天然クメジマノコギリクワガタの産卵セットの割り出し【爆産】

こちら福岡県福津市は、三連休の初日に台風25号の接近で大荒れの天気になりましたが残りの2日は、晴れの過ごしやすい一日でした。

今回は、三連休中に行ったクメジマノコギリクワガタの産卵セットの割り出しの様子をお伝えしたいと思います。

天然クメジマノコギリクワガタの産卵セットを割り出した様子画像は、2018年8月5日に組んだ天然クメジマノコギリクワガタの産卵セットをひっくり返した様子です。

●使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)、クヌギ産卵木(M)、産卵マット、国産プレミアムゼリーです。

沢山の初齢と二齢が出てきて、この時点で爆産の雰囲気がプンプン漂います。

零れ落ちたクメジマノコギリクワガタの初二齢側面のマットを軽く砕くと大量の初齢(真中の大きな物は二齢)が零れ落ちてきました。

今回は、主に産卵マットから幼虫が出てきました

落ちたクメジマノコギリクワガタの幼虫をスプーンでカップに移動させます。小さな幼虫は、潰さない様にエサ交換用のスプーンに乗せて一時管理用のカップに運び入れると良いです。

クメジマノコギリクワガタの初齢と二齢の比較です。クメジマノコギリクワガタの二齢(左)と初齢(右)の大きさの比較です。

1回の脱皮で見違える様な大きさになっているのが分かります。

マットの塊を割って出てきた大量のクメジマノコギリクワガタの幼虫マットの塊を割ると沢山の幼虫と卵が出てきました。

クメジマノコギリクワガタの卵クメジマノコギリクワガタの卵です。(測っていませんが2から3ミリ位の大きさだと思います。)

孵化したばかりのクメジマノコギリクワガタの幼虫です。孵化したばかりのクメジマノコギリクワガタの幼虫です。

未だ何も食べていないので頭部以外は真っ白です。

朽ち木を割って出てきた幼虫です。朽ち木からも小さな初齢が沢山出てきました。

クメジマノコギリクワガタの産卵セットの割りカス幼虫や卵は、小さいので最初(1回目)の割り出しで全部を回収するのが困難です。

画像の様に産卵セットの割りカス(使用したマットと朽ち木片)は、再び元の飼育容器に戻して保管して4週間から1ヶ月後に再度ひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

※後から見て何の種類の割りカスか分かる様にビニールテープやメモに種類や産地、割り出し日等の情報を記載して貼っておくと管理しやすいです。

出てきた卵もそのまま割りカスの中に埋め戻しておくと勝手に孵化して4週間から1ヶ月後には、大きく育っているので回収しやすいです。

(卵を回収して管理するよりも孵化率が高いです)

今回のクメジマノコギリクワガタの割り出し結果です。今回のクメジマノコギリクワガタの割り出し結果です。(見事な爆産ぶりです。)
55匹の幼虫が出てきました。

割りカスの中にも確実に5個以上の卵を埋め戻しましたので最終的には60匹前後になると思います。

カップに幼虫用マットを入れてクメジマノコギリクワガタの幼虫を管理します。カップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて蓋を締めて4から7日ほど養生させて二齢から優先的に菌糸ビン550ccに投入します。

※割り出し直後にボトルに入れると傷や虚弱な幼虫がいた場合、エサのロスなってしまいますのでお勧めしません。

カップには、ビニールテープかマスキングテープに種類や産地、割り出し日等の情報を記載して1匹(1個)ずつ貼っておくと管理ミスを防げます。