本土ヒラタクワガタの飼育方法や解説

本土ヒラタクワガタヒラタクワガタ(Dorcus titanus)
・分布:本州(北限は東北南部)、四国、九州
※離島産の亜種(離島産ヒラタクワガタ)と区別するために『本土ヒラタクワガタ』、『国産ヒラタクワガタ』と呼ばれる。

黒くて平べったい姿が特徴の人気のクワガタ。※体が平たい事が名前の由来とされる。

その体の特徴を利用して樹洞や木の裂け目などの狭い隙間に器用に入り込むのが得意で、そこを縄張りとして住み着く事が多い。
※繁殖期を迎えたメスが縄張りを勝ち取ったオスに接近する習性があり、一時的に一夫多妻制になる事も多い。

怪力の持ち主で力強いアゴは、一度挟むとなかなか離さない程で少し荒々しい一面もある。
コクワガタオオクワガタ同様に越冬して複数年の飼育も可能です。

大きさは、オスで39から75ミリ前後、メスで19から42ミリ前後ですが飼育下では更に大きなサイズの羽化報告が存在します。

寿命は、一般的に3年前後と言われていますがエサや飼育環境(低温飼育)で4年以上の飼育報告も存在します。
オオクワガタやコクワガタなど学名に「Dorcus(ドルクス)属」が付く種類のクワガタは長い寿命を持ち長期飼育に最適で人気も高い。

ヒラタクワガタのメスヒラタクワガタのメスの画像です。
コクワガタやオオクワガタのメスに比べて翅(はね)の点刻列(スジ)が目立たず全体的に光沢が強い。(但し、数年生きた個体は老化で艶が無くなるので見分けには慣れが必要)

別の見分け方として前脚の腕の部分が前方(爪の方)に向かうほど太くなっていて少し湾曲しているところです。
ヒラタクワガタのメスの見分け方について>>>

樹洞に隠れる大型のヒラタクワガタのペア野外での採集は、早ければ5月中旬頃(気温が高いと上旬頃)から可能です。
コクワガタやオオクワガタよりも若干遅れて発生する傾向があり、梅雨に入って気温と湿度が上がって来ると徐々に個体数が増えていきます。

5月に発生する個体は、前年に活動して更に越冬した旧成虫(越冬旧成虫)が殆どで消耗が激しい個体が多い。
※前述のように越冬個体は、体の艶が無くなっている個体やアゴや爪の欠損が有る個体も多い。(また、体重や重量感も新生の個体よりも軽い)

コクワガタ同様に6月の梅雨入り前後から姿を現す個体は、新生の個体が多くなる。
新生個体と言ってもクワガタは、カブトムシと異なり羽化後に蛹室(サナギの部屋・土繭)の中で越冬して翌年の樹液が出る季節(初夏から夏)に出てくるので羽化後1年ほど経過している事になる。
※したがって旧成虫(越冬旧成虫)と呼ばれる個体は、既に2年以上生きている事になる。

成虫は、クヌギ、コナラ、クリ、ヤナギ、アカメガシワ、シイなどの主に広葉樹の樹液に集まる。

夜行性なので日中は、木の根もと付近の土の中や深い樹洞、樹皮や幹の裂け目に隠れて、日没頃から翌日の明け方に掛けて活動する。
梅雨の季節の雨上がりや曇りで薄暗い日に日中から出て来て活動する姿を見掛ける事も多い。
樹洞を争う本土ヒラタのオス画像の様にオスは、縄張り意識が強くエサの樹液が大量に出て、しかも外敵から完全に身を守る事が出来る良質の樹洞を巡り、強いオス同士で争奪戦(陣取り合戦)が繰り広げられる。

メスは、オスが住み着く樹洞に集まり時には一夫多妻制の大所帯になる事も有ります。
(大きな樹洞には1匹のオスに対して3から7匹のメスが集まる事もある)

