スジブトヒラタやトカラノコギリなど最新の羽化情報

今週末の九州北部は、先日までの初夏の様な天候が嘘の様に気温が低くなりそうです。

今日は、現在行っている最新羽化のクワガタの掘り出しで出て来た個体を少しだけ紹介したいと思います。

スジブトヒラタ(奄美大島)64ミリ先ず最初は、3月下旬に羽化したばかりのスジブトヒラタ(奄美大島)64ミリの大型個体です。
※厳密に言うと約64.5ミリ前後の綺麗な個体です。

先月、このブログで紹介した64ミリの兄弟になります。
※エサ交換のリレーとサイズが全く同じです。

スジブトヒラタなどの羽化を紹介したブログ記事

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年8月4日、初齢幼虫後期):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年10月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月1日に蛹室(サナギの部屋)を作っているのを確認したので3本目の交換無しです。

※終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を防ぐため、いつもの様に2本目から無添加虫吉マットでの飼育へ切り替えました。

無添加虫吉マットは、一般的な添加発酵マットと異なり添加剤を一切加えていないのでボトルにカチカチに固く詰めても添加剤特有の致死に至るような有害発酵ガスや発酵熱が発生しないので安心、安全な昆虫マットです。

さらに持ちが非常に良いので今回の交換リレーのとおり、3から4ヶ月間は交換せずに済みます。
交換頻度を落としてストレスを軽減させる事は幼虫のストレス縮みを軽減する事につながります。

スジブトヒラタクワガタ(奄美大島産)64ミリこちらも先ほどの個体と兄弟のスジブトヒラタ(奄美大島)64ミリです。

スジブトヒラタの産卵方法

交換リレーやサイズも全く同じです。羽化日が数日だけ異なります。

先ほどの個体同様にアゴの形と翅のスジも綺麗な個体です。

スジブトヒラタは、徳之島産も合わせて少しずつ羽化していますが年末に紹介した20グラム級の羽化は、もう少し先になりそうです。

2017年12月29日のスジブトヒラタなどの幼虫の記事

トカラノコギリ中之島産65ミリ画像は、3月下旬羽化のトカラノコギリ(中之島)65ミリ(限りなく66ミリに近い)綺麗なオスです。

トカラノコギリの産卵方法

昨年6月3日に割り出した幼虫を育てて羽化させました。
2017年6月3日のトカラノコギリの割り出しの様子>>>

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年6月8日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年9月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月5日に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっているのを確認したので3本目の交換無し。

トカラノコギリは、春になって少しずつ羽化していますので翅が硬くなり次第に販売しております。

本土ヒラタ(熊本県産)63から64ミリ画像は、4月上旬羽化の本土ヒラタ(熊本県益城産)63ミリの大型のオスです。
※限りなく64ミリに近いです。

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組み産まれた幼虫を育てて羽化させました。

本土ヒラタの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年9月15日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月25日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月8日に蛹室を作っていたので3本目の交換無し。

前回のアマミコクワのブログの記事でもお伝えしましたが今年は、昨年よりも少しだけ飼育温度を高くしているので1ヶ月くらい早く羽化しているようです。

本土ヒラタは、春になって本格的に羽化していますので好評販売中です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>