サキシマヒラタ、イキヒラタ、オキナワヒラタなど大型個体の羽化

週明けの福岡県北部は、生憎の雨天で肌寒い一日でした。

今回は、現在行っている羽化したクワガタの掘り出しで出てきた個体を少しだけ紹介したいと思います。

11月になってヒラタクワガタの仲間の羽化が始まっています。

オキナワヒラタ70.8ミリ画像は、11月上旬最新羽化のオキナワヒラタクワガタ(国頭村)70ミリ(約70.8ミリ前後)の大型個体です。

虫吉のパーソナルベストのタイ記録です。

今年の初めに久米島産のオキナワヒラタ70ミリの情報をお伝えしましたが今回は、沖縄本島産の70ミリオーバーです。

今月に入り、70ミリ級と思しきオキナワヒラタが他にも羽化していますので大型個体が羽化した際は、紹介したいと思います。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2018年3月12日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年6月11日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年10月14日に既に蛹になっていたので3本目の交換は行っていません。
(おそらく9月中旬頃には蛹室を作り始めていたと思います。)

ヒラタクワガタの仲間の幼虫は、菌糸ビン飼育の際に終齢幼虫の後半で突然、暴れと呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜ行動を起こして激縮みしやすいので2本目からは無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

無添加虫吉幼虫用マットは、一般的な添加剤による強制発酵マットと異なり、添加剤特有の幼虫に有害な発酵ガスや発酵熱が発生しないので幼虫へのストレスや刺激を抑えてじっくりと大きく育てる事が可能です。

飼育のイメージとしては、1本目の菌糸ビンで大型化の素質を持った終齢幼虫まで育ててからマットで伸びしろの最大限まで育てる感じです。

なお、ご自身で虫吉マットをお詰めになられる場合は、思いっきり硬く詰めていただいてかまいません。
その方が交換頻度を3から4ヶ月に1回に抑える事ができますので幼虫への負担を減らす事が可能です。

今年の夏は、猛暑の影響で例年よりも少しだけ冷房の効きが悪かったので夏を挟んだ幼虫は、若干早く蛹化が始まったようです。

今回の個体は、来週頃に販売できるかもしれません。

イキヒラタ73ミリこちらも11月最新羽化のイキヒラタクワガタ73ミリのカッコ良い個体です。

イキヒラタは、少し前から羽化が始まっていますが徐々にサイズアップしています。

●エサ交換のリレーは下記の通りです。

・1本目(2018年2月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年5月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月25日に前蛹(蛹の直前段階)になっていたので3本目の交換無し。

2本目からは、いつもの様に菌糸ビン→無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えています。
※終齢幼虫で菌糸ビンに入れると暴れて小型化する事が多いので勿体ないのでマット飼育への切り替えをお勧めしています。

イキヒラタは、翅が固まった物から順次販売しています。

イキヒラタの産卵方法を紹介した記事です。>>

サキシマヒラタ74ミリオーバーこちらも11月に羽化したばかりのサキシマヒラタクワガタの74ミリ(限りなく75ミリに近い)の大型個体です。

●下記のエサ交換リレーです。

・1本目(2018年3月22日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年6月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月28日に前蛹(蛹の直前段階)になっていたので3本目の交換無し。

1本目の投入から半年で蛹化が始まりましたが早く羽化した割には大きく育ってくれたと思います。

サキシマヒラタも徐々に大きな個体が羽化し始めていますので翅が固まり次第に販売いたします。

サキシマヒラタの産卵方法を紹介した過去の記事です。>>

今年も残り1ヶ月半を切ってしまいましたので今月は急ピッチで飼育(主に幼虫のエサ交換)を進めたいと思います。

面白い情報がございましたら紹介したいと思います。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください