チョウセンヒラタ、屋久島産ヒラタ、ヤクシマノコギリの最新羽化情報

今日の福岡県は、晴れの過ごしやすい天気でしたが流石に11月も中旬に差し掛かると日没後は肌寒く感じます。

今回は、現在進行中の10月に羽化したクワガタのボトルからの掘り出しで出てきた個体を少しだけ紹介したいと思います。

チョウセンヒラタ50ミリまず最初は、10月下旬羽化のチョウセンヒラタクワガタのオス50ミリの大型個体です。
※10月下旬から少しずつ羽化が始まりました。

日本では、対馬に生息する対馬ヒラタとは異なる種類の小型のヒラタクワガタの仲間です。

少し地味な存在ですがレアな種類になります。

チョウセンヒラタの産卵方法を紹介したページです。

以前紹介した5月の連休明けに行ったチョウセンヒラタの割り出し情報で紹介した幼虫を育てて羽化させました。

●下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2018年5月11日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年8月23日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→9月28日に蛹になっているのを確認したので3本目の交換無しです。

半年以内で羽化した割りには、大きく育ってくれました。

チョウセンヒラタの50ミリオーバーは、他にも羽化していますので翅が固まったペアから順次販売予定です。

屋久島産ヒラタクワガタ66ミリこちらも10月下旬最新羽化の屋久島産ヒラタクワガタ66ミリの大型個体です。
虫吉のパーソナルベストです。(時間があるときに屋久島産ヒラタをリストに追加しておきます。)

九州北部産のヒラタよりも大きくなりにくい感じですが、画像の個体はガッチリとした独特の雰囲気があると思います。

屋久島産ヒラタクワガタの産卵を紹介した過去の記事です。

●エサ交換のリレーは下記の通りです。

・1本目(2018年3月5日、二齢幼虫):ブナ菌ビン550cc

・2本目(2018年6月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月28日に蛹になっているのを確認したので3本目の交換無しです。

いつもの様に終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床のかき混ぜ)による縮みを回避して大きく育てる為に菌糸ビン→マットへの切り替え飼育を行いました。

飼育のイメージとしては、1本目の菌糸ビンで大きく育つ素質を持った終齢まで育てた後で無添加虫吉マットでの飼育でじっくりと大型化させる感じです。

無添加虫吉幼虫マットは、一般的な添加剤による強制発酵マットと異なり、ボトル内で幼虫に有害なガスや熱を伴う腐敗や発酵が無いのでカチカチに固く詰め込んでも大丈夫です。

劣化が遅く、持ちが良いので固く詰め込んだ方が交換頻度を3から4ヶ月に1回に落とす事が出来るので幼虫への負担も軽減できます。
※ただし、水を加えると極端に劣化が早まってしまうので無加水で使用してください。

今回紹介した個体は、近日中に販売できると思います。

ヤクシマノコギリ67ミリこちらは、10月最新羽化のヤクシマノコギリ67ミリの特大サイズのオスです。

今年は、全体的に極太極湾曲系の65ミリオーバーの大型個体が多く羽化しています。

因みに昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組んで生まれた幼虫を羽化させました。

ヤクシマノコギリの産卵方法を紹介した過去の記事です。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月3日、二齢幼虫):クヌギ菌ビン550cc

・2本目(2018年2月11日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

ノコギリクワガタの幼虫は、ヒラタやオオクワと異なり大きなものでも13から15グラム前後の大きさにしか育たないので850ccのボトルに入れた際は、4ヶ月くらい引っ張っても大丈夫です。

ただし、ノコギリクワガタの仲間の幼虫は、温度と湿度が高い季節にエサ交換を行うと極端に落ち着きが悪くなり潜らずに縮んだり、上で蛹化するなどのトラブルが多くなるので夏のマット交換を省略するズボラ飼育で羽化させました。

ただし、マットをご自身でお詰めになられる場合は、思いっきり強く詰めてください。
詰め込みが弱いと途中で緩んでしまいブカブカの大きな蛹室を作ってアゴが変形したり羽化の際に起き上がれずに不全を起こしやすくなります。

8月20日に前蛹(蛹室と呼ばれる空洞の中で過ごす蛹の直前段階)になっているのを確認したので3本目の交換無しです。

今回紹介したヤクシマノコギリも近日中に販売できると思います。

今年も残り2ヶ月を切りましたが(厳密に言うと50日)、面白い情報があれば紹介したいと思います。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>