アマミノコギリクワガタの天然採集品の入荷情報

こちら九州北部も木曜日から本格的な梅雨の大雨が続いております。

木曜日は、夕方に奄美からの天然クワガタの第二便が無事に到着しました。
仕訳と容器の移し替え、尺寸、出品を行っているといつの間にか日が変わって7月6日の深夜の2時になってしまいました。

急に大雨になって自宅に帰れなくなってしまったので到着したクワガタの紹介をしたいと思います。

アマミノコギリ74ミリ
こちらは、最新入荷の天然アマミノコギリ74ミリの大型個体です。

個人的な意見ですが奄美のノコギリは、水牛タイプになるノコギリクワガタの世界最高峰のカッコ良さと思います。
※極太系の大水牛です。

しかも80ミリを超える野外採集例も存在します。

実は、過去の記録では、79.5ミリが野外採集品の最大サイズだとされていましたが今年の7月1日に80ミリを超えるサイズ(81ミリ)が野外で採集されており更新されると思います。

アマミノコギリの面白いところは、大きさや太さの他に個体差にあると思います。

アマミノコギリ73ミリ
外に大きく湾曲するタイプです。(画像は、アマミノコギリ73ミリ

アマミノコギリ72ミリ弧を描く様な湾曲の個体です。(画像は、アマミノコギリ72ミリ

次に紹介する個体は、久し振りに見かけたオスの【キンプン君】です。

アマミノコギリ65ミリの金粉被り画像は天然アマミノコギリ65ミリの金粉被りの個体です。
※現地では、金粉(キンプン)と呼ばれています。

泥が付着している様に見えますが実際は、体色です。

アマミノコギリは、天然個体に限り、何故か体全体もしくは部分的に黄土色の色素変異がモザイク状に現れる個体が存在します。
脚の一部分だけ黄土色の個体がいたりしますが発生理由は不明です。
※メスや小型のオスの場合、体全体に金粉を塗した様な個体もいるそうです。

今回は既に出荷してしまった分でメスも何匹かいたのですが異常や擦れでは無いのでご安心ください。

因みに飼育下での羽化の場合、金粉タイプの再現は出来ないみたいです。

アマミノコギリの頭楯因みにアマミノコギリは、リュウキュウノコギリの亜種なので頭楯(とうじゅん)と呼ばれる頭部の先端部分(口の部分のクチバシ状の突起)の先端が二股になって前方上方向に突き出します。

本土に生息するノコギリクワガタ(本土ノコギリ)との違いの一つなので比較してみても面白いかもしれません。

7センチを超える大型個体のアゴの太さは、なんとも言えません。

 

天然アマミノコギリの販売コーナー>>>