スジブトヒラタ66ミリやトカラノコギリなどの羽化情報

5月9日の福岡県北部は、風が強く肌寒い一日でした。

今回は、火曜日に行った羽化したクワガタの掘り出し作業で出てきた個体を紹介したいと思います。

スジブトヒラタ(奄美大島)66ミリ画像は、4月下旬に羽化したばかりのスジブトヒラタ(奄美大島)66ミリの特大サイズです。

6年ぶりに羽化した大型サイズです。虫吉のパーソナルベストと同サイズです。

2012年5月のスジブトヒラタ66ミリの羽化の記事

昨年の初夏に入荷した天然のメスを産卵させて産まれた幼虫を育てました。

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月24日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc
※マットボトルとは、幼虫飼育ボトル850cc無添加虫吉マットマットプレスで思いっ切り強く押し詰めた物です。

⇒2018年3月5日に蛹室(サナギの部屋)を作っていたので3本目への交換無し。

いつもの様に2本目からは、終齢幼虫の暴れ(菌糸ビンの掻き混ぜ)を防いでじっくりと大きく育てる為に無添加虫吉幼虫マットでのマット飼育へ切り替えました。

無添加虫吉マットは、文字通り添加剤が一切入っていないので添加剤特有の致死に至るような発酵ガスや発酵熱が発生しないのでボトルに思いっきり詰め込んでも安心、安全な昆虫マットです。

持ちも良いので交換頻度を抑えて幼虫への負担や縮みも抑えられます。

今回のスジブトヒラタは、現時点で最大サイズですが年末のブログで紹介した21グラムの幼虫が未だ羽化していないので更なる大型個体の羽化もあるかもしれません。

2017年12月29日のスジブトヒラタ等の幼虫の記事

今回の個体は、翅が固くなり次第に販売予定です。

トカラノコギリ中之島産66.9ミリこちらは、4月最新羽化のトカラノコギリ中之島産66ミリ(限りなく67ミリに近い)のカッコ良いオスです。
※67ミリに限りなく近い66ミリは、2匹羽化していました。

初夏に産卵セットから割り出した幼虫を育てましたが昨年から今年の前半は、空調(暖房)が効きすぎて少しだけ飼育温度を高くなったので例年よりも早く羽化しました。

トカラノコギリの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年7月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年10月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年3月1日に前蛹(蛹になる直前段階)になっていたので3本目の交換は行っておりません。

トカラノコギリ悪石島産67ミリこちらも同じく4月最新羽化のトカラノコギリ(悪石島)67ミリのオレンジの発色が綺麗なオスです。

こちらは、夏の後半に割り出した幼虫ですが前述のとおり、昨年秋以降の幼虫の飼育温度が高くなったので早く羽化してしまいました。

●エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月30日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月7日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年3月11日に前蛹になっているのを確認したので3本目の交換無し。

因みにノコギリクワガタの仲間は、途中でマット飼育に切り替えた方が暴れの心配も無く、大型化しやすいです。

今回、紹介したトカラノコギリは、今月中(近日中)に販売可能になると思います。

コクワガタ49.5ミリこちらも4月最新羽化の国産コクワガタ49ミリの大型のオスです。
※50ミリまで0.数ミリだけ届きませんでした。

昨年の夏に自己採集したコクワガタのメスを産卵させて産まれた幼虫を羽化させました。

コクワガタの産卵方法

●エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年9月11日):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月17日):虫吉オオクワマット(飼育ボトル550ccにマットプレスで固く詰めた物)

⇒2018年3月19日に既に前蛹になっていたのを確認したので3本目の交換無しです。

今回のコクワガタは、既に売り切れてしまいましたが今後も少しだけ羽化すると思います。