オキナワヒラタ70ミリなど大型クワガタの羽化情報

今日の福岡県北部は、先週までの寒さ程ではありませんが寒い一日でした。

外は、寒いですが虫吉のクワガタの幼虫繁殖場の温度は、20から22℃くらいに保たれていますので一年を通して新成虫が羽化しています。
※成虫は、寒い場所で冬眠中ですが・・・。

今日は、月末の羽化チェックで出て来た大型個体を少しだけ紹介したいと思います。

オキナワヒラタ(久米島産)70ミリ先ず、最初は、2018年1月最新羽化のオキナワヒラタ(久米島産)70ミリの超大型個体です。

※追記:アゴに少し凹みが有りましたのでオキナワヒラタ(久米島産)訳あり70ミリのコーナーで販売いたしました。

この種類は、幼虫が度々20グラムを超えるのですが70ミリの壁があり68から69ミリで止まっていました。

ボトルから出した瞬間の重量感で直ぐに70ミリだと分かりました。
勿論、虫吉のパーソナルベストを更新です。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年1月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年4月21日、終齢幼虫/投入時8グラム):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年10月14日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2017年11月21日に前蛹(ぜんよう)になっていたので4本目への交換無し。

⇒2018年1月10日羽化。

2本目は、終齢幼虫の菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を回避してストレスを減らしてじっくりと時間を掛けて大きく育てる為に無添加虫吉マットでの飼育へ切り替えました。

無添加虫吉幼虫マットは、異常なほど持ちが良いので適切なサイズの容器に固く詰めておくと3から4ヶ月毎の交換で済みます。

1本目の菌糸ビンから2本目のマットへ切り替える前までは、8グラムの極小サイズ(頭部が大きく素質がある幼虫)でしたが驚異的な伸びで大きく育ってくれました。

2本目から3本目の間隔が空いている理由は、気温が上がりやすい夏にサナギや羽化する事が多いので様子見の為に夏の交換を省略したからです。
※結果的に交換によるストレスを与えずに大型化したと思います。

ノコギリクワガタ70ミリ画像は、2018年1月上旬羽化の国産ノコギリクワガタの70ミリのオスです。
虫吉では、画像の様にギリギリサイズの場合、1ミリ切り下げてサービス販売していますので69ミリペアでの販売になると思います。

※但し、ノコギリの大型個体特有の二年一化型(2年の幼虫期間で羽化する事)なのでメスの羽化が確認できていないというオチがあります。
(同時期のメスの幼虫は、1年早く羽化していると思います。)

因みに2016年の夏に採集した天然個体のメスで産卵セットを組み産まれた幼虫を飼育しました。

ノコギリクワガタの産卵方法

●エサ交換のリレーを紹介します。

・1本目(2016年9月18日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・2本目(2017年1月27日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年6月5日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年10月19日、二齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2017年11月上旬に蛹室(ようしつ)を作っていたので5本目の交換なし。

マット交換は、若干間延びした部分もありますが基本的に4ヶ月毎の交換で飼育しました。

ヤクシマコクワ49ミリ最後になりますが画像は今月最新羽化のヤクシマコクワ49ミリの大型個体です。
若干、早期羽化なので50ミリに0.数ミリだけ及びませんでしたが太くてカッコいい個体です。

昨年の初夏に入荷した天然採集品のメスで産卵セットを組み産まれた幼虫を育てました。

ヤクシマコクワの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年7月20日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月4日、終齢幼虫):オオクワマット(飼育ボトル550cc木製マットプレスでカチカチに押し詰めた物)

⇒2017年12月5日に前蛹になっているのを確認⇒2018年1月15日羽化です。

いつもの様に菌糸ビン→マットへの切り替え飼育です。

ヤクシマコクワは、翅が固まり次第に販売予定です。