カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18985件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

オオクワ、コクワの産卵方法

オオクワとコクワ(離島産も含む)の繁殖方法です。

上記の3種類に加えスジクワも産卵方法は同じです。

繁殖温度は23℃から28℃前後です。この温度にならない時は産卵しません。

大きな分だけ少し成熟が遅いオオクワガタの場合、羽化して5ヶ月以上経過したペアか越冬済みのペアを5月から9月の間に産卵させると効率が良いです。

天然個体は、夏の間なら直ぐの産卵が可能です。

オオクワガタはマットには産卵せず、主に朽ち木に卵を産み付けます。


水浸け

まず、硬めの朽ち木( 産卵木MかLサイズ)を用意します。

これを30分ほど水に漬け込みます。

水を入れたペットボトルを重しにすると確実に水が染み込みます。

この作業は、晴れた日に行った方が次に説明する作業がスムーズに行きます。


日陰干し

6から8時間ほど水を切るために日陰で干します。

画像の様に逆さにしたカゴの上に乗せると水切れが良くなります。


皮むき

水が切れたら100円均一ショップやホームセンターで販売されているステーキナイフ等で朽ち木の皮を剥きます。

前準備はこれで終わりです。


ケースにマットを入れる

飼育ケース中サイズか大サイズに成虫飼育用の昆虫マットを3から5センチほど入れます。

特に固める必要はありません。


ケースにオオクワガタのペアを入れる

ケースの中に前述の加水処理を行った産卵木とエサ皿、足場となる落ち葉を入れててセットします。

産卵木は、マットの上に置くかお好みで3分の1くらい軽く埋め込んでいただいても構いません。

あとは、ペアを入れて完了です。

飼育温度は23から28℃前後でキープします。

繁殖方法は、至ってシンプルで簡単です。

1週間から1ヶ月くらいするとメスが朽木を削り始めます。

オオクワの場合はメスが木を削り始めたら産卵に集中させる為、オスを外して別のケースで飼育して下さい。


割り出しの目安

メスを入れて約1ヶ月ほど経過した朽ち木です。

この状態が産卵の目安です。

画像は、激しく削られている状態ですが、貫通するように真っ二つにしたり、原形を留めない場合もあります。


割っていきます。

先ほどの朽ち木をマイナスドライバー等で丁寧に慎重に割っていくと幼虫が採取できます。

幼虫を潰さない様に注意が必要です。

あまり齧られていない部分から少しずつ割ると良いです。


採取した幼虫

幼虫は手で触らずに幼虫飼育専用スプーン等でそっとクリーンカップ(幼虫管理用カップ)に入れます。

※幼虫は成虫と別の容器に管理して下さい。

当店では採取した幼虫は、4日から7日間ほどクリーンカップで管理しております。

この管理期間内に外傷や虚弱などの異常がないか確認します。


菌糸ビンに投入

数日経過して異常が無ければ菌糸ビンに投入します。

産まれたばかりの小さな生命が今後、どのように大きく育つのかが飼育の醍醐味かもしれません。