カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全19933件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

コクワのメス

コクワガタのメス(表)

《コクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:18~33ミリ
ヒラタクワガタのメスに良く似ているが翅(背中の羽根)に点刻状の細かいスジが入りザラザラとした感じが有ります。
夏の野外の個体は、汚れがついて白っぽく見えます。(ヒラタに比べてツヤがありません)

コクワガタのメス(裏)

《コクワガタのメスの裏からの画像》
 
ヒラタクワガタのメスとの大きな違いは、前脚の腕の頚節(けいせつ)が直線的で真っすぐな方がコクワガタ、湾曲しながら先端に向かって太くなっているのがヒラタクワガタです。


 
コクワガタのメス
裏から見たコクワガタのメス
ヒラタクワガタのメス
裏から見たヒラタクワガタのメス

前脚の肘から先の形を良く見ると一目瞭然で違いが分かります。
因みにコクワガタの学名の「rectus」は、真っすぐという意味なので覚えやすいと思います。

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。

ヒラタのメス

ヒラタのメス(表)

《ヒラタクワガタのメスの表からの画像》

大きさ:19~42ミリ

上翅(背中)がツルツルとした感じがします。(ぼやけたスジが有ります)

やや光沢がありツルツルしていますが老化が進むと艶がなくなります。

ヒラタのメス(裏)

《ヒラタクワガタのメスの裏からの画像》

前腕が先端に向かうにつれて広がり湾曲します。

脚がガッチリとした感じがあります。

※画像は、脚を開いた状態ですが警戒すると脚を体に密着させてカメの様な体勢を取ります。(死に真似)


●よく似たコクワガタのメスとの比較を行なってみます。

ヒラタの表
表から見たヒラタのメス
コクワのメス表
表から見たコクワのメス

前述の説明のとおり、体に丸みと光沢(ツルツル感)があり、ザラザラ感が全くありません。

コクワの様に上翅の細かいヤスリ状の点刻列(スジ)がありません。

ヒラタのメス裏
裏から見たヒラタのメス
コクワのメス裏
裏から見たコクワのメス

前述の説明のとおり、前腕が先端に向かって湾曲しながら広がって行くのに対し、コクワは直線的な形をしています。

脚や腕が太く見えます。


●オオクワガタのメスとの比較も行なってみます。

ヒラタのメス表
表から見たヒラタのメス
オオクワのメス表
表から見たオオクワのメス

上翅(ハネ)に顕著な無数の点刻列(ゴリゴリした感じのスジ)がなく、平べったいので区別が付きやすいです。

名前の由来のとおり、体の厚みがなく「平たい」です。

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。

ペア(オスとメス)のセットのみの販売になります。あらかじめご了承下さい。

ヒラタクワガタのペアの販売コーナーはコチラ>>

オオクワのメス

オオクワガタのメス(表)

《オオクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:25~50ミリ
全身が真っ黒で光沢が強いのが特徴です。
背中(上翅)にハッキリとしたスジ(点刻)があるのでヒラタクワガタとの区別がつきやすいです。
またコクワガタのメスに比べてツヤがあります。


ヒラタクワガタのメス
ヒラタクワガタのメス
ツヤがありますが背中の羽根に
はっきりとしたスジが有りません。
コクワガタのメス
コクワガタのメス
背中の羽根に細かいスジが何本もありますが
ツヤが無く白っぽく見えます。

オオクワガタのメス(裏)

《オオクワガタのメスの裏からの画像》


ヒラタクワガタのメス
裏から見たヒラタクワガタのメス
コクワガタのメス
裏から見たコクワガタのメス
 
ヒラタクワガタは、前腕が先端に行くにつれて内側に湾曲しながら広がって行くのに対し、
オオクワガタとコクワガタは若干直線的な形をしています。
実は、オオクワガタとコクワガタは、近縁種的な存在です。

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。

ノコギリのメス

ノコギリクワガタのメス(表)

《ノコギリクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:19~40ミリ
体の色が赤褐色~黒の個体が殆どで背中には鈍い光沢が有ります。(産卵が終わり寿命が近付くと光沢が無くなる個体もいます)
全体的に丸みを帯びており、特に横から見ると背中の羽根の部分が盛り上がっています。
体の色が赤褐色である事と体の丸みからヒラタクワガタとの見分けもつきやすいです。
またミヤマクワガタのメスは、背中の羽根の光沢やアゴの太さの他に脚の大腿(太もも)の部分にオレンジ色の紋が有る事から容易に判別出来ます。

