離島産クワガタやオオクワガタの大型幼虫のエサ交換

3月に入り、こちら九州北部でも日中は暖かい春の陽気になっています。
庭の梅の花が見ごろを迎えつつあります。

今回は、昨日から行っているクワガタの幼虫のエサ交換の様子をお伝えしたいと思います。

トクノシマノコギリクワガタの幼虫先ず、最初は2017年11月17日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したトクノシマノコギリクワガタの終齢幼虫です。

若干、引っ張り気味なので既に大きく育っていますが上手く行くと70ミリオーバーを狙えそうな体重になっています。

トクノシマノコギリの幼虫をマットボトルに投入します。2本目は、終齢幼虫での暴れ(菌床の掻き混ぜ)を防ぐために無添加虫吉マットボトル850ccに投入しました。

無添加虫吉マットは、異常なほど劣化が遅く持ちが良いので3から4ヶ月前後の引っ張り飼育(通称:ズボラ飼育)が可能です。
※ご自身でボトル詰めをされる場合は、思いっ切り固く詰めてください。

交換頻度を落とす事で急激な環境差によりストレスで痩せてしまうリスクを軽減できます。

※お客様からも実際に70ミリオーバーの羽化のご報告が御座いますので興味があれば試してみてください。
(無添加マットですが優良なバクテリアや土壌菌が活きていますので大きく育ってくれます)

ヤクシマノコギりクワガタの幼虫こちらは、少し前にも紹介しましたがヤクシマノコギリの終齢幼虫13グラムです。

保管していた産卵セットの割りカスの中から出て来た幼虫を12月6日にクヌギ菌糸ビン550ccに投入して今月の交換を迎えました。

今年は、1本目を食い上げた時点で13グラムが最大重量ですがコンスタントに何匹もいるので2本目のマットで大化けしてくれればと思っています。

先月紹介したヤクシマノコギリ等の幼虫の記事>>>

ヤクシマノコギリの産卵方法

ヤクシマノコギリの幼虫をマットボトルに入れました最初に紹介したトクノシマノコギリと同様に2本目は、マットボトル850ccに投入してじっくりと大きく育てる作戦です。

トクノシマヒラタの幼虫こちらは、1本目(2017年5月14日)にブナ菌糸ビン550cc⇒2本目(2017年8月17日)に無添加虫吉マットボトル850ccに入れて今回の交換を迎えたトクノシマヒラタの幼虫27グラムです。

交換するかしないかを迷っているうちに超引っ張り飼育になってしまいましたが順調に大きく育ってくれていました。

トクノシマヒラタの産卵方法

トクノシマヒラタの幼虫をマットボトル850ccに投入しました3本目も引き続きマットボトル850ccに投入しました。
20から22℃の環境で既に10ヶ月を迎えつつあるので今回の交換でサナギになると思います。

先月、紹介した30グラムの幼虫には及びませんが交換ストレス痩せをせずに大きく育ってほしいと思います。

2月3日のトクノシマヒラタ30グラムの記事>>>

今回は、オオクワガタの菌糸ビン交換も行いました。
概ね25グラム以上のマズマズのサイズでしたが1匹だけ突発的に大きく育っていました。

オオクワガタ佐賀県神埼の終齢幼虫35グラムこちらは、オオクワガタ(佐賀県神埼産)の終齢幼虫35グラムです。
※脱糞しても35グラムのままでした。

オオクワガタの産卵方法

●エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年8月1日、初齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月10日、終齢幼虫):クヌギ菌糸ビン850cc

但し、今回は、30グラムオーバーの幼虫が想定外だったので菌糸ビン1500ccやオオクワ用のマットボトル1500ccの準備が出来ておらず、仕方が無くクヌギ菌糸ビン850ccに投入しました。

4本目の交換が発生した場合は、予め1500ccを準備しておきたいと思います。

オオクワガタは、現在品薄状態が続いておりますが少しずつ羽化しておりますので随時出品致します。