※フェロモンの様な物を出している可能性が高く、「強いオス=繁殖力(欲)が強く大量のフェロモンを出す」様にも思える。
従って縄張り争いに勝利した強いオスの遺伝子が数匹のメスによって効率良く後世に残される事になるメカニズムが有るかもしれません。

本土ヒラタの採集記事>>>

ギザ無しヒラタ(内歯小突起完全消失型)の拡大画像
通常、本土ヒラタクワガタのアゴは付け根付近の大きな内歯(突起)の上に細かいギザギザの内歯小突起が見られ、小型個体になるにつれて目立たなくなるが、画像の様に大型個体でも小突起が完全に消失してしまう個体も稀に見掛ける事が出来ます。
遺伝なのか一定の確率で発生するのかの解明はなされていませんが飼育下だけではなく、自然下でも見掛ける事が出来ます。

内歯小突起消失型(ギザ無しヒラタ)の採集記事>>>
内歯小突起消失型(ギザ無しヒラタ)の大型個体の羽化記事>>>

 

本土ヒラタの成虫飼育例
前述のとおり、ヒラタクワガタは力が強く縄張り意識が強いので飼育下ではオスがメスを挟んで殺してしまう事故が発生しやすいので繁殖の際の交配(ペアリング)時以外は、オスとメスを別々に飼育される事をお勧めします。

成虫飼育温度に関しては元々、里山の厳しい自然の中に棲んでいる昆虫なので、真夏の30℃を超える高温さえ注意すれば真冬は寒くても問題ありません。

0から30℃の範囲内での飼育がベストで、真夏は冷房が効いた23から25℃前後の環境で飼育を行った方が無駄な動きを避けて体力の消耗を抑えられる。
推奨飼育温度は5から28℃

また真冬は、暖房の影響が全く無い状態の0から10℃で完全に冬眠させた方が同様に体力の消耗を抑える事が出来て寿命や産卵面でメリットがあります。
クワガタの冬眠に関する記事>>>

ヒラタクワガタを含めオオクワガタやコクワガタなどのDorcus(ドルクス)属と呼ばれるクワガタは、5月の肌寒い時期から活動を開始するので雨風の影響を受けない飼育下では15℃前後でも普通に活動をする事がある。

冬眠中でも秋(冬)から翌年の春先に掛けての温かい日のエサ切れに注意が必要です。

コクワガタよりも沢山のエサを食べるので常にエサを入れておいて、冬眠中の食べ残しは1週間に1回の交換を行うといった徹底した管理の方がコンディションを保てるのでお勧めです。

マット交換のタイミングは、春から秋は食べこぼしや排泄物(尿)で水っぽくなった時と越冬前の12月頃、越冬開けの3月頃に行うと良い。
※この手のクワガタは、地域やその年の気候にもよりますが基本的に年内は活動する場合が多いです。

◆オススメ飼育用品
Beケース(ミニ) ・Beケース(中) ・成虫マット ・ココパウダーマット(冬眠用マット) ・イエロー果汁昆虫ゼリー ・ブラウン黒糖昆虫ゼリー ・止まり木(2本セット) ・プチ止まり木(4本セット) ・16g用エサ皿(2個穴) ・プチエサ皿 ・クヌギの落ち葉 ・広葉樹の樹皮 など

成虫の飼育例>>>
冬眠時の飼育例>>>

 

ヒラタクワガタの産卵セット産卵は、自然界でこヒラタクワガタが活動を開始する5月中旬から8月一杯迄に行うと効率が良い。(9月以降は、朝晩の気温差が大きくなり産卵効率が落ちやすい)

20℃を下回ると休眠に入ってしまう個体もいるので出来れば産卵には23から28℃前後の環境での飼育をお勧めします。
※気温が高すぎると卵が死滅してしまう恐れがあるので注意が必要。

飼育繁殖品の場合は、越冬後か羽化して4カ月以上経過したペアなら梅雨入り前後から産卵可能です。
但し、春先に羽化した個体は、気温が上がる梅雨明け後の産卵の方が効率が良い。

