クワガタの冬眠方法。

冬場の飼育が分からなくて心配だというお客様の為に虫吉が推奨するお手軽クワガタの冬眠術を紹介します。

越冬に最適な飼育用品
◆画像のオススメの飼育用品は下記のとおりです。

コバエ防止飼育ケース(中):コバエだけでなく冬場の乾燥も防げるので安心です。

ココパウダーマット:フカフカ粒子で潜りやすく保温性、保湿性バツグンです!

クヌギの落ち葉:転倒防止の足場や隠れ家に最適です。

イエロー果汁昆虫ゼリー:安心の国産製です。

ゼリースプリッター:昆虫ゼリーを真っ二つにできます。気温が下がって食が落ちた時期のエサやりに最適です。

ゼリースプリッター用のエサ皿:カットしたエサを直接与えると不衛生になるのであると便利です。

それでは、実際にセットを組んでみたいと思います。

ココパウダーマットを入れます。
コバエ防止ケース(中)にココパウダーを入れます。

開封時に軽く湿っている様でしたら特に加水の必要はありません。

半分ほど入れたところ
半分くらいまで入れます。

※冬眠は数ヶ月に及ぶので乾燥が心配な方は、この状態でコップ半分くらい(約80から100cc)の水を最初から加えていただいて大丈夫です。

マットを入れ終わりました
深さは、10から13センチほどあれば問題ありませんが、お好みで少し多めに入れても大丈夫です。

※潜りやすい様に気温が高い時期よりも少し深めに入れる感じです。

ゼリースプリッターでカットします
ゼリースプリッターで昆虫ゼリーをカットします。

寒くなると余りエサを食べないので半分に切って与えると経済的です。

※1匹当たり、カットした物を1個ずつ与える感じです。

エサ皿にセット
専用のエサ皿にセットします。

落葉とエサを入れる
飼育容器に落葉などを一緒に入れてセットの完成です。

成虫は、基本的に寒くなると休眠状態になり活動を停止させる事で体力の消耗や老化を抑えて長く生きる事が出来ます。

日本産(離島産も含む)で複数年の寿命を持つ種類は、真冬に加温して活動させると産卵や寿命に支障が出て来ますので低温で冬眠させる事をお勧めします。

※エサを余り食べませんが体内に栄養分を蓄えていますので問題ありません。

気温が15℃前後の時は、エサを食べる事がありますので冬でもコマメにエサの減りを確認してください。

冬場の食べ残しは、1週間に1回の間隔で交換してください。

※休眠していますのでエサが少々カビてしまっても上記の間隔で大丈夫です。

種類別の要点を簡単に紹介してみます。

◆オオクワガタの場合
オオクワの飼育例里山に生息する種類につき、寒さに強い昆虫なので低温の心配の必要は全くありません。

暖房の影響が全く無い寒い室内の部屋での飼育をお勧めします。

寒暖の差に反応して15℃前後でも普通に表に出て来てエサを食べる事があるのでエサ切れに注意が必要です。(基本的にエサ切れとマットの乾燥に注意すれば問題ありません)

・0から10℃以下(5℃前後)が最適です。

※10℃を完全に下回ると本格的な冬眠に入ります。

◆ヒラタクワガタの場合
ヒラタの飼育例
主に西日本や九州の離島に多いので寒さに弱いと思われがちですが実際は寒さに強く冬眠させた方が長く生きて翌年の産卵効率が上がります。

※実際に北海道や東北のお客様でも無加温(暖房、ヒーター無し)で奄美や沖縄等の離島産ヒラタを長期飼育しておられます。

この種類も15℃前後でもエサを食べる事が多いのでコマメなチェックが必要です。

・本土ヒラタや日本海側の離島産亜種も私たちが住んでいる環境と同じ様な気候なので0から10℃以下(5℃前後)で大丈夫です。

・沖縄や南西諸島などの太平洋側の離島産亜種でも室内であれば5℃前後の低温でも大丈夫です。

基本的にマットの乾燥とエサ切れに注意すれば温度は余り心配する必要はありません。

室内でしたら、暖房器具無しでも氷点下にならないので普通に春に元気な姿を見せてくれます。

◆コクワガタの場合
コクワの飼育例
こちらの種類も基本的に低温に強く寒い環境での冬眠が可能です。

日本には、大きく分けて2種類が存在しています。

身近な日本(本土)産の亜種に当たる鹿児島県沖などの離島産は、低温に強く0から10℃の範囲内であれば問題ありません。

もう一方のリュウキュウコクワの仲間も寒さに強く5℃前後の低温でも大丈夫です。

オオこの種類は、15℃前後で餌を食べる事が有りますのでエサ切れや乾燥には注意が必要です。

※寒い冬場の餌の食べ残しは、前述の様に1週間毎の交換で問題ありません。

◆ノコギリクワガタの場合
冬眠時の飼育例この種類も羽化して未活動の餌を食べ始める前(未後食ともいう)の状態でしたら他の種類と同様に耐寒性があり室内でしたら冬眠可能です。

