2018年最初のクワガタの夜間採集

九州北部は、曇り時々雨の蒸し暑い梅雨の天気が続いています。

昨晩(2018年6月7日)、今年最初の夜間採集で見つけたクワガタを紹介したいと思います。

木の下の方の樹液に集まっていた小型のノコギリクワガタ画像は、今年の夜間採集で最初に出会った小型のノコギリクワガタのオスです。
※ノコギリクワガタは大型個体と小型個体では、まるで別の種類かのように形が異なります。

膝の高さの低い場所から出ている樹液を吸っていましたが写真を撮った瞬間に落ちてしまいました。

木に止まっている姿を撮せませんでしたが、同じ木の樹上5メートルほどの地点に大きな黒い影が見えたので網で落としてみました。

天然ノコギリクワガタ65ミリペア
飛びながら落ちましたが運良く大きなノコギリクワガタのペアを採集できました。
※持ち帰って計測してみるとノコギリクワガタ65ミリのペアでした。

ノコギリクワガタの産卵方法

今年は、幸先良いスタートを切りました。

2018年は、物凄く(神っている領域の)運が良い年で、廃棄処分中の朽ち木(薪用)から出て来た幼虫を育ててみるとオオクワガタだったり信じられない様な事も実際に起こっています。
※貴重な天然オオクワガタが危うく処分(焼却か粉砕)される所でした。

この様な天然オオクワガタの入手例は、少ないと思います。

その他にも様々な偶然の出来事があり強運すぎて驚かされています。

 

話は、採集に戻りますがその他にも小さいですがクワガタを発見できましたので紹介します。

小型のヒラタクワガタのペア画像は、樹皮の裂け目から出ている樹液に集まっていた小型のヒラタクワガタのペアです。
※オスは、小さいのでそのままリリースしました。

この樹皮の裂け目は、ヒラタクワガタが日中でも身を隠すのに最適な状態なので次回も別のメスがやって来るかもしれません。
※縄張り争いに勝ったオスが出すフェロモンの様な物に向かってメスが集まって来ます。

ヒラタクワガタの産卵方法

ヒラタクワガタは、未だ発生初期の様ですが今月中(梅雨の間)に採集しなければカブトムシやノコギリクワガタの個体数が増え始めると警戒して見つけにくくなってしまいます。

コクワガタのオスこちらは、木の根元で発見したコクワガタのオスです。

35ミリ前後の大きさですが越冬個体(昨年活動して更に越冬した個体)と思われますので持ち帰らずにリリースしました。

今年は、未だ樹液が出ている木が少ないので本格的なクワガタの発生は1週間ほど先になりそうです。

天然採集クワガタの販売コーナー>>>

 


2018年最初のクワガタの夜間採集” への2件のコメント

  1. 小澤様
    お世話になっております。
    遂に採集シーズンが始まりましたね。
    今年も虫吉さんの天然ヒラタクワガタの購入を楽しみにしております。
    宜しくお願い致します。

    • 米倉様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      ヒラタクワガタは、天候や木の状態(樹洞の付近の樹液の有無)で採集状況が全くと言って良いほど変わってしまいます。
      ヒラタクワガタの「アタリ木」が数本あれば数が集まりやすいのですが最近は整地や開発で伐採されてしまいましたので沢山の販売が厳しいかもしれません。
      宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)