アマミノコギリやヤクシマノコギリ等の羽化情報

今日の福岡県福津市(九州北部)は、梅雨の晴れ間の少し蒸し暑い一日でした。
※但し、日中と夜間の温度差が大きく夜になると少し肌寒く感じます。

先ほど、クワガタの採集に出かけたのですが小さなノコギリクワガタのペアとコクワガタのペアを見掛けるくらいで収穫に関してはサッパリの状態でした。

今日も前回に引き続き、最新羽化のクワガタのご紹介をしたいと思います。
今回は、離島産ノコギリクワガタです。

アマミノコギリ76.5ミリ画像は最新羽化のアマミノコギリ76ミリ(76.5ミリ前後)の特大サイズのオスです。
今年の1月以来の大型個体です。

この個体は、2015年秋に天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てたもので羽化までに1年半ほど掛かっています。
2015年11月上旬に割り出した産卵セットの割りカスから採取した幼虫です。

アマミノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2015年12月13日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年2月28日、終齢初期):ブナ菌糸ビン850cc

・3本目(2016年5月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2016年10月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月に前蛹(サナギの直前段階の幼虫)になっていたので4本目の交換は無しです。

→2017年4月14日にサナギになっているのを確認→2017年5月20日羽化です。

冬から春は、18から20度前後の少し低めの温度での飼育につき、前蛹とサナギの期間が長くなり羽化までに少し時間が掛かっています。

※4本目の交換以降は、少しズボラの様に感じますが実際は、朝晩の気温の低下の影響で蛹室を作ってから前蛹になるまで1ヶ月前後かかっていますので交換をせずに様子を見ています。

なお、3本目からは終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ)を起こして縮まない様に無添加虫吉幼虫マットでストレスを与えない飼育方法へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

今回紹介のアマミノコギリは、未だ翅が柔らかいので今月末か7月の販売になるかもしれません。

アマミノコギリの通販コーナー>>>

ヤクシマノコギリ63.9ミリこちらは、1匹だけ早期羽化していたヤクシマノコギリの63ミリ(現時点で63.9ミリ)の特大サイズです。
アゴの湾曲が効いたバランスの良いカッコいい個体だと思います。

虫吉が羽化させたヤクシマノコギリの記念すべき第一号です。
※勿論、虫吉が羽化させたクワガタのパーソナルベストです。

クロシマノコギリに比べて明らかに胴体や足などのパーツが一回り細く、腹部もスマートです。

昨年の夏に入荷した天然個体を産卵させて産まれた幼虫を育てて羽化させました。

ヤクシマノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年10月10日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月に蛹になっているのを確認→2017年5月30日羽化です。

ノコギリクワガタの仲間は、菌糸ビンで一気に終齢幼虫まで育ててからマット飼育へ切り替えてじっくりと育てた方が大型化しやすいです。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

今年1月のマット交換の際に16グラムの超特大幼虫がいた記憶が有りますので更なる大型個体の羽化が楽しみです。

今回ご紹介の個体は、未だ翅が柔らかい事に加え、メスの羽化確認待ちなので天然個体の方が先に入荷するかもしれません。

※天然個体は、屋久島の天候次第になりますが6月中旬から下旬に掛けて入荷すると思います。(現在も晴れた日にクワガタの発生状況の確認をお願いしています。)

ヤクシマノコギリクワガタの通販コーナー>>>

クロシマノコギリ63ミリこちらは、同じく最新羽化のクロシマノコギリ63ミリです。

先ほど紹介したヤクシマノコギリと殆ど同じサイズですが明からに体全体が太くて丸みを帯びています。

ヤクシマノコギリよりも気性が荒く、メスを一緒に飼育すると高確率で真っ二つにされてしまいます。

産卵時の交配(ペアリング)の際は、オスのアゴを縛る方法で行う必要があります。

クロシマノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年5月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年1月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月11日にサナギになっているのを確認→6月1日羽化。

少し交換が間延びしてしまった感じも有りますがノコギリクワガタの仲間の場合だと基本的に菌糸ビンは3ヶ月毎の交換、マットは4ヶ月毎の交換で大丈夫です。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

今回の羽化チェックでは、もう1匹大きめの個体が羽化していました。

クロシマノコギリ66.9ミリこちらの写真は、クロシマノコギリ66ミリ(現時点では66.8ミリ)の特大サイズです。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年5月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年1月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月11日にサナギになっているのを確認→5月27日羽化。

今回ご紹介のクロシマノコギリは、メスの羽化状況次第になります。
※仮に販売可能な場合は、6月下旬から7月頃になるかもしれません。

クロシマノコギリの通販コーナー>>>

羽化して間もないノコギリクワガタの飼育には、フカフカ粒子で昆虫に優しいココパウダーマットがオススメです。

 

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


アマミノコギリやヤクシマノコギリ等の羽化情報” への2件のコメント

  1. 虫吉 小澤様
    いつもお世話になります。家の虫吉さんで購入したヤクシマノコギリの子ども達は菌糸瓶550cc→無添加マットボトル(4月下旬に交換)で今3令です。交換のタイミングを教えて頂いたお陰ですくすく育っているようです。
    早期羽化しない様次回交換の9月まで様子見ですが。。
    ブログの様な立派な個体になってくれるのを祈るばかりです。

    • YS様

      いつもお世話になっております。
      クワガタ工房 虫吉です。
      コメントありがとうございます。

      今回の個体は、早期羽化の割りに立派で形が良いので少し驚きました。
      ※思わず写真ギャラリーに追加してしまいました。

      当店の飼育結果及びお客様からのご報告の限りでは、ノコギリ系の場合、4から5月迄にマット交換を済ませて夏の交換を省略した方が明らかに大型化している様です。
      但し、関東は梅雨明け後の気温が高くなるので温度の上昇にはご注意ください。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。