タカラヒラタや本土ヒラタ等の羽化状況

今日も九州北部は、梅雨の曇り空の一日でした。

今回も現在羽化しているクワガタの紹介をいたします。

タカラヒラタ70から71ミリ画像は、5月下旬羽化のタカラヒラタ70ミリから71ミリの綺麗な極太系のオスです。
※出品時に71ミリが際どい場合は、70ミリで販売いたします。

今年は、訳あり品を合わせると70ミリの大型個体が既に何匹か羽化しており久しぶりに大型個体を拝めました。

タカラヒラタの産卵方法を紹介したブログ記事>>>

 

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年6月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月29日に前蛹(蛹になる直前段階の幼虫)になっているのを確認したので4本目への交換無しです。【クワガタの幼虫の成長過程について

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ行動)による縮み(サイズのロス)を防ぐ為に無添加虫吉マットでストレスを与えない様に飼育しました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

※勿論、新しいマットボトルに入れ替える際も予め温度慣らしを1から2日ほど行って温度差を無くした状態で投入しています。

基本的にエサ交換は、菌糸ビン:2から3ヶ月毎、マットボトル:3から4ヶ月毎で行う様にしていますが若干前後する場合もございます。

今回の画像の個体は、早ければ6月下旬から7月に掛けて販売できるかもしれません。
※先に以前ご紹介した71ミリオーバーの訳あり品を販売すると思います。

タカラヒラタの通販コーナー>>>

クワガタ工房虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

本土ヒラタ69.9ミリ(内歯小突起消失型)こちらは、最新羽化の本土ヒラタ69ミリ(限りなく70ミリに近い)特大サイズのオスです。
今回羽化した本土ヒラタの最大サイズでした。(現在、蛹も多いので今後も羽化します。)

画像の個体は、内歯の小突起が完全に消失した個体(通称:ギザ無しヒラタ)です。

下記の本土ヒラタを紹介したページでも少し触れていますが飼育下、自然界共に低い確率で出現します。
※遺伝なのか幼虫のエサのphなどの環境要因なのかは不明です。

本土ヒラタの紹介(解説)>>>

昨年の晩夏に天然個体のヒラタクワガタのメスを産卵させて産まれた幼虫を育てた個体です。

本土ヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年10月1日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月1日に前蛹になっているのを確認→5月30日羽化です。

※冬から春は、朝晩の冷え込みで繁殖場内の温度が18度を下回る事も有ったので若干、前蛹および蛹の期間が長くなっていると思います。
(冬場は基本的に20℃前後で飼育しています。)

こちらも6月下旬以降の販売になると思います。
大型個体につき、商品ページの写真を実物に差し替えて販売すると思いますので興味がある方は、どうぞ宜しくお願い致します。

本土ヒラタの通販コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

ヤマトサビクワガタ26ミリ画像は、5月に羽化したヤマトサビクワガタ26ミリの特大サイズのオスです。
小型種なので26ミリでも大きな方です。

動きが少なく、不思議系の変わったクワガタです。
産卵セットを組んで2か月ほど経過したら、いつの間にか産卵木から大量の幼虫が出てくる事が有ります。

ヤマトサビクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

今回は、2016年7月25日に無添加虫吉幼虫マットを飼育ボトル550cc木製マットプレスを用いて固く詰めた物に投入して交換無しで羽化させました。
※本来は、11月に1回交換した方が手堅く羽化すると思います。

今回のヤマトサビは、近日中に販売できると思います。

ヤマトサビクワガタの通販コーナー>>>

羽化して間もないクワガタの飼育には、フカフカ粒子で昆虫に優しいココパウダーマットがオススメです。

昆虫マットの販売>>> ●菌糸ビンの販売>>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)