奄美のクワガタの入荷情報

九州北部は先週末の豪雨の後、週明けの月曜日に梅雨明けしました。

今週は、週明けから深夜のクワガタ採集を行っており少しずつヒラタやノコギリ、カブトムシが集まり始めています。

今回は先日入荷した奄美大島のクワガタを紹介したいと思います。
※今年は、全部で3回入荷しましたがラスト入荷かもしれません。

近々、少量ずつですが屋久島のクワガタも入荷する予定です。

スジブトヒラタ58ミリこちらは最新入荷の天然スジブトヒラタ(奄美大島笠利)58ミリのカッコ良い大型個体です。

スジブトヒラタは、世界的に見ても奄美と徳之島のみに生息する日本の固有種で世界で最もエレガントなヒラタクワガタと称されています。

スジブトヒラタの上翅上翅に綺麗な筋がある事が名前の由来です。

少しオスの気性が荒い一面がありますがヒラタ好き必見の種類です。

産卵方法は、一般的なヒラタクワガタやノコギリクワガタと全く同じです。

ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵方法>>>

スジブトヒラタのメススジブトヒラタのメスの画像です。

上翅にハッキリとしたスジがあるのが特徴です。
※シデムシみたいな背中の筋です。

スジブトヒラタの販売コーナー>>>

 

天然アマミヒラタ64ミリこちらも最新入荷の天然アマミヒラタ(奄美大島笠利)64ミリの大型のオスです。

商品ページは、参考画像ですが実際の個体は、こちらのブログの極太系のお届けになります。

天然アマミヒラタ65ミリこちらは、天然アマミヒラタ65ミリの大型個体です。
綺麗な形の個体です。

アマミヒラタの産卵を紹介した記事

天然アマミヒラタ68ミリこちらは、今回の入荷で最大サイズの68ミリです。
※現地でも滅多に採れない大物ですが越冬摩耗個体なので販売せずに私の元で飼育する事にしました。
(大型個体をお待ちのお客様には、本当に申し訳ございませんが何でも販売しないのが私のポリシーです。)

アマミヒラタのメスこちらは、アマミヒラタのメスです。

スジブトヒラタ程では無いのですが上翅に顕著な点刻列(スジ)が現れます。

アマミヒラタの販売コーナー>>>

 

アマミノコギリ74ミリこちらは、アマミノコギリ74ミリです。
まさに漆黒の水牛です。
今回は少数でしたが大型サイズが2匹入荷していました。

アマミノコギリの産卵を紹介した記事

アマミノコギリ赤系こちらは、赤系のアマミノコギリです。
アマミノコギリは、真っ黒というイメージがありますが徳之島のノコギリ同様に真っ赤な個体も存在します。(画像は、68ミリのオスです。)

アマミノコギリのメスこちらは、アマミノコギリのメスです。

こちらも点刻が顕著に現れます。(ザラザラした感じです。)

リュウキュウノコギリの亜種なので丸みが強く、動きも少しノシノシとした感じです。

実は、アマミノコギリは、日本に生息するノコギリクワガタの中で最も寿命が長い種類で毎年の様にお客様から越年(年越し)の情報をいただきます。
※今年の5月以降に2名のお客様から昨年ご購入分とご自身で奄美で採集されたペアが揃って生きているというご報告を頂いたほどです。

因みに2015年に入荷した天然のメスを2017年5月中旬まで生きさせた事があります。

長寿のアマミノコギリを紹介した記事

アマミノコギリの販売コーナー>>>

天然採集品に最適!ブラウン黒糖ゼリー>>>