タカラヒラタの産卵セットの割り出しとビッグヘッドのオスの幼虫

10月も下旬に入り、朝晩が少しずつ肌寒くなり始めました。

今回は、週末に行ったタカラヒラタクワガタの産卵セットの割り出し(幼虫採取)の様子をお伝えしたいと思います。

8月26日に組んだタカラヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、2018年8月26日に組んだタカラヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。

マットから初齢と二齢幼虫の姿が見えます。

今回の産卵に使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木(S)x2本、国産プレミアム昆虫ゼリーです。
※本来なら産卵木(M)を使用したかったのですが夏の終わりに一時的に品薄になったので細い産卵木を使用しました。

タカラヒラタクワガタの産卵方法

産卵用マットの中から出てきたタカラヒラタの二齢幼虫産卵用マットの塊の中から出てきた二齢幼虫です。

ヒラタクワガタの仲間は、早ければこの時点で雌雄の判別が出来る場合があります。
※奥の幼虫は、腰の辺りに白い斑紋があるのでメスの確率が高いです。

産卵木から出てきたタカラヒラタの初齢と二齢幼虫です。産卵木から出てきたタカラヒラタクワガタの初齢(左)と二齢(右)です。
1回の脱皮で頭部の大きさが何倍にもなります。

実は、二齢の時点で同じオス同士でも頭部の大きさが全く異なる幼虫が出現します。
異常に頭部が大きな幼虫は、上手く飼育すると大型化する確率が高いです。

頭部が通常サイズのオスと巨頭(ビッグヘッド)のオスの幼虫です。画像の2匹の幼虫は、共に脱皮して1から2日以内である事が予想されるオスの二齢幼虫です。
右側の幼虫の方が左側の幼虫に比べて頭部や胴体が一回り大きい事が分かります。

こういったビッグヘッド(BH)の幼虫の方が大型化の因子を持っている確率が高く、上手く飼育すると大型個体になりやすい傾向があります。
大型化しやすい遺伝子を持った血筋の方がBHの出現率が高いのかもしれません。

来年の70ミリ候補の1匹です。

割りカスを元のケースに戻して保管します。産卵に使用したマットや産卵木片(割りカス)は、再び元の飼育ケースに戻して4週間から1ヶ月ほど保管してから再びひっくり返して幼虫の有無を確認してください。
※回収漏れの卵や幼虫が残っている可能性が高いので確実に回収する事が重要です。

割りカスには、メモやテープに種類や産地、割り出し日等の情報を記載して貼っておくと確実に管理が出来ます。

今回のタカラヒラタクワガタの幼虫の割り出し結果です。今回のタカラヒラタの割り出し結果です。
未だ割りカスの中に残っているかもしれませんが現時点で33匹の初齢と二齢幼虫を回収出来ました。

カップの中に幼虫用の昆虫マットを入れて保管します。一時管理用カップ無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れてフタをしめて4~7日ほど養生させてから傷や虚弱の有無を見極めて二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccに投入します。

菌糸ビンに入れるまでカップには、ビニールテープやマスキングテープに種類や産地、割り出し日等の情報を記載して1個ずつ貼っておくと管理ミスを防げます。

※なお、妙に体が透き通った幼虫は、クワガタに害を与える雑菌(真菌の仲間)が原因とされる病気になっている可能性があるので菌糸ビンに入れずにカップの中で数日飼育して様子を見てください。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>