タカラヒラタの産卵セット割り出しの様子

今日は、9月の初めに組んだタカラヒラタの産卵セットの割り出し(幼虫採取)の様子を紹介します。
9月以降は、気温が下がって来て産卵効率が落ちてしまいましたが繁殖場の中は暖房無しでも暖かいので何とか産卵してくれた様です。
※実に産卵セットから2ヶ月後の割り出しです。

飼育容器の側面から見えるタカラヒラタの二齢幼虫
セットから2ヶ月掛けて漸くコバエ防止飼育ケース(中)の側面から沢山のタカラヒラタの二齢幼虫が見えていました。

タカラヒラタの産卵セットをひっくり返した様子
飼育容器をひっくり返してみると大きく育った二齢幼虫が沢山出て来ました。
既に大きく育ちそうなオスの雰囲気がある幼虫が分かります。(頭部や体の大きさとメス痕で判断出来ます)
※因に当店の産卵マットにも菌床が入っているので産まれて来た幼虫も大きくなって出て来ます。

産卵木を割った様子
今回は、少し柔らかめのクヌギ産卵木Mサイズを使いましたが上手く産卵してくれたのか後から幼虫が移動して食べ尽くしたのか分からないくらいボロボロの状態でした。
※今回は、ノコギリクワガタ用に用意した産卵セットを急遽タカラヒラタに使ったのですが本来は、もう少し硬めの産卵木の方が良いです。

タカラヒラタの初齢幼虫と二齢幼虫
カメラのフラッシュの影響で画像が悪いですが左が初齢(一齢)幼虫、右が二齢幼虫です。
1回脱皮の回数が異なるだけで大きさがこんなに違って来ます。
※タカラヒラタは、終齢幼虫(三齢幼虫)の体重が20グラムを超えますが横幅が広いガッチリタイプの成虫になるので70ミリを超えるとかなりの迫力が出て来ます。

クワガタの成長過程の説明はコチラ>>>

今回の割り出し結果
今回の割り出しの結果です。
合計で25匹の幼虫が出て来ました。(プチ爆産です)
※気温が下がって来るこの時期にしては、上出来です。

幼虫管理カップにマットを入れて保管
クワガタ幼虫管理用のカップ無添加虫吉幼虫マットを入れて4から5日ほど保管してから二齢幼虫になった物から菌糸ビンに入れると良いです。
※マット飼育でも問題ありませんが最初の1本目だけ菌糸ビン飼育にした方が成長が促進されてスムーズに大きくなってくれます。

実際の菌糸ビン入れの様子を紹介します。

ドライバーで菌糸ビンに穴を空けて幼虫を入れる方法
画像の様にプラスドライバーで菌糸ビン550ccの真ん中にグリグリと穴を空けていれる様子です。

スプーンで幼虫を掬って穴に入れます
クワガタ飼育用のスプーンで先ほどの穴に入れている様子です。

穴に潜って行く幼虫です
上手く頭から穴に入って行く幼虫です。
※穴が細いと後から這い上がって来るのでドライバーで穴をあける際は、左右に振って少し大きめの穴を開けると良いです。
潜るのを確認したらフタを閉めます。

 

もう一つの幼虫投入方法は菌糸ビンシャベルを使うやり方です。
菌糸ビンシャベルで穴を空けます
先ず、菌糸ビン用シャベルで表面に2センチほどの深さと幅の穴を空けます。
※穴の大きさは幼虫のサイズで変化させてください。

シャベルで掘った菌糸ビンに幼虫を投入
先ほどと同様にスプーンで慎重に掬って幼虫を掘った穴に投入します。

軽く埋め戻して完了です
幼虫を穴に入れたらスプーンで軽く埋め戻した後でフタをすれば投入完了です。
※埋め戻しの際は、押さえ付けない様にしてください。(可哀想な事になりますので・・・)
個人的には、幼虫が上に這い上がりにくいのでコチラをお勧めしています。

※まだ、割り出しのラスボス的な存在の夏にセットしたアマミノコギリの割り出しが残っていますのでボチボチ幼虫を回収したいと思います。
天然のメスをセットしたのですが爆産してしまっている様です。

タカラヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>