ヤクシマスジクワガタやコクワガタの羽化

ゴールデンウィークも終わり、いよいよクワガタの羽化ラッシュが始まりました。
今日は、羽化したクワガタの中から少しだけ紹介してみたいと思います。

ヤクシマスジクワガタ
画像は、最新羽化のヤクシマスジクワガタ37ミリ(正確には37.5ミリ前後)の特大サイズのオスです。
虫吉のパーソナルベストのサイズですが今回は同サイズが2匹羽化しました)

ヤクシマスジクワガタは、屋久島に生息するスジクワガタの亜種です。
※日本に生息するスジクワガタの唯一の亜種です。
赤褐色で人気のクワガタです。

2015年8月22日にオオクワマット飼育ボトル550ccマットプレスで超固詰め)で1本で羽化させました。

スジクワガタ系の幼虫は、コクワガタよりも更に小さいので交換時に潰してしまう恐れが有るので1本で羽化させました。
※真冬は20から22℃の加温飼育なので3月に蛹化しました。

こちらは、近日中に販売出来そうです。

コクワガタ
こちらは、コクワガタ(国産コクワ)の49.5ミリの超特大サイズです。
※最近、50ミリのお問い合わせをよく頂きますが今回は微妙に及びませんでした。
(50から51ミリは、羽化していましたが羽化不全気味でした。)

夏の天然採集のコクワガタのメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を下記のエサ交換で羽化させました。

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>

・1本目(2015年8月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2015年10月27日、終齢幼虫):オオクワマット(飼育ボトル550ccにマットプレスで超固詰め)

・3本目(2016年2月21日、終齢幼虫終期):オオクワマット(2本目と同じ)

コクワガタの仲間は、終齢幼虫後半になると菌糸ビンで暴れ(菌床の掻き混ぜ)を起こしやすくなるので死亡やサイズのロスを防ぐ為にマット飼育へ切り替えています。
こちらも直ぐに販売可能です。

トクノシマコクワガタ
こちらは、トクノシマコクワガタの36ミリの特大サイズです。
40ミリには遠く及びませんが色が赤っぽくて綺麗な個体です。
※体色は、個体差の範囲で黒と赤っぽい色が出ます。

下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2015年8月2日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2015年10月22日、終齢幼虫):オオクワマット(飼育ボトル550ccにマットプレスで超固詰め)

・3本目(2016年2月21日、終齢幼虫終期):オオクワマット(2本目と同じ)

トクノシマコクワの35から36ミリは何匹か羽化しています。

ヤクシマコクワガタ
こちらは、最新羽化のヤクシマコクワガタの48.5ミリ前後のオスです。
昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて産まれた個体です。
※この種類は、コクワガタの仲間の中でも比較的早期羽化をしやすいです。

ヤクシマコクワの産卵方法を紹介した記事>>

下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2015年10月11日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2015年12月25日、終齢幼虫):オオクワマット(飼育ボトル550ccにマットプレスで超固詰め)

2016年3月中旬に蛹室を作り始めたので3本目の交換は無しです。

こちらも直ぐに販売可能です。


ヤクシマスジクワガタやコクワガタの羽化” への2件のコメント

  1. こんばんは、ユウさたんです。
    ヤクシマスジの独特な大あごはやはりかっこいいですね。
    我が家のヤクシマスジはようやく一匹の大型の♂が本日蛹化しました。 全て羽化しましたらまた随時報告しますね。
    それではまた。

    • ユウさたん様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      ヤクシマスジクワガタは、本土のスジクワガタに比べて連結した内歯の第一歯と第二歯の間隔が広いので独特の雰囲気が有るのも事実です。
      大型個体が羽化しましたら、飼育のご報告を頂けると嬉しい限りです。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。