スジブトヒラタ、ゴトウヒラタ、ツシマヒラタの羽化

今日の福岡県福津市は、晴れの少し蒸し暑い天気でした。
明日からは少し天気が崩れる予報が出ており、そろそろ梅雨の気配が近づきつつあります。

今回も前回に引き続き、最新羽化のクワガタを紹介したいと思います。
※今回は、ヒラタクワガタの仲間の紹介です。

スジブトヒラタ(奄美)65ミリ画像は、4月最新羽化のスジブトヒラタの奄美大島産65ミリ(限りなく66ミリに近い)特大サイズのオスです。

先日、ブログで紹介した66ミリの個体とは別になります。
スジブトヒラタ66ミリの羽化の記事

こちらも昨年の初夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を羽化させました。

●下記のエサ交換リレーで浮かさせました。

・1本目(2017年8月27日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月1日に既にサナギになっていたので3本目の交換無しです。

2本目からは、いつもの様に暴れ(菌糸ビンのかき混ぜ)封じの為に無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

スジブトヒラタの幼虫は、成長(加齢)の速度が他のヒラタクワガタに比べて速いので菌糸ビン飼育を長引かせると途中で暴れ始めて小型化してしまうので添加剤による発酵ガスや発酵熱の心配がない、無添加虫吉マットをボトルに思いっきり硬く詰めたものに投入しています。

硬く詰めるともちが非常に良いので3から4ヶ月間は、交換せずに済むので交換による負担で縮んでしまうリスクも軽減できます。

今回のスジブトヒラタは、翅が固くなり次第に販売予定です。

ゴトウヒラタ若松島69ミリこちらは、4月最新羽化のゴトウヒラタ(若松島)69ミリのオスです。

レギュラーサイズですがカッコ良い個体なので紹介してみました。

昨年の夏に産卵セットを割り出して生まれた幼虫を羽化させました。

ゴトウヒラタの産卵方法

●エサ交換リレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年8月5日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月1日に既に蛹になっていたので3本目の交換無しです。

今年は、冬から春の暖房の効きすぎで2本目で羽化するクワガタが多いです。

ゴトウヒラタは、現在販売中です。

ツシマヒラタ75ミリこちらも4月最新羽化のツシマヒラタクワガタ75ミリの大型個体です。
※画像では、分かりにくいですが頭部に小さな凹みがあるので訳あり品での販売になると思います。

アゴが長くてカッコ良い個体だと思います。

昨年8月に割り出した幼虫を育てて羽化させました。

ツシマヒラタの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年8月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月1日に既に羽化していたので3本目の交換無しです。

ツシマヒラタも現在販売中です。