ヤクシマコクワの2017年5月の羽化状況

今回も前回に引き続き、小型種のクワガタの羽化情報をお伝えしたいと思います。

コクワガタの仲間の羽化がボチボチ始まっています。

ヤクシマコクワガタ50から51ミリ画像は、5月に羽化したばかりのヤクシマコクワの50ミリから51ミリの大型個体です。
※現時点では51ミリを超えていますが固くなって体が引き締まると50ミリになるかもしれませんが虫吉のパーソナルベストです。

 

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組み産まれた幼虫を育てました。
産卵方法は、本土コクワと全く同じです。

ヤクシマコクワの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。(飼育温度は18から21℃の範囲内です。)

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月14日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット飼育ボトル550cc木製マットプレスを用いてカチカチに詰めた物)

・3本目(2017年3月10日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

→2017年4月25日にサナギになっているのを確認→2017年5月10日羽化。

※2本目以降は、終齢幼虫の菌糸ビンでの暴れ(菌床の掻き混ぜ)による縮みを避けて、じっくりとストレス無く育てる為にマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ヤクシマコクワ48から49ミリこちらも最新羽化のヤクシマコクワ48ミリから49ミリの大型のオスです。
未だ羽化して間も無いので翅が柔らかいですがコクワガタの仲間は、小型の分だけ早く体が固まるので今月中には販売出来るかもしれません。

■因に下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月8日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月31日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

→2017年3月に蛹室(サナギになる為の部屋)を作り始めたので3本目への交換無しです。
(2017年4月12日にサナギになっているのを確認→5月15日羽化です)
※春先は、夜間の気温が18℃前後まで下がるので前蛹→蛹化→羽化の期間が通常よりも長くなっていると思います。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

ヤクシマコクワ49ミリこちらは、マットを掻き出すと蛹室の中から勢い良く出て来たヤクシマコクワ49ミリ(49.5ミリ)の大型のオスです。

ヤクシマコクワは、赤みが強い体色で人気のコクワガタです。

こちらは、5月上旬に羽化しているので近日中に販売出来ると思います。

ヤクシマコクワガタの販売コーナー>>>

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月31日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

→2017年3月16日に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっているのを確認したので3本目への交換無しです。(2本成り)

※最初に紹介した個体と同じ理由で2本目からはマット飼育です。

基本的に菌糸ビンは2から3ヶ月後の交換、マットは3から4ヶ月後の交換で構いませんが蛹室を作っていたら交換を中止してください。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

羽化して間も無いクワガタの飼育管理には、フカフカ粒子で昆虫にも優しいココパウダーマットがお勧めです。

ヤクシマコクワは、これから来月に掛けて羽化ラッシュを迎えると思います。

 

コクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)