の様子

空き缶の中に写真の様な感じでカブトムシのサナギを立てた状態にします。

カブトムシのサナギが上手に立ったままの状態になる様にのりしろを濡れたティッシュで調整していきます。

この際にサナギとティッシュの間(のりしろ)を5mmから1cm開けるのがコツです。

空き缶の中の様子

上手く行ったら空き缶の口にラップを被せます。

空き缶の口にラップを被せます。

輪ゴムでラップを固定します。

輪ゴムでラップを固定します

窒息しない様にラップにキリ(千枚通し)で3カ所、穴を開けます。

穴を開けます。

このまま涼しい所で管理すると3週間前後で成虫になります。

更にお酒の1カップびんなどの透明なびんを使うと観察もできますので便利です。


びんを使った救命方法

但し、この管理方法はカブトムシの救急救命法です。
観察の為の飼育、管理方法では有りませんので、注意して下さい。