オキナワヒラタの産卵木(幼虫)の割り出し

今日の福岡県福津市は、昨日の朝の積雪が嘘の様に晴れの過ごしやすい一日でした。
福岡県は、週明けに一時的に寒くなって来週の半ばから15℃を超える予報が出ています。

今回は、12月の上旬に組んだオキナワヒラタ産卵セットの割り出しの様子を紹介したいと思います。

オキナワヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、オキナワヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。
寒い冬の加温環境(暖房)につき、メスの投入から割り出しまで2ヶ月程の期間が経過してしまいましたがマットには、数匹の初齢幼虫が見えています。

●使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木(LL)国産プレミアム昆虫ゼリー他です。

クワガタの産卵セットの割り出しタイミング

マットから出て来たオキナワヒラタの卵マットの中には、沢山の卵が産み付けられていました。
画像の様にマットが粘土状に固まった箇所に良く産卵します。
産卵セットを組む際に念入りに固めた部分になります。

※産卵方法は、本土ヒラタクワガタと同じです。
ヒラタクワガタの産卵方法

元の容器の中に卵とマットを戻します。卵は、画像の様に割りカス(幼虫採取後のマットと産卵木片)と一緒に元の容器に埋め戻しておくと高確率で孵化します。

4週間から1ヶ月くらい経過すると孵化してある程度の大きさの幼虫に育っているので再びひっくり返して回収すると良いです。

因みに今回紹介のオキナワヒラタの割りカスからは、間違いなく数十匹の幼虫が出てくると思います。(1ヶ月後に再度回収しますが今シーズンは打ち止めになるかもしれません。)

なお、卵は他の容器に移し替えて保管すると空気に触れて乾燥したり、加湿の際に水分過多で卵が腐って死んでしまう事が多いのでお勧めしません。

マットの塊から出て来たオキナワヒラタの初齢幼虫マットの塊から出て来た初齢幼虫(一齢幼虫)です。
今回は、割り出しのタイミングの関係で卵と初齢幼虫のみしか出てきませんでした。

幼虫の成長過程の紹介

出て来た幼虫をスプーンで移動させます。出て来た小さな幼虫は、画像の様にエサ交換用のスプーンに乗せて一時管理用カップに入れると潰さずに安全に移動できます。

産卵木から出て来たオキナワヒラタの卵産卵木の端を削ると卵が出てきました。(勿論、卵は割りカスと一緒に容器に埋め戻します。)産卵木を割る際は、マイナスドライバーやニッパーなどの工具を用いると便利です。

産卵木を割って出て来た幼虫です。産卵木を割って出て来た小さな幼虫です。
産卵木を真っ二つに割る際は、幼虫を潰さない様に慎重に作業を行ってください。

産卵木の芯部付近から出て来た幼虫です。今回の産卵木(LL)は、柔らかいアウトレット品を用いたのですが少し軟材気味なので芯部にも沢山の幼虫が潜り込んでいました。(アウトレット品は、ヒラタ、ノコギリの爆産材です。)
※柔らかいので加水時間は、重しを乗せて15から20分前後で大丈夫です。

細かい破片の中にも幼虫が潜り込んでいました。細い破片の中にも木目に沿って2匹の幼虫が出てきました。

産卵木から出て来たオキナワヒラタの卵と初齢です。こちらは、同じく細かい破片から出て来た卵と初齢幼虫です。
アウトレット産卵木(LL)は、柔らかい部分の容積が大きいので見た目が悪くても産卵効率が良いです。

割りカスを保管します。クワガタの幼虫や卵は、小さいので最初の一回の割り出しで全部を回収する事が困難です。

なので画像の様に割りカスは、卵と一緒に容器に戻して4週間から1ヶ月保管後、再びひっくり返して幼虫の有無を確認してください。

割りカスを入れた容器には、種類や割り出し日などを記載したデータをテープで貼っておくと後からでも確実に管理が出来ます。

幼虫回収後は、産卵に用いたマットや産卵木(割りカス)は、必ず自治体の収集ゴミ(週2回のゴミ)に出して処分してください。

日本の里山の自然を守るために割りカスの野外廃棄は絶対に行わないでください。

今回のオキナワヒラタの幼虫の回収結果今回の割り出しは、産卵木をメインに42匹の幼虫が出てきました。
※割りカスの中には、確認出来た分で23から25個の卵を埋め戻したので全部孵化すると70匹を大きく超えるかもしれません。

沢山増えすぎると困る場合は、飼育容器(小)産卵木(S)を埋め込んで卵が見え始めたり産卵木が削られ始めた時点で一旦、掘り起こして(ひっくり返して)メスのみを回収して別の容器に移し替えて孵化するか様子を見ると良いです。

カップにマットを入れて保管します。一時管理カップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて4から7日ほど養生させます。
※傷や虚弱な幼虫の有無を見極めるためです。

カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いので1個ずつ種類や割り出し日等を記載したテープを貼っておくと良いです。

養生期間が終わったら二齢幼虫(頭部の幅が3から5ミリ前後の幼虫)から優先的に菌糸ビン550ccに投入します。
初齢幼虫を入れる場合は、腸内が確実に色付いた健康な幼虫を選択してください。
クワガタの摂食障害(通称:ブヨブヨ病)について

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)