ヤクシマノコギリなどノコギリクワガタの幼虫の菌糸ビン交換

今日の九州北部は、小雪が舞う寒い一日でした。

今回も前回に引き続き、離島産ノコギリの幼虫を中心にエサ交換の様子をお伝えしたいと思います。

幼虫の菌糸ビンやマットの交換方法>>>

アマミノコギりの幼虫最初の画像は、昨年の10月8日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入したアマミノコギリの終齢幼虫です。

1本目にしては、結構育っている方ですが先日紹介した22グラムの幼虫には及びませんが、まだまだ伸び白が有りそうな感じです。

今年は、例年よりも少し早目に天然個体の産卵セットを組んだので年末から年始に掛けて2本目への交換を迎えています。

アマミノコギリの産卵方法>>>

アマミノコギりの幼虫をマットボトル850ccへ入れました。2本目は、いつもの様に無添加虫吉マットボトル850ccへ投入しました。

劣化が遅い事に加え強く詰め込んでいるのでノコギリクワガタの仲間の幼虫なら4ヶ月間に1回の交換間隔で済みます。

また、菌糸ビンの様に途中の暴れ(菌床の掻き混ぜ)が無いのでストレスを掛けずにゆっくりと大きく育ちます。

菌糸ビン→マットへの切り替え飼育について>>>

ヤクシマノコギリの幼虫こちらも昨年(2017年10月8日)に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したヤクシマノコギリの終齢幼虫です。

勿論、昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させました。
(ヤクシマノコギりの産卵方法>>>)

ノコギリクワガタ(本土産)よりも一回り太いタイプのクワガタなので幼虫の体重も若干重たくなります。

ヤクシマノコギりの幼虫をマットボトルに入れました。
2本目は、マットボトル850ccへ投入しました。
この時点(1本目食い上げ時点)で12グラムあるので60ミリを大きく超える個体が羽化すると思います。

但し、昨年の1月は11本目で最大16グラムの幼虫が2匹いて1匹はギネス超級の68.5ミリで羽化したので残りの幼虫に期待したいと思います。

ヤクシマノコギリ16グラムの幼虫の記事>>>

ヤクシマノコギリ68.5ミリの羽化の記事>>>

ミシマイオウノコギリの幼虫こちらも2017年10月8日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したミシマイオウノコギリクワガタの終齢幼虫です。

オスは概ね11グラム前後の体重で出てきました。
今年羽化すると思いますが60ミリを超える大きさで羽化しそうな感じです。

トクノシマノコギリの幼虫16グラムこちらは、2017年9月22日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したトクノシマノコギリの幼虫です。

1本目で16グラムは、結構大きな方だと思います。

マットボトルに入れたトクノシマノコギリの幼虫2本目は、いつもの様にマットボトルへ投入ですが次の交換の4ヶ月後は、17から18グラムくらいまで伸びているかもしれんが交換のストレスのよる縮みの可能性もあるのでギリギリまで引っ張ってズボラ気味の飼育にするか迷うところです。
※ズボラ飼育は、持ちが良い無添加虫吉マットならではの方法です。

国産ノコギリクワガタの幼虫こちらは、2017年9月23日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したノコギリクワガタの終齢幼虫です。
国産ノコギリクワガタの解説

今年は、秋口のマット詰めが追い付かずに止む無く1本目だけ菌糸ビンを使いました。

ノコギリクワガタの産卵方法>>>

ノコギリクワガタの幼虫をマット飼育へ切り替えました。2本目は、マットボトル850ccへ投入してズボラ気味の飼育(4ヶ月毎の交換)へ切り替えました。

先日のブログで紹介した66から68ミリは、幼虫時の体重が9から10グラムだったので上手く育ってくれると面白いサイズが出るかもしれません。

先日紹介したノコギリクワガタの羽化の記事>>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

菌糸ビンの販売>>

昆虫マットの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)