チョウセンヒラタとオキノエラブヒラタの最新羽化情報

今日の福岡県は、真夏並みの暑さで福岡市内では30℃を記録した様です。
※福津市は、27から28℃位だと思いますがマットボトルを詰めていると汗が流れ落ちるほどの蒸し暑さでした。

今日も前回に引き続き4月下旬までに羽化したクワガタの情報をお伝え致します。

チョウセンヒラタ47ミリ画像は、4月に羽化したばかりのチョウセンヒラタ(対馬産)47ミリのオスです。

チョウセンヒラタは、朝鮮半島と日本の対馬のみに生息する少し変わった小形のヒラタクワガタです。
鋭く尖った独特のアゴを持っています。
※弧を描くような綺麗なアゴのラインも特徴です。

産卵方法は、一般的なヒラタクワガタの産卵セットで大丈夫です。

チョウセンヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■因みに下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年9月10日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月6日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月17日にサナギになっていたのを確認したので3本目への交換は無しです。

2本目は、終齢幼虫で菌糸ビンに入れると暴れ(菌床の掻き混ぜ)のリスクが上がるので低刺激、低ストレスの無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

チョウセンヒラタ48mmこちらも先ほどと同じく4月最新羽化のチョウセンヒラタ48ミリの大型のオスです。

最初にご紹介した47ミリと全く同じエサ交換リレーです。
1本目:ブナ菌糸ビン→2本目:マットボトル850cc

→2017年3月3日に前蛹(蛹になる直前段階の幼虫)になっていたので3本目へのエサ交換は行っていません。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

チョウセンヒラタ51ミリこちらは、今回最大サイズのチョウセンヒラタ51ミリの大型個体です。
※元々が小型の種類なので51ミリでも大きなサイズです。

こちらも先ほどの2匹と全く同じエサ交換リレーです。

1本目(2016年9月10日)ブナ菌糸ビン550cc→2本目(2016年12月6日)マットボトル850cc。
→2017年3月17日前蛹になっていただので3本目へのエサ交換無し。

なお、基本的に菌糸ビンは2から3ヶ月後の交換、マットは3から4ヶ月毎の交換をお勧めします。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

チョウセンヒラタの通販コーナー>>>

オキノエラブヒラタ67ミリこちらも4月最新羽化のオキノエラブヒラタ67ミリの大型個体です。(未だ真っ赤です)
※左アゴに目立つ凹みがあるので訳ありクワガタでの販売になると思います。

オキノエラブヒラタは、画像では伝わりにくいですがアゴの裏に微毛があり、ガッチリとしたアゴを持った個体が多いです。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月7日、終齢幼虫):マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):マットボトル850cc

→2017年2月27日に前蛹になっているのを確認。

オキノエラブヒラタの通販コーナー>>>

羽化して間もない新成虫のクワガタの飼育には、フカフカ粒子で昆虫に優しいココパウダーマットがオススメです!

今回ご紹介させていただいたクワガタのうち、チョウセンヒラタのみ直ぐに販売可能です。

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)