本土ヒラタクワガタ幼虫の完全マット飼育の途中経過(20グラム級)

今日の福岡県北部は、午前中は日が差して少し暖かかったのですが午後になると急に寒くなり始めました。
明日と明後日は、また雪の予報が出ています。

今日は、本土ヒラタクワガタの完全マット飼育(1本目からマット飼育)の途中経過を紹介したいと思います。

本来、本土ヒラタの幼虫は、菌糸ビン→マットへの切り替え飼育を行っているのですが産卵セットからの割り出し時に既に終齢幼虫だったので菌糸ビンに入れずにマットに直行させた幼虫になります。

1本目のマットから出て来た本土ヒラタの終齢幼虫です。画像は、2017年9月15日に終齢幼虫初期でマットボトル850ccに投入した本土ヒラタ(熊本県益城)の幼虫です。
※天然のメスの子供(WF1)です。

既に4ヶ月半くらい経過しているのでコロコロとした糞も多くなっています。

本土ヒラタのマット飼育の幼虫18グラム体重は、18グラムでした。
20から22℃前後の空調管理で飼育しています。
勿論、サーキュレーション(空気循環)の為にサーキュレーター(送風機)を3台フル稼働させています。

先日のブログでも紹介しましたがお部屋の空気を絶え間なく動かす事によりボトル内にも円滑に空気が入りやすくなります。

サーキュレーションを紹介したブログ記事>>>

上記の飼育環境を維持できる事を前提にすれば正直に申し上げると本土ヒラタに菌糸ビンは必要ないかもしれません。

※但し、虫吉では、常時数千匹の幼虫を飼育しているので1本目(若齢=初齢、二齢)からマット飼育にすると飼育期間が長くなってしまい交換本数も増えてしまいますし 、直ぐに羽化しないのでスペースの問題も出てきます。

またマットボトルの固い詰めは、機械化で行っていないのでどうしても人の手の作業(労力)になってしまい現状では物理的に不可能なので虫吉では、1本目だけ菌糸ビンを与えて終齢まで育てて時間短縮をしています。
※限られた労力を商品のマットボトルに回しています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育もそれなりの良さ(メリット)があります。

本土ヒラタクワガタの幼虫をマットボトルに入れました2本目も引き続き、マットボトル850ccに投入しました。
次の4か月後は、6月になるので蛹化前の交換ストレスによる縮みを回避する為にギリギリまで引っ張って様子を見たいと思います。

本土ヒラタ(熊本産)の幼虫18グラム18グラムの幼虫は、もう一匹いました。
※最初の幼虫の兄弟です。同じ9月15日、終齢幼虫での投入です。

マット飼育の本土ヒラタクワガタの幼虫20グラム今日は、熊本県産の本土ヒラタのオスの幼虫を3匹交換しましたが1本目で既に20グラムの大台に乗っている幼虫もいました。

菌糸ビン飼育と異なり、含水率が低いので水太り感が無く引き締まって大きく感じます。

こちらの三兄弟の幼虫は、全く同じ日に終齢幼虫で1本目のマットに入れて2月3日に2本目のマットに交換しました。
まだまだ伸びそうな勢いがあるので今後の成長が楽しみです。

ヒラタクワガタの幼虫は、割り出し時に摂食障害(通称:ブヨブヨ病)があるので若齢幼虫(初二齢時)に気付かずにボトルに入れてしまうと消滅(死亡)してしまうので注意が必要です。
※特に気温が下がり始める秋以降に産卵セットを割り出さずに引っ張りすぎるとマットや産卵木が劣化して発症率が高まる傾向があるのでご注意ください。

幼虫のブヨブヨ病について

本土ヒラタ68ミリ昨日の羽化チェックで菌糸ビン→マット飼育の本土ヒラタ(福岡県福津)68ミリが羽化していましたがこの個体を超える大きさで羽化してほしいと思っています。