アマミノコギリ、ミシマイオウノコギリ、壱岐産ノコギリの大型個体の羽化

9月下旬の三連休は、久し振りに晴れて過ごしやすい天候になりました。

今回は、8月下旬から9月上旬に掛けて羽化したノコギリクワガタの仲間の大型個体を紹介したいと思います。

アマミノコギリ77.5ミリ画像は、最新羽化のアマミノコギリの極太系水牛77ミリ(77.5ミリ前後)の超大型個体です。
アゴを大きく開いた時の迫力がハンパないです。

虫吉のパーソナルベスト記録と同じサイズですが間違いなくこちらの方が湾曲が効いてカッコ良いです。

昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てました。

アマミノコギリの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記の通りです。

・1本目(2017年9月3日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月22日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年5月26日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年7月16日に前蛹(蛹の直前段階)になっていたので4本目の交換無しです。

2本目からは終齢幼虫になっていたのでじっくりと大きく育てる為に無添加虫吉マットでの飼育へ切り替えました。(菌糸ビンからマット飼育への切り替え飼育です。)

ノコギリクワガタの仲間の幼虫は、菌糸ビン飼育の際に突然、暴れと呼ばれる菌床の掻き混ぜ行動を起こして激縮みしてしまう事が多いので1本目の菌糸ビンで大きく育つ素質を持った終齢幼虫まで育てた後で無添加虫吉マットで最大限まで大きく育て上げるイメージで飼育しています。

無添加虫吉幼虫マットは劣化が遅く、添加剤入りの強制発酵マットと異なり、ボトル内で腐敗を伴う発酵ガスや発酵熱が発生しないので固く詰め込んでも安心安全な昆虫マットです。

ノコギリクワガタの場合、強く詰め込んだ方が4ヶ月に1回の交換頻度で済むので幼虫への負担やストレスを軽減できるだけでなく今回の様な少しズボラ気味の飼育も可能です。
ボトルへのマットの詰め込みが弱いと途中で緩んでしまい糞食や肥大化した蛹室を作ってアゴずれや羽化不全の原因になってしまうので注意が必要です。

水を加えると劣化が早まってしまいますので無加水でご使用ください。

今回の個体は、翅が硬くなり次第にサイトにアップします。

ミシマイオウノコギリ66.7ミリこちらは、8月下旬最新羽化のミシマイオウノコギリのカッコいい水牛タイプ66ミリ(66.7ミリ前後)の超大型個体です。(こちらも虫吉のパーソナルベストと同じサイズです)

屋久島や黒島のノコギリの様に赤みや太さは有りませんが珍しい種類です。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月25日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年8月7日に蛹になっていたので3本目の交換無しです。

交換時期が微妙だったので初夏の交換を省略したズボラ飼育で羽化しました。
※ノコギリクワガタの仲間は、オスでも10から15グラム前後にしかならないのでエサ交換を1回飛ばしても大丈夫ですが他のクワガタは糞食を起こしてしまうのでズボラを避けてください。

ミシマイオウノコギリは、今回の個体以外にも少しずつ羽化していますので翅が硬くなり次第に出品予定です。

壱岐産ノコギリクワガタ68.5ミリこちらは、9月上旬最新羽化の壱岐産ノコギリクワガタの水牛68ミリ(68.5ミリ)の大型個体です。
アゴが長くてカッコ良い個体だと思います。

昨年入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てて羽化させました。

●エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年11月24日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年7月16日に前蛹になっていたので3本目の交換無しです。

ノコギリクワガタの仲間は春先のエサ交換の際に大きな幼虫に育っておりましたので今後も更なる大型個体が羽化するかもしれません。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>