大器晩成型の国産ヒラタクワガタの羽化

今日の福岡県北部は、日中は日が差していましたが早朝は時々小雪が舞う寒い天気でした。

2月中旬に差し掛かり虫吉の幼虫繁殖場でも例年の様に春の羽化ラッシュが近付きつつあります。

今回は、今月の羽化チェックで掘り出した最新羽化の国産ヒラタクワガタ(本土ヒラタ)を紹介したいと思います。

国産ヒラタクワガタ68ミリ画像は、2018年2月の最新羽化の国産ヒラタクワガタ(福岡県福津市)68ミリの大型個体です。

この個体は、2016年の初秋に産卵セットを組み産まれた幼虫を羽化させたので幼虫期間が1年以上あった事になります。

1回目の割り出し時に保管した割りカスの中のから採取した幼虫なので12月の低温で成長速度が鈍化したようです。

※2016年11から2017年の3月は、空調設備の調子の都合で少し気温が低かったので成長が遅くなってこの時期に大型になって羽化している傾向があります。
(1本目→2本目の交換の際に二齢幼虫のままでした)

国産ヒラタクワガタの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年12月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年3月23日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年7月21日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年1月14日に蛹になっているのを確認⇒2月上旬羽化です。

1本目から2本目の交換の際に二齢幼虫のままだったので無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育

2本目への交換の際に二齢のままだった場合、菌糸ビンに投入した物よりもマットでじっくり時間を掛けて育てた方が大化しているようです。
大器晩成型タイプだと思います。
※確かに菌糸ビンの方が早く羽化しますが。。。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法

国産ヒラタクワガタ69から70ミリのオスこちらも最新羽化の国産ヒラタクワガタ69ミリ(限りなく70ミリに近い)大型個体です。

最初に紹介した68ミリと同様に2016年に割り出した幼虫が今年になって羽化しました。
※因みに68ミリと同様に保管した割りカスから出て来た幼虫ですが別の産卵セットから産まれたので兄弟ではありません。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年12月9日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年3月17日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年7月21日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年1月14日に蛹になっているのを確認⇒2月上旬羽化です。

温度が低かった影響で、こちらも1本目から2本目の交換時に二齢幼虫のままでしたので小さい幼虫のままマットボトルへ直行です。

因みに2本目のマットから3本目のマットへの交換の際は、13から14グラムでしたので後半の3本目以降で一気に大きく育った晩成型のタイプだと思います。

勿論、今回紹介した大型の2匹は、昨年の夏に産まれた幼虫を育てて羽化させたメスとペア販売になります。
※全くの別血筋なので次世代の累代飼育も面白いと思います。

国産ヒラタクワガタは、その他にも少しずつ羽化しています。

国産ヒラタクワガタの販売>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>


大器晩成型の国産ヒラタクワガタの羽化” への2件のコメント

  1. 虫吉 小澤様
    お世話になっております。
    私の飼育している地元神奈川県産ヒラタクワガタも初令で昨年秋口に虫吉マットボトル850ccへ投入し、今年1月に交換しましたが常温飼育の為か初~2令のままでした。
    ブログを拝見し、大器晩成型と信じて大型個体の羽化に期待が持てました。
    10円玉にも満たない位の大きさですが、引き続き850ccで飼育した方が良いでしょうか。

    • 米倉様

      いつもお世話になっております。
      クワガタ工房です。
      コメントありがとうございます。
      菌糸ビンは、エサというよりもボトルの中でキノコの菌を飼育しているのと同じ感じなので菌糸が活性する温度に加温する必要が有ります。
      虫吉の場合は、二齢幼虫のままだった場合は、マットボトル850ccメインに投入しています。
      ※マットボトルの詰め置きが無い場合のみ菌糸ビンに入れていますが本土ヒラタは、マットに入れた方が良い結果が出ています。

      但し、一番大事な事は、温度です。大きく育てる場合は、20℃前後の気温が最も結果が出やすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)