国産ヒラタクワガタやスジブトヒラタなどの羽化状況

前回に引き続き、最新羽化のクワガタの紹介をしたいと思います。

今回は、先月末から今月に羽化したヒラタクワガタの仲間を紹介したいと思います。

国産ヒラタクワガタ(鹿児島産64ミリ)まず、最初は、3月に羽化したばかりの国産ヒラタクワガタ(鹿児島県産)64ミリの太くてカッコ良い個体です。
未だ羽化して数日しか経過していないので真っ赤な状態です。

国産ヒラタクワガタ(本土ヒラタ)の解説

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年8月1日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月6日に蛹になっているのを確認したので3本目の交換は行っていません。

2本目からは、いつもの様に菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を避けてじっくり大きく育てる為にマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について

 

国産ヒラタクワガタ(福岡県福津市産)68ミリこちらも3月最新羽化の国産ヒラタクワガタ(福岡県福津市産)68ミリの大型個体です。

以前から紹介している2016年の秋に天然のメスを産卵させて生まれた幼虫の残党が今月になって羽化しています。
国産ヒラタクワガタの産卵方法

※空調の効きが悪かった影響で2016年の秋から2017年の3月の飼育温度が低かったのが原因で幼虫期間が無駄に長くなってしまいました(汗)

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年12月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年4月4日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年6月15日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年8月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・5本目(2017年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月10日に蛹になっているのを確認したので6本目への交換無し。

※夏場は、居食い(ボトルの中心の見えない場所にに居座る)で見えなかったので羽化確認の為に掘り出して余分な交換が発生してしまいました。

国産ヒラタは、販売できるようになった物から順次サイトにアップしています。

国産ヒラタ(本土ヒラタ)の販売コーナー>>>

 

スジブトヒラタ(奄美大島産)64ミリ画像は、同じく最新羽化のスジブトヒラタ(奄美大島産)64ミリの大型個体です。
※幼虫時の体重は、測る価値が無い大きさだったので測っていません。

●下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2017年8月4日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年10月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月に蛹になっているのを確認したので3本目の交換無しです。

スジブトヒラタは、成長速度が早いので2本目からは、無添加虫吉幼虫マットでの飼育に切り替えです。

スジブトヒラタも今月に入って少しずつ羽化していますので出せそうなものからホームページに公開しています。

スジブトヒラタの販売コーナー>>>

 

トクノシマヒラタ74.5ミリ
こちらの写真は、2月下旬最新羽化のトクノシマヒラタ74ミリの特大サイズのオスです。
ガッチリとしたカッコいい個体です。

2017年5月14日に紹介した産卵セットの割りカスから出て来た幼虫を育てて羽化させました。

トクノシマヒラタの産卵方法

大型個体ですが2本の最短エサ交換リレーで羽化です。

・1本目(2017年6月6日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年9月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年1月6日に前蛹になっているのを確認、3本目の交換無し。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法

今回のトクノシマヒラタも近日中に販売可能です。

トクノシマヒラタの販売コーナー>>>

今後も面白い個体が羽化しておりましたら紹介したいと思います。

 

ヒラタクワガタと関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>>>

昆虫マットの販売>>>