オキノエラブノコギリの産卵セットの割り出し(爆産)

今日の福岡県福津市は、晴れの天気で日中は汗ばむ陽気でした。
但し、夜になると気温が下がり、日中と朝晩の気温差が大きい一日でした。

今回は今週半ばに行ったオキノエラブノコギリの産卵セットの割り出しの様子を紹介したいと思います。

クワガタの産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

オキノエラブノコギリの産卵セットをひっくり返した様子画像は、8月下旬に組んだオキノエラブノコギリの産卵セットをひっくり返した様子です。
複数の小さな幼虫(初齢)や卵も見えます。

■産卵に用いた主な飼育用品

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・マット:産卵用マット(ヒラタ、ノコギリ、カブト専用)

・産卵木:クヌギ産卵木(M)

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー

ノコギリクワガタの産卵方法について>>>

マットの中から出て来た幼虫産卵セット時にマットを固めた層から出て来た幼虫です。
ノコギリクワガタの仲間は、マットに産卵する傾向が強いのでセット時は底の部分をマットプレスで入念に固める必要があります。

マットから出て来たオキノエラブノコギリの幼虫こちらもマットの塊を崩して出て来た幼虫です。
大きく育った二齢幼虫が2匹見えます。

オキノエラブノコギリの初齢と二齢幼虫です。オキノエラブノコギリの初齢(写真左)と二齢(写真右)です。
全てのクワガタに言える事ですが同じ種類の幼虫でも脱皮1回で大きさが全く異なります。

クワガタの成長過程の紹介>>>

オキノエラブノコギリクワガタの幼虫をスプーンでカップに移します。出て来た幼虫は、エサ交換用のスプーンなどで一時管理カップに移動させると潰しのリスクを軽減できます。

オキノエラブノコギリの卵こちらの画像は、マットに産み付けられたオキノエラブノコギリの卵です。
※中央の大きな頭の幼虫は、二齢です。

卵は、個別に取り出して管理するよりも後半にご紹介する割りカス(マットや朽ち木片)と一緒に元の容器に埋め戻した方が管理が楽で孵化率も高いです。

孵化して間もないオキノエラブノコギリの幼虫孵化して間もない全身が真っ白な幼虫です。
※この状態の幼虫も回収して個別に保管するよりも割りカスの中に埋め戻した方が管理が楽です。
(4週間から1か月後には大きく育っているので再度回収します)

小さなマットの塊から出て来たオキノエラブノコの幼虫こちらは、マットの小さな塊を崩して出て来た幼虫です。
2から3センチくらいの塊の中に二齢幼虫と孵化して間もない幼虫(卵の殻付き)の合計3匹が入っていました。

クワガタの幼虫は、マットの思わぬ所に入り込んでいる事があるので小さな塊を壊す際も誤って潰さない様に注意が必要です。

産卵木から出て来たオキノエラブノコギリの幼虫産卵木からも無数の食痕と共に幼虫が出てきました。
産卵木を割る際は、マイナスドライバーを用いて慎重に行うと良いです。

オキノエラブノコギリクワガタの幼虫産卵木の表面付近にも2匹の幼虫が見えます。
色が違うのは、腸内に溜まった直近に食べたエサが透けて見えているだけなので異常ではありません。
※肌色の幼虫が朽ち木(産卵木)、黒い幼虫がマットを食べていた事になります。

オキノエラブノコギリの産卵セットの割りカスクワガタの産卵セットは、小さな幼虫や卵も多いので1回の割り出しで全回収が困難です。

画像の様に元の容器の中に幼虫を回収した後のマットや産卵木を戻して保管する事をお勧めします。
その際に卵や孵化して間もない数ミリの白い幼虫も一緒に埋め戻しておくと管理が楽です。

約4週間から1か月後に再び容器をひっくり返して幼虫を回収します。

容器には、種類と割り出し日を記載したメモやテープをしっかりと貼って管理してください。
(この作業を怠ると後から種類が不明になってしまいますので注意してください)

今回のオキノエラブノコギリの割り出し結果今回は、全部で51匹の幼虫を回収できました。
割りカスの中に卵や孵化して間もない幼虫も戻したので最終的に60匹を超えるかもしれません。

カップの中に無添加虫吉マットを入れます。一時管理用カップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて蓋を閉めます。

この状態で4から7日ほど傷や虚弱な幼虫を見極める為に養生させてから二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccもしくは、マットボトル850ccへ投入します。
※初齢だった場合は、カップの中で二齢まで育ててからボトルでの飼育を行った方がエサのロスが少ないです。

カップは小さいので幼虫管理ラベルが上手く貼れません。
ボトルに移し替えるまでは、ビニールテープかマスキングテープに種類(産地)や割り出し日などのデータを1個(1匹)ずつ記載して必ず貼って下さい。
複数の種類のクワガタを飼育されている場合は、面倒でも行わなければ後から種類が分からなくなてしまうのでご注意ください。
※勿論、店長と一緒に延々と51枚のテープを記載して貼りました。

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

コバエ防止飼育ケースの販売>>>

昆虫マット販売>> ◆産卵木販売>>

昆虫ゼリー販売>> ◆菌糸ビン販売>>