ヤマトサビクワガタの産卵セット(産卵方法の紹介)

本日、九州北部も梅雨入りして午前中は蒸し暑く、午後からは雨の一日でした。
流石に今日のクワガタ採集はお休みです。
南西諸島や沖縄方面のクワガタもこれからの季節(6から8月)が最も産卵効率が上がります。

今日は、徳之島に生息する珍種のクワガタの代名詞、ヤマトサビクワガタの産卵方法を紹介したいと思います。

先ず、このクワガタの産卵のポイントは、マットだけでなく産卵木も重要な事です。
また、セットから割り出し(幼虫採取の事)まで普通に2から3ヶ月ほど掛かってしまい忘れた頃に幼虫が大量に出て来る事が多々ある事です。

以上の事を踏まえ『やや柔らかめ(言い換えると程良く硬め)』の産卵木の準備が必要です。
最初から軟材(柔らか過ぎて手で裂ける産卵木:スルメ材ともいう)は、産卵用マットに長期間埋め込んでいる間にフニャフニャの腐葉土質に朽ちてしまうので避けてください。

クヌギとコナラの産卵木をバケツに入れて加水します
画像は、ヤマトサビクワガタの産卵に適した固さのコナラ産卵木(画面上)とクヌギ産卵木Mサイズ(画面下)をバケツにいれて加水しています。
※案外、選り好みをするので保険の為に異なる樹種の産卵木を使用しています。

九州産の産卵木の販売はコチラ>>>

漬物石を用いて産卵木の加水時間を短縮
適当に水が溜まったら漬け物石(2から4キロ用の物で十分です)を乗せて重しをします。
これで産卵木に直ぐに水が染み込み加水時間の短縮が可能です。
1.5から2時間もあれば殆どの産卵木の加水は完了します。
時間がない方に超オススメテクニックです。

産卵木の日陰干し(水切り)
産卵木の日陰干し(水切り)の様子です。
逆さまにしたカゴの上に置くと水切れが早くなります。(雑虫予防にもなります)
約6から8時間(概ね半日ほど)日陰干しをして余分な水分を切ります。
※白いカゴは、近所の八百屋のおじさんに頂いたものですがザル状になっていれば何でも構いません。

産卵木の樹皮を剥がします
産卵木の樹皮を完全に剥がします。
ステーキナイフを使うと楽です。(安価な物で構いません)
※向かって右の産卵木にある1センチ前後の白い丸い部分は、キノコのコマ菌を打った後に伏せるフタです。そのまま使用しても大丈夫です。

産卵マットをマットプレスで固めます
Beケース(中)産卵マットを入れて底の5から7センチの部分だけマットプレスでカチカチに固めます。
※画像の様に玄関マットを下敷きにして作業を行うと飼育容器の割れ防止になります。

マットの上に産卵木を乗せます
Beケースは上に行くほど幅が広がるので上記の様に2本の産卵木が上手く収まる迄マットを固めて入れます。
上の写真の様に産卵木と産卵木の間にクワガタ(メス)が入り込める隙間を作るのがポイントです。

隙間に産卵マットを押し込みます
画像の様に産卵木と産卵木、もしくは産卵木と容器の間に隙間が出来ない様に産卵マットを手で押し込みます。
産卵木を乗せた上の部分は、カチカチに固める必要はありません。

ヤマトサビクワガタの産卵セット完成
産卵木を完全に埋め込んでヤマトサビクワガタの産卵セットの完成です。

ヤマトサビクワガタの産卵セット(真横から)
横から見たヤマトサビクワガタの産卵セットです。
※飼育容器の傷は、何年も使って年期が入っている為に出来た物です。
お見苦しくてスミマセン(汗)

ペアリング中のヤマトサビクワガタ
1週間ほど前からBeケース(ミニ)で交配(ペアリング)中のヤマトサビクワガタのペアです。
背中の微網に泥を付着させてサビ色になるのですがダニ取りマットを入れているので一時的に面白い色になっています。
この種類のクワガタは、基本的にオスとメスが仲良しで喧嘩をしないので常時同居飼育が可能です。
因に小さな容器でペアリングさせた方が交配する確率が上がるからです。
(その為に産卵も早く始まる場合もあります)

ヤマトサビクワガタのペアを産卵セットに投入
産卵セットにエサの昆虫ゼリーとペアを投入します。
容器の中には、プチエサ皿イエロー果汁ゼリーをセットしています。
エサ皿はお好みで大丈夫です。

割り出し迄に2から3ヶ月掛かる事もあるので気長に待つしかありません。

過去のヤマトサビクワガタの産卵(爆産)の記事はコチラ>>>

 

産卵木やマットなどクワガタ産卵用品の販売はコチラ>>>

産卵に最適!国産プレミアム昆虫ゼリーの販売はコチラ>>>

コバエ防止飼育ケース(Beケース)の販売はコチラ>>>