トクノシマヒラタクワガタなど菌糸ビン→マットの幼虫飼育経過

今週は、クワガタの羽化チェックと幼虫のエサ交換、産卵セットの割り出しなど一気に飼育を進めています。

今回は、トクノシマヒラタクワガタの菌糸ビン(1本目)⇒マットボトル(2本目)の交換リレーで飼育している幼虫の3本目への交換の様子をメインにお伝えしたいと思います。

トクノシマヒラタクワガタの終齢幼虫画像は、1本目(2017年6月6日)にクヌギ菌糸ビン550cc⇒2本目(2017年9月17日)にマットボトル850ccに投入して今回3本目の交換を迎えたトクノシマヒラタクワガタの特大幼虫です。

トクノシマヒラタの産卵方法

2本目で蛹化せずに3本目を迎えたのでカブトムシの幼虫サイズのレベルまで大きく育っていました。

菌糸ビンの成長度の加速を利用するために1本目だけ菌糸ビンで終齢幼虫まで育てた後で低ストレスの無添加虫吉マットで交換頻度を下げてじっくりと大きく育てる方法を採用しています。
※若齢幼虫(初齢、二齢)の期間を短くして、終齢幼虫をマットでじっくり育てる感じかもしれません。

幼虫の菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について

トクノシマヒラタクワガタの幼虫29グラム幼虫期間の事を考えると今回の交換(3本目)でサナギになると思いますが29グラムの特大サイズまで育っていました。

トクノシマヒラタの幼虫をマットボトルへ投入しました。3本目も引き続き、マットボトル850ccへ投入しました。

29グラムの幼虫は、別の日に投入した物を合わせると3から4匹くらい確認しましたので今年もパーソナルベストの更新の期待が持てます。
※但し、アゴや体の横幅が広い種類のクワガタなので、なかなか縦に伸びてくれません。

トクノシマヒラタクワガタの幼虫30グラムこちらの画像は、トクノシマヒラタクワガタの30グラムの大台に乗った超大型幼虫です。
1本目(2017年5月14日)にクヌギ菌糸ビン550cc⇒2本目(2017年8月17日)にマットボトル850ccに投入しました。

※2本目でサナギになる可能性があったので様子を見る為、交換を後回しにしてしまったので少しズボラ気味の飼育になってしまいました。
(マット交換は3から4ヶ月毎を推奨しています。)

30グラムのトクノシマヒラタをマットボトル850ccに投入しました。3本目もマットボトル850ccに投入しました。
ボトルの口径ギリギリの大きさです(汗)

本来は、マットボトル1500ccが良いのかもしれませんが時間と人手(労力)の都合上、虫吉の自家使用分は850ccしか詰めて用意していません。

但し、過去にサキシマヒラタやツシマヒラタの80ミリが850ccのボトルで無事に羽化しているので大丈夫だと思います。

こちらも3本目(2018年2月3日投入)が蛹化前の最後の交換になると思います。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法

 

タカラヒラタクワガタの幼虫23グラムこちらは、1本目(2017年2月6日)にクヌギ菌糸ビン550cc⇒2本目(2017年4月29日)にマットボトル850cc⇒3本目(2017年9月19日)⇒本日(2018年2月3日)に4本目の交換を迎えたタカラヒラタクワガタの23グラムの特大サイズの幼虫です。

1本目の投入から既に1年を経過しようとしているので70ミリを狙えそうな大きさまで育っていました。
※但し、幼虫期間が長すぎると羽化した成虫のお腹やお尻が出てしまう確率が高まるので楽観視できません。

タカラヒラタクワガタの産卵方法

タカラヒラタの幼虫をマットボトルに入れました。こちらも今回の交換が最後になると思います。

無事に大きく育ってくれる事を願いつつ、春から初夏の羽化が楽しみです。

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>