壱岐産ノコギリクワガタの2018年最後の羽化紹介

2018年も残り1週間を切り、虫吉の年内の業務も27日、28日の2日間を残すのみになりました。

先日のブログでお伝え出来なかった年内最後の羽化チェックで確認した離島産ノコギリクワガタの情報をお伝えしたいと思います。

※今回は、70ミリオーバーの壱岐産ノコギリクワガタの紹介です。

壱岐産ノコギリクワガタ71ミリ

画像は、2018年12月上旬羽化の壱岐産ノコギリクワガタの超特大71ミリ(約71.5ミリ)のオスです。

壱岐産のノコギリクワガタは、本土のものよりも大型化しやすい様で少し前に72ミリが羽化しています。

自然界で75ミリオーバーの採集例が多数ある様でノコギリクワガタの飼育ギネスを狙えるのは壱岐産しかいないかもしれません。

因みに壱岐のノコギリクワガタの採集ギネスは、77ミリです。
※前回のブログで紹介したアマミノコギリクワガタと同じサイズなので見てみたいです。

2017年に入荷した天然のメスを産卵させて以下のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月4日、二齢):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月11日、終齢):無添加マットボトル850cc

・3本目(2018年6月14日、終齢):無添加マットボトル850cc

→11月12日に既に蛹になっていたのを確認したので4本目の交換無しです。

先日、紹介したトカラノコギリクワガタやアマミノコギリクワガタ(リュウキュウノコギリの仲間)と異なり、本土ノコギリクワガタの仲間は、ブナではなくクヌギの方を1本目に与えた方が大きく育つ様です。

1本目からマットボトルでの飼育でも良いと思いますが人手不足で追いつかないので断念しています。
(超固詰めマットボトルは、1時間に16本しか詰める事ができません。)

1本目の菌糸ビンで一気に終齢まで育てた後は、菌糸瓶に入れると暴れ(菌床の掻き混ぜ)で激縮みをしてしまう可能性が高いので、添加剤の腐敗による発酵ガスや発酵熱が存在せずに持ちが良いマットボトルを4ヶ月間引っ張り倒すズボラ気味の飼育で大型化させました。

ノコギリクワガタの幼虫は、大型のオスでも12から15グラム前後(ほぼ離島産ヒラタクワガタのメスの幼虫の体重と同じ)にしかならならず、交換回数が増えるとストレス痩せを起こした際に大きなサイズロスに繋がってしまうので、低ストレス、低刺激の環境でできるだけ手間を掛けない方法が良策だと個人的に考えています。

ズボラ飼育は、良い意味で使っています。

※放置プレーの様に感じる方も多いかもしれませんが無添加虫吉幼虫マット(マットボトルの中身のマット)は、死亡率が低い事が最大のメリットなので問題ありません。

因みに無添加虫吉幼虫マットは、ボトルに固く詰め込んでいただいた方が緩みにくいので確実に交換頻度を落とす事ができます。

詰め込みが弱すぎた際に緩んだマットで蛹化させると肥大化した蛹室(蛹に対して大きすぎる空洞)を作ってしまい寝返りを打てずに羽化不全やアゴの変形(アゴズレ)を起こすリスクが高まるので注意が必要です。

先日のトカラノコギリクワガタやアマミノコギリクワガタを含め、年内のスケジュールにもよりますが出品出来る様に頑張ってみます。

※写真の個体での出品につき、準備に時間が掛かってしまいますので年内に間に合わなかった場合は、申し訳ございません。