屋久島産天然クワガタの入荷とノコギリクワガタの羽化情報

今日(2017年6月30日)の福岡県は、時々強い日差しが差す曇りで非常に蒸し暑い一日でした。

今日から本格的な入荷が始まった採れたて屋久島産クワガタをご紹介したいと思います。
※勿論、屋久島の天候次第になりますが明日以降も入荷を予定しています。

天然屋久島産ヒラタクワガタ66ミリオーバーこちらは、今まで入荷した中で最大サイズの屋久島産ヒラタクワガタ66.7ミリの超特大サイズです。

※動き回って写真を撮らせてくれなかったので器用に手のひらの親指側で軽く押さえています。
そのため、左の触角を引っ込めていますが麻痺ではないのでご安心ください。

アゴのラインと内歯(アゴの内側の大きな突起)の張り具合が何とも言えないシビれる個体です。

今年は、序盤でめったに採れないサイズの入荷が有り驚かされました。

こちらの個体は、ダニ取りマットで完全にダニが落ちたのを確認してから販売予定です。(それまで2から3日ほどお待ちくださいませ)

屋久島産ヒラタクワガタの販売コーナー>>>

屋久島産ヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

天然ヤクシマノコギリ60ミリこちらは、本日入荷した天然ヤクシマノコギリ60ミリの大湾曲の水牛です。
※現地の採集家に水牛のみを厳選していただく様にお願いしていますのでハイレベルな個体ばかりです。

現在売り切れてしまってますが明日か明後日も入荷予定です。

ヤクシマノコギリの販売コーナー>>>

ヤクシマノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

屋久島のクワガタは、7月に入ると少しずつですが入荷すると思います。
※週明けの屋久島の天候は、晴れの予報になっているので個人的に楽しみです。

 

次は、最新羽化のノコギリクワガタのご紹介です。

トカラノコギリ68ミリ画像は、2017年6月最新羽化のトカラノコギリ(悪石島)68ミリのオスです。

今年は、数が少ないですが少しずつ羽化しています。

トカラノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月1日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月11日蛹になっているのを確認→6月羽化。

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を防ぐ為に無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

トカラノコギリの販売コーナー>>>

国産ノコギリクワガタ62ミリこちらも6月最新羽化の国産ノコギリクワガタ62ミリのオスです。

昨年の夏に採集した天然採集のメス産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てました。

ノコギリクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年9月18日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・2本目(2017年1月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月下旬に蛹になっているのを確認→6月羽化です。

基本的にマットは、蛹室(サナギの部屋の空洞)を作るまで約4ヶ月毎の交換をお勧めします。

因みに飼育温度は、空調管理で18から22℃の範囲内で保っています。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

ノコギリクワガタ63ミリこちらも6月羽化の国産ノコギリクワガタ63ミリのオスです。

交換リレーは、先ほどの個体と全く同じです。(兄弟です。)

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

この時期に羽化したノコギリクワガタでも真夏の気温が高い環境だと梅雨明け後(8月頃に)直ぐに活動を開始する事があるので来年まで(少しでも長く)飼育したい方は、冷房管理で成熟と活動を遅らせる必要があります。

羽化直後の温度が高すぎると自然界での晩夏型(二次発生型)の活動サイクルになってしまいます。

ノコギリクワガタ66ミリこちらも6月羽化の国産ノコギリクワガタ66ミリの大型のオスです。

こちらも先ほどの個体と同じ交換リレーです。

羽化したばかりのノコギリクワガタの新成虫の飼育管理には、フカフカ粒子のココパウダーマットがオススメです!

実は、今回の羽化チェックでノコギリクワガタ70ミリ(訳あり)が羽化していたのですが、いつの間にか店長が出品していてご紹介できませんでした(汗)

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

ノコギリクワガタは、羽化個体だけではなく天然採集品の入荷もございます。

ノコギリクワガタ(繁殖個体)の販売>>>

天然ノコギリクワガタの販売>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●昆虫ゼリーの販売>>


屋久島産天然クワガタの入荷とノコギリクワガタの羽化情報” への6件のコメント

  1. 天然個体が手に入る季節になりましたね🎵
    西南諸島のクワガタはいつ頃入荷されますか?

    • バルバ様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      屋久島と奄美のクワガタは、既に入荷しています。
      明日の午後か夕方に販売開始します。

  2. ヤクシマノコギリ、無茶苦茶カッコいいですね。顎が良い❗買いたくなります🎶
    西南諸島のクワガタはいつ頃入荷になりますか?
    あとリュウキュウコクワガタは、入荷しますか?

    • バルバ様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      現時点の天然コクワの入荷予定は、屋久島以外は不透明な状況です。
      その他の離島産コクワの今年の入荷は現時点で未定です。

      宜しくお願い致します。

  3. 虫吉 小澤様
    お世話になります。
    天然の屋久島ノコギリ太く立派で湾曲が素晴らしいですね。タイミングよく買えたので、届くのを楽しみにしております。
    引き続き虫吉さん天然個体の入荷を待っております。

    • YS様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      今回、入荷した60ミリ台は、全てカッコいい個体でした。

      因に本日、凄いヤクシマノコギリが入荷したので次に公開するブログ記事にアップしておきます。

      宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)