ミシマイオウノコギリとコクワガタ50ミリの羽化

今日の福岡県福津市(北部九州)は、蒸し暑い一日でした。
日中の気温は、高いですが夕方以降は、徐々に秋っぽい感じになっています。
※夜になると鈴虫や松虫など秋の虫の心地よい音色が響き渡っています。

今回は、前回に引き続き最新羽化のクワガタの紹介をしたいと思います。

ミシマイオウノコギリ62ミリ画像は、2018年8月最新羽化のミシマイオウノコギリ62ミリのオスです。
三島硫黄島に生息するノコギリクワガタの亜種です。

夏になって少しずつ羽化していますので秋以降に大型サイズが羽化するかもしれません。

●エサ交換のリレーは、下記の通りです。

・1本目(2017年11月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月26日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年6月下旬に前蛹(蛹の直前段階)になっていたので3本目の交換無し。

2本目からは、いつもの様に菌糸ビンからマットへの切り替え飼育です。

ミシマイオウノコギリは、近日中に販売できると思います。

ミシマイオウノコギリの販売コーナー>>>

 

コクワガタ49ミリこちらも8月最新羽化のコクワガタ49ミリ(49.5ミリ前後)の大型個体です。
※50ミリには、あと一歩及びませんでした。

昨年採集した天然のメスを産卵させて産まれた幼虫を育てました。

コクワガタの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年9月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月17日、終齢幼虫):オオクワマット飼育ボトル550cc木製マットプレスで超固詰め)

・3本目(2018年4月2日、終齢幼虫):オオクワマット※容器は2本めと同じ。

⇒2018年7月16日に蛹になっていたのを確認したので4本目の交換無しです。

クワガタの成長過程

 

コクワガタ50ミリこちらも同じく8月最新羽化のコクワガタ50ミリ(50.5ミリ前後)の特大サイズのオスです。

エサ交換のリレーは、先ほどの49ミリと同じなので省略します。

今年は、漸く8月になって50ミリオーバーが羽化してくれました。
※現時点では、1ペアのみなので早い者勝ちですが時間がある時に出品しておきます。

コクワガタの販売コーナー>>>

昆虫マットの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)