ヒラタクワガタのメス
↑↑↑ヒラタクワガタのメスの画像。
光沢が強く黒光りしてノコギリクワガタに比べて丸みが有りません。

ノコギリクワガタのメス(裏)

《ノコギリクワガタのメスの裏からの画像》

ミヤマクワガタのメスとの違いは、アゴの形状や大腿の色でも容易に識別可能です。

ミヤマクワガタのメス(表から)
表から見たミヤマクワガタのメス
ミヤマクワガタのメス(裏から)
裏から見たミヤマクワガタのメス
 
ノコギリクワガタは、朽ち木にも産卵するので鋭利に尖ったな鋭いアゴを持っているのに対しミヤマクワガタは土に産卵を行なうので穴を掘るのに適した太くて立派な横広いアゴを持っています。
また、光沢や体の丸みの他にミヤマクワガタは、裏返すと大腿部分にオレンジ色の紋が有るので見分け方も簡単です。

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。

ミヤマのメス

メスの上からの画像

《ミヤマクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:24~48ミリ

体の色は黒く背中の羽根には強い光沢が有ります。(稀に赤茶色っぽい個体もいます)

アゴが他の種類のメスに比べて太いのも特徴です。

メス(裏から)

《ミヤマクワガタのメスの裏からの画像》

また、裏返しにすると大腿(太もも付近)にオレンジ色の斑紋が有るので他の種類と容易に区別する事も可能です。


同じ場所に棲んでいるノコギリクワガタとの比較を行います。

ミヤマの表
表から見たミヤマのメス
ノコギリ(表から)
表から見たノコギリのメス

ミヤマの方が光沢が強く、角ばった体型でノコギリの様な楕円形(卵型体型)ではありません。

アゴの太いさや形状の違いも明らかです。

ミヤマ裏側
裏から見たミヤマのメス
ノコギリ(裏から)
裏から見たノコギリのメス

大腿のオレンジの斑紋の他に写真の様にミヤマは、驚くとカクカクしたポーズや動きをします。(時々、固まった様な面白い動きもします。)

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。

当店ではメスのみ単品販売は行なっておりません。

アカアシのメス

アカアシクワガタのメス(表)

《アカアシクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:23~36ミリ
コクワガタに近い種類ですが標高が高い地域にしか棲息していません
体全体に鈍い黒褐色の光沢が有ります。
ただしコクワガタよりも若干光沢が有り、背中の羽根に顕著な筋が見当たりません。
また裏返しにすると脚の付け根が赤いので簡単に識別する事が出来ます。
また同じ赤褐色のノコギリクワガタとの違いは体の丸みの他にコクワガタやオオクワガタの仲間には、頭部に左右1対のコブ上の突起がある事から識別可能です。

 
表から見たコクワガタのメス
表から見たコクワガタのメス
ノコギリクワガタのメス
表から見たノコギリクワガタのメス

表から見たノコギリクワガタのメス

アカアシクワガタのメス(裏)

《アカアシクワガタのメスの裏からの画像》 
名前の由来通り大腿(太ももの部分)が赤いのは、このクワガタだけです。


コクワガタのメス
裏から見たコクワガタのメス

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。

スジクワのメス

スジクワガタのメス(表)

《スジクワガタのメスの上からの画像》

大きさ:14~24ミリ(天然個体は20ミリ以下が多い)
若干標高が高い場所にも生息しており飛行製も強い。
コクワガタのメス同様に翅(背中の羽根)に点刻状の細かいスジが入りザラザラとした感じが有ります。
但し、コクワガタのメスに比べて、独特の鈍い光沢が有り翅の点刻が明瞭で粗い。(全体的にザラザラした感じ)

スジクワガタのメス(裏)

《スジクワガタのメスの裏からの画像》
 
コクワガタの様に前脚の腕の頚節(けいせつ)が直線的で真っすぐではなく、ヒラタクワガタの様に前方に向かって広がっているのが特徴。

コクワガタのメスの裏返し(前腕部分)の写真
裏から見たコクワガタのメス
ヒラタクワガタのメスの裏返し(前腕部分)の写真
裏から見たヒラタクワガタのメス

3種類のメスの写真を見るとヒラタクワガタのメスの様に前腕(前脚の頚節)が前方(爪の方向)に向かって広がっているのが判る。
※ヒラタクワガタのメスは、翅の点刻が明瞭でない事や光沢があるので容易に判別出来る。

このページは、メスの見分け方を解説したコーナーです。
当店ではメスのみ単品の取り扱いはございません。