夏以降に羽化した個体は、自然の摂理のとおり冬場は寒い環境で完全に冬眠させてからの産卵をお勧めします。

天然採集品の場合は、自然下で交配済み(交尾済み)の確率が高く、オスを一緒に入れなくても産卵する確率が高いです。

先に説明したようにヒラタクワガタのオスは、縄張り意識が強く産卵中のメスや交配済みのメスがオスとハチ合わせてしまうと挟まれて死んでしまう事もあるので長期間の同居飼育には注意が必要です。
天然個体は、最初はメスのを産卵セットに入れる事をお勧めします。

繁殖品など交配が必要な場合は、予めBeケース(ミニ)などでオスとメスを3日ほど一緒に入れて同居飼育(ペアリング)をさせると良い。

※大きくて気性が荒いオスはメスを挟んで殺してしまうリスクが有るのでオスのアゴを園芸用のグリーン帯で縛って交配させるという方法もある。
オスのアゴ縛りについて>>>

産卵方法は、ノコギリクワガタと全く同じで加水して十分に水切りを行った産卵木産卵用の発酵マットで埋め込む方法で大丈夫です。
産卵セットにメスを入れると出てこなくなる事が多いですが問題はありません。

◆オススメ産卵用品

ヒラタクワガタ産卵用品セット ・Beケース(中) ・Beケース(ミニ) ・産卵マット ・クヌギ産卵木(S) ・クヌギ産卵木(M) ・コナラ産卵木 ・ホワイト高たんぱくゼリー ・超高たんぱくワイドカップゼリー ・プチエサ皿 ・ワイドカップエサ皿(1つ穴) ・木製マットプレスなど

ヒラタクワガタの産卵方法>>>
ヒラタクワガタの産卵セットを紹介した記事>>>

宮崎県産ヒラタクワガタの産卵セットの割り出し
上手く行くと1ヶ月前後で飼育容器の側面や底に幼虫や卵が見え始めます。
産卵の形跡が無い時だけ、オスを投入して3日ほど同居させると良いです。

割り出しは、画像の様に二齢幼虫が見え始めてから行うと良い。
クワガタの幼虫の割り出しのタイミングについて>>>
クワガタの幼虫の成長過程>>>

 

割り出したヒラタクワガタの幼虫は、一時管理用のカップ無添加幼虫マットを入れて5日ほど養生させて二齢幼虫以上の物から菌糸ビン飼育もしくは、マット飼育を行うと良い。
その際に下記画像の様な幼虫は、死亡率が高いので注意が必要です。

異常があるヒラタクワガタの幼虫
画像は、食環境の悪化(特に産卵セット内での飼育の長期化)で腸内のバクテリアに異常をきたし摂食障害の様な症状を起こしたヒラタクワガタの幼虫です。(通称:ブヨブヨ病と呼ばれます。)
※産卵セットから割り出し迄に数ヶ月の時間が掛かってしまった幼虫や産卵マットが劣化した際に発生しやすく割り出し時点から発症している事が多いです。

特徴は、体が透き通って少しブヨブヨとした感じになっている事です。
クワガタは、冬眠時に腸内に不凍液の様な物が入った状態になり下半身が半透明になりますが、ブヨブヨ病は冬眠時の幼虫と真逆で腸内は有機物で満たされている事が多く上半身のみが透き通っている場合(左側の幼虫)が有るので見極めが少し難しい場合があります。

※どんなエサに変えても回復が難しくカップの中で生涯を終えてしまう場合も多いです。(菌糸ビンマットボトルに入れ替えても成長しないか消滅してしまっている事が多いです)

本土ヒラタの幼虫
幼虫飼育に関しては菌糸ビン飼育マット飼育のどちらでも結果が得られるのでお好みの飼育方法でも構いません。

◆エサ交換のタイミングは、下記のとおりです。

マットボトル850ccに入れた本土ヒラタクワガタの幼虫・マット飼育の場合:マットボトル850ccを3から4ヶ月毎の交換。
終齢幼虫のオスは食べる速度が早いので3ヶ月が確実です。
※常温(真冬の無加温飼育)の場合、5から8月は、蛹化の季節になるので4月から5月上旬までに交換を終わらせて夏場のエサ交換を避けると良い。

菌糸ビンに入れた本土ヒラタの終齢幼虫・菌糸ビン飼育の場合:2から3ヶ月毎の交換。
※特に1本目の菌糸ビン550ccとオスの2本目以降の菌糸ビン850ccは、サイズや気温により食べる速度が変化してしまうので早く食い尽くしてしまう。(白い部分が無くなる)
また、食べている量に関わらず中身のオガクズを菌糸が分解し続けてオガクズが劣化してしまうので必ず3ヶ月以内の交換の必要があります。

◆菌糸ビン飼育の交換リレーの一例
・1本目:菌糸ビン550cc⇒2本目以降:菌糸ビン850cc

マット飼育同様に5月から8月は、サナギへの準備期間につき交換を慎重に行う必要がある。

 

◆菌糸ビンからマットへの切り替え飼育(虫吉式飼育方法)について
菌糸ビン飼育だと成長(加齢)速度が上がりスムーズに大きくなる反面で終齢幼虫後期(成熟期/黄色みを帯び始める頃)になると突然、『暴れ』と呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜ行動を起こし始めて縮んでしまう事が多い。
菌糸ビンの暴れについて>>>

一方、マット飼育だと菌床の劣化などの菌糸ビンのコンディションを気にせずに飼育出来て羽化率も高いが若干成長速度が遅く、食痕(幼虫が食べた痕)が外見から見えない為、ついついエサ交換を長期間怠ってしまう傾向になってしまい糞食によるサイズのロスが出てしまう。

そこで双方の「いいとこ取り飼育」、つまり菌糸ビン→マット飼育への切り替えがオススメです。

クワガタの幼虫は、「若齢幼虫(初二齢)の時期と終齢幼虫の時期とでは、必要とする栄養素も異なるのでは?」という点に着目した飼育方法です。
菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

具体的な交換リレーの一例として、1本目:菌糸ビン550cc→2本目:菌糸ビン850cc(※1)→3本目以降:マットボトル850cc

※1について、メスは2本目への交換時に終齢幼虫まで育っていれば2本目からでもマット飼育で大丈夫です。
また、オスの幼虫でも体の色が黄色味を帯びた終齢幼虫の場合は、同様にマットボトルで大丈夫です。
クワガタの幼虫の成長速度や大きさは、温度で大きく左右されるので状況を見ながら交換を行い、菌糸ビンで暴れたら即マット飼育への切り替えの準備を整えておくと良い。

マット飼育へ切り替えた本土ヒラタの幼虫菌糸ビンからマットへの切り替えを行ったヒラタクワガタの幼虫です。
※菌糸ビン550cc⇒菌糸ビン850cc⇒マットボトル850ccの合計3本目の交換ですが
過去に菌糸ビン550cc⇒マットボトル850ccの二本成りの成虫でも70ミリが出たことがあります。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ヒラタクワガタ70ミリオーバーの羽化の記事>>>

◆オススメ幼虫飼育用品

ブナ菌糸ビン550cc ・クヌギ菌糸ビン550cc ・ブナ菌糸ビン850cc ・クヌギ菌糸ビン850cc ・マットボトル850cc ・ブナ菌床ブロック ・クヌギ菌床ブロック ・無添加虫吉幼虫マット ・幼虫飼育ボトル550cc ・幼虫飼育ボトル850cc など。

ヒラタクワガタと関連商品一覧

本土ヒラタクワガタのブログ記事>>>

本土ヒラタクワガタ(国産ヒラタクワガタ)の販売>>>

天然ヒラタクワガタの販売>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)