国産ヒラタクワガタの菌糸ビンからマットへの切り替え飼育の羽化

今週末は、夏の様な蒸し暑い一日になりました。

日曜日の福岡県の気温は、30℃の予報が出ており、今年は5月下旬なのに7月並の気温になっています。

週末は、5月に羽化した国産ヒラタクワガタの掘り出しを行いましたので何匹か紹介してみたいと思います。

ヒラタクワガタ(熊本県益城産)64ミリこちらは、ヒラタクワガタ(熊本県益城産)64ミリの大型のオスです。
※64ミリのオスは、全部で2匹羽化していました。

今年の2月に紹介した幼虫が羽化した個体ですが、やはり1本目の投入時に既に終齢になっていた事や春先の暖房効きすぎ事故の影響もあり、2本目で早期羽化してしまいました。
但し、アゴの内歯の小突起(ギザギザ)がハッキリとしたカッコ良い個体だと思います。

2018年2月3日のヒラタクワガタの幼虫の記事>>>

●エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年9月15日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・2本目(2018年2月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒4月12日に蛹になっているのを確認したので3本目への交換無し。

割り出し時に既に終齢だった割には、大きく育ってくれたと思います。

ヒラタクワガタ熊本県益城産65ミリこちらは、同じく5月最新羽化のヒラタクワガタ(熊本県益城産)65ミリの大型個体です。

昨年の夏に入荷した天然個体を産卵させて産まれた幼虫を羽化させました。

ヒラタクワガタの産卵方法

割り出し時に既に終齢幼虫まで育っており、先程の64ミリ同様に1本目から完全マット飼育を行いました。

※1本目⇒2本目への交換の際に概ね18から20グラムまで育っていましたが暖房が効きすぎて早期羽化してしまった様です。

エサ交換のリレーは、先ほどの個体と全く同じなので省略させていただきます。

おそらく、熊本県産のヒラタクワガタは、殆ど羽化してしまったと思いますので残り数ペアしか販売できないと思います。

ヒラタクワガタ宮崎県産67ミリこちらは、ヒラタクワガタ(宮崎産)67ミリの大型個体です。
※宮崎県産では、今季の最大サイズです。(2018年5月時点)

こちらも昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて産まれた幼虫を育てて羽化させました。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年9月25日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月10日に蛹になっていたので3本目の交換無しです。

※2本目からは、終齢幼虫の菌糸ビンでの暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を防ぐために無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

ヒラタクワガタの仲間は、菌糸ビン飼育の際に終齢幼虫で突然暴れと呼ばれる掻き混ぜ行動を起こして激縮みをする事があるので飼育に有害な発酵ガスや発酵熱が発生しない無添加虫吉幼虫用マットで低ストレス低刺激の飼育環境を作って大型化を狙っています。

ヒラタクワガタ福岡県福津市産69ミリこちらは、現時点で今季最大サイズのヒラタクワガタ(福岡県福津市産)69ミリです。
※70ミリまで0.数ミリだけ届きませんでした。

こちらも昨年の夏に採集した天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を羽化させました。

●エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年9月11日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月11日に既に蛹になっていたので3本目の交換無しです。

今年は、年明けから暖房が効きすぎて全体的にサイズのロスが大きい様ですが後半は、70ミリオーバーを狙って頑張ってみたいと思います。