ミヤマの新成虫も全く同じです。

晩夏から秋に羽化すると朽木や土の中に作った蛹室(サナギの部屋)の中で一回冬越しをして翌年の夏に姿を現す物が殆どです。

※羽化後に冬を越して1年近く生きる事になります。

天然個体の場合、基本的に秋以降は、寿命が尽きてしまい長く生きる事が出来ません。

但し、稀に天然採集品でも低温飼育で越年して翌年の3から5月まで生きるご報告を頂いております。

ノコギリの仲間も二種類の亜種が存在しています。

身近な本土産の亜種に当たる鹿児島の離島産ノコなども未活動個体でしたら0から10℃以下(5℃前後)での飼育で大丈夫です。

もう一方のリュウキュウノコギリの仲間(トカラノコなど)も未活動の状態でしたら5から10℃前後(5℃を多少下回っても可)で大丈夫です。

繁殖品でも20℃前後の気温で急に活動を開始する種類が存在しており、初冬(晩秋)の季節や初春の季節の気温が上がった日に注意が必要です。

※ゼリースプリッターでカットした餌を与えたままの状態にする事をお勧めしています。

また天然個体や活動を開始した個体(後食済み)は、加温飼育(暖房器具で温める)、無加温飼育(低温飼育)に関わらず年を越せずに力尽きてしまう事があります。

未活動個体は、直ぐにひっくり返って潜れずに乾燥したり消耗してしまうので色々な意味で潜りやすいココパウダーマットが必需品です。

クワガタの冬眠方法。” への6件のコメント

  1. 大変参考になります。
    クロシマノコギリとトカラノコギリを一目見てからすっかり魅力にはまってしまいました。
    双方とも秋に卵を産んだのですが、春まで生きられるのでしょうか?
    今は、ココパウダーマットに潜って出てこないようですが・・・

    • ひで様
      いつもお世話になっております。
      クワガタ工房 虫吉です。
      トカラノコギリ、クロシマノコギリ共に飼育環境の他に産卵数やコンディションにも左右されますが、春まで生きる可能性も御座います。
      ※天然採集品のアマミノコギリでもコンディションが良い個体でしたら11から12月に産卵させる事も有るほどです。

      因みに2014年10月羽化のクロシマノコギリのオスが2015年12月9日時点で未だ元気に生きています。

      クワガタは、寒い時期に無理に温度を上げるよりも無加温で動きを止めた方が消耗が少なくなって長く生きてくれます。

      天然採集のミヤマやノコギリでもコンディションが良い個体は、年を越して新年を迎える事が可能ですのでお手元のクワガタも十分に春を迎える可能性があると思います。

      宜しくお願い致します。

  2. ヒラタクワガタとおおクワガタ2年目です、去年は暖房も夜はつけた部屋でした、今年はなしの部屋にしようか迷ってます❗
    かおる

    • かおる様

      コメントありがとうございます。
      本来、自然界で冬眠する種類のクワガタは、飼育下でも冬眠させてあげた方が長く生きてくれる傾向があります。
      長期飼育をご希望の際は、寒い環境をお勧めします。

      宜しくお願い致します。

  3. オオクワガタを飼育しています。
    現在冬眠中です。マットが乾燥したら、霧吹きで加湿しないといけないですよね?
    その時、軽くかき混ぜたりしないといけませんか?

    • お問合せを頂き有難うございます。
      確かに真冬は、空気が乾燥するので知らないうちにマットも乾燥していることが多いです。
      お問い合わせの件で最も早い解決策は、乾燥しない(乾燥を遅らせる)飼育環境を作る事です。

      手取り早い方法は、コバエや乾燥防止タイプなどある程度の気密性が高い飼育容器もしくは、コバエや乾燥を防ぐ昆虫用のシートを用いる事です。
      コバエや乾燥防止タイプの飼育ケースがない場合は、大きめの透明ビニール袋に細いキリ(千枚通し)で無数の穴を開けた後に切り開いて飼育容器の本体と蓋の間に一緒に挟むとリーズナブルです。(小さな容器の場合だとキッチン用の水切り袋でも大丈夫かもしれません)

      その際に水滴やコバエを防止する為に新聞紙も一緒に挟み込んでおくと効果的です。

      ただし、4月以降は、気温が高くなって蒸れやすくなるのでビニールを外してください。

      宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください