国産コクワガタの飼育方法や解説

コクワガタ
コクワガタ(Dorcus rectus)
・分布:北海道、本州、四国、九州の日本全土

野外で最も多く見掛ける事が出来るお馴染みの小型のクワガタです。
離島産コクワガタと区別する為に国産コクワガタもしくは、本土コクワガタと呼ばれる事があります。
オスのアゴの真中の少し上付近に左右一対の内歯の突起が有るが小型個体になると目立たなくなる。
チョコチョコした動きと温厚な性格で初心者の方でも飼育が容易な事から人気のクワガタです。
※加えて寿命も長く、省スペースで飼育が可能なのでお手軽に楽しめます。

大きさは、オスで18から50ミリ前後、メスで15から30ミリ前後ですが飼育下では更に大きなサイズの羽化報告が存在します。

寿命は、一般的に3年前後と言われていますがエサや飼育環境(低温飼育)で4年以上の飼育報告も存在します。
オオクワガタに次ぐ長い寿命を持つクワガタという事になります。

コクワガタのメス
コクワガタのメスの画像です。
オオクワガタやヒラタクワガタのメスに比べて体全体に点刻が多く艶が無い。
特に上翅の点刻が細かくツルツル感が全くない。(ザラザラとした感じ)
前脚の腕が直線的なところがヒラタクワガタのメスとの大きな違い。

コクワガタのメスの見分け方はコチラ>>>

驚いて出て来たコクワガタ
野外採集は、早ければ5月のゴールデンウィーク頃から可能です。
活動後に越冬可能で複数年の寿命を持つヒラタクワガタやコクワガタは、他のクワガタに比べて早い時期から姿を現します。

5月に発生する個体は、前年に活動して更に越冬した旧成虫(越冬旧成虫)が殆どで消耗が激しい個体が多い。
逆に6月の梅雨入り前後から姿を現す個体は、徐々に新生の物が多くなる。
新生個体と言ってもクワガタは、カブトムシと異なり晩夏から秋に羽化した個体は、蛹室(サナギの部屋・土繭)の中で越冬して翌年の樹液が出る季節(初夏から夏)に出てくる事があるので羽化後1年ほど経過している場合も多い。
※したがって旧成虫(越冬旧成虫)と呼ばれる個体は、既に2年以上生きている事になる。
越冬個体と新生個体の区別は、体の摩耗や体色(ツヤ)の他に体やアゴ、脚の力の入り具合なで判断出来ますが少し熟練が必要です。

コクワガタは、前述の越冬後の初夏に発生するタイプ(一時発生型)と梅雨明け後の猛暑が続く時期に発生するタイプ(二次発生型)が存在する。

二次発生型は、初夏に羽化して羽化後2か月足らずで活動する早期活動の個体でメスや小型のオスが多い。
(一般的にクワガタは、小型の方が早く羽化して活動も早い傾向があります。)

※クワガタ工房虫吉では、お盆前後に採集したコンディションが良いメスを越冬させて翌年の春から初夏に産卵させる事が多いので季節的に産卵が厳しい場合や通年で飼育を楽しみたい方は、参考にしてみてください。

成虫は、主にクヌギ、コナラ、クリ、ニレ、ヤナギ、アカメガシワなどの広葉樹の樹液に集まり、5から10月頃迄活動します。
夜行性なので夕方から早朝に掛けて樹液が出ている木や樹皮の裂け目、樹洞(木の窪み)の隙間に隠れていたり、枝や幹を普通に歩いている事が多い。
自然界では、小さな個体が多いので採集の際は、注意深く探す必要があります。

コクワガタをピンセットで出しています
ホームセンターやドラッグストアでも売っている先端が固いピンセットがあると画像の様に幹や枝の隙間に隠れたコクワガタを採集するのに役立ちます。
※針金を使うと傷が入りやすいのでお勧めしません。

コクワガタの採集の記事>>>

コクワガタのメスを入れます
元々、里山の厳しい自然の中に棲んでいる昆虫なので、真夏の30℃を超える高温さえ注意すれば真冬は寒くても問題ありません。
因みに0から30℃の範囲内での飼育がベストで、真夏は冷房が効いた25℃前後の環境で飼育を行った方が体力の消耗を抑えられる。
また真冬は、暖房の影響が全く無い状態の0から10℃で完全に冬眠させた方が同様に体力の消耗を抑える事が出来て寿命や産卵面でメリットがあります。

オオクワガタやコクワガタなどのDorcus(ドルクス)属と呼ばれるクワガタは、5月の肌寒い時期から活動を開始するので雨風の影響を受けない飼育下では15℃前後でも普通に活動をする事がある。
※冬眠中でも秋(冬)から翌年の春先に掛けての温かい日のエサ切れに注意が必要です。

マット交換のタイミングは、春から秋は食べこぼしや排泄物(尿)で水っぽくなった時と越冬前の12月頃、越冬開けの3月頃に行うと良い。

◆オススメ飼育用品
Beケース(ミニ) ・Beケース(中) ・プチ止まり木(4本入り) ・止まり木(2本セット) ・成虫マット ・ココパウダーマット(冬眠越冬用) ・ブラウン黒糖ゼリー ・イエロー果汁ゼリー ・プチエサ皿クヌギの落ち葉 ・樹皮 など。

コクワガタの飼育方法はコチラ>>>
クワガタの冬眠時の飼育方法>>>

コクワガタの産卵セットの割り出し
産卵は、自然界でコクワガタが活動を開始する5月中旬から8月一杯迄に行うと効率が良い。
※20℃を下回ると休眠に入ってしまう個体もいるので出来れば25から28℃前後の環境での飼育をお勧めします。

飼育繁殖品の場合は、羽化して一度越冬したペアだと梅雨入り前後から産卵可能です。
但し、越冬経験が無いペアの場合は、梅雨明けの気温が上がる時期直後からの産卵の方が最適です。

天然採集品の場合は、自然下で交配済み(交尾済み)の確率が高く、オスを一緒に入れなくても産卵する確率が高いです。

産卵方法は、実にシンプルでクワガタ成虫用マットに加水して水切り作業を行った産卵木を入れるだけです。
※基本的に飼育の際に加水した産卵木を入れておくだけで産卵するので成虫飼育の延長線上で問題無いレベルです。

小さなクワガタは、余分な化合物が添加させていない国産昆虫ゼリーを終始与えた方が長く生きて産卵効率がアップする傾向があります。
※防腐剤や着色料が多い海外からの輸入品は、合成添加物が小さな昆虫の体内に蓄積されて余り良く無いと言われています。

◆オススメ産卵用品
コクワガタ飼育用品セット ・Beケース(中) ・産卵木(S)もしくは、産卵木M ・成虫マット ・ホワイト高タンパクゼリー  ・エキストラバナナ昆虫ゼリープチエサ皿もしくは16g1つ穴エサ皿 ・クヌギの落ち葉 ・樹皮 など

産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

コクワガタの産卵方法はコチラ>>>

コクワガタの産卵に関するブログ記事>>>

コクワガタの産卵セット割り出し(幼虫採取)を紹介した記事>>>

菌糸ビンから出したコクワガタの終齢幼虫
幼虫は、菌糸ビン飼育マット飼育のどちらでも大きく育てる事が出来ます。
※但し、菌糸ビンの最大のメリットの一つでもある『成長速度』の事を考えると最初の1本目だけ菌糸ビンを与えた方がスムーズに羽化まで漕ぎ着ける。

元々、自然界に普通に生息している昆虫なので真冬の寒さには強く、低温下での飼育に全く問題はありません。
※早く羽化させたい時を除き加温の必要はありません。

逆に真夏の暑さに弱いので30度を超えない環境(出来れば25℃前後)での飼育をお勧めします。

・1本目(初齢幼虫、二齢幼虫)菌糸ビン550ccもしくは、オオクワマット幼虫飼育ボトル550ccに固く詰めた物。
※菌糸ビン飼育の際は、食痕(茶色い部分)が余り見えない事が有りますが3ヶ月で交換してください。(暴れ始めた時は早目にマット飼育へ切り替えてください)
・2本目以降(終齢幼虫):オオクワマットを550ccボトルに固く詰めた物
(マットは、概ね3から4ヶ月毎に新鮮な物と交換します。)
※コクワガタの仲間は、小型な分だけ成熟が早く、終齢幼虫で菌糸ビンに入れると暴れ(菌糸ビンの掻き混ぜ)を起こして逆に縮んでしまうのでマット飼育でストレスを与えない飼育の方が適しています。

国産コクワガタ50ミリの羽化の記事>>>

クワガタの幼虫の成長の過程>>>

菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育について>>>

 

◆オススメ幼虫飼育用品
クヌギ菌糸ビン550cc ・ブナ菌糸ビン550cc ・オオクワマット ・幼虫飼育ボトル550cc ・幼虫飼育ボトル850cc ・木製マットプレスなど

 

コクワガタの飼育や採集に関するブログの記事はコチラ>>>

国産コクワガタの販売はコチラ>>>

天然コクワガタの販売はコチラ>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)