ヤクシマノコギリクワガタの産卵セットの割り出し

今日の九州北部は、早朝が少し冷え込みましたが日中は、気温も上がり過ごしやすい天候でした。

今回は、昨日行ったヤクシマノコギりクワガタ産卵セットの割り出しの様子を紹介いたします。

ヤクシマノコギりクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

ヤクシマノコギりの産卵セットをひっくり返した様子画像は、8月中旬に組んだ天然のヤクシマノコギりの産卵セットをひっくり返した様子です。
複数の卵と初齢幼虫が見えます。

産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

●使用した主な飼育用品は、下記のとおりです。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・昆虫マット:産卵用マット(カブト、ヒラタ、ノコギリ、ミヤマ兼用)

・産卵木:クヌギ産卵木(M)

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー

ヤクシマノコギリクワガタの卵こちらの画像は、産卵用マットに産み付けられたヤクシマノコギりの卵です。
天然個体ですが10月(最近)まで産卵していた事になります。
もうじき孵化しそうな卵も沢山出てきました。

卵は、個別に保管するよりも後からご紹介する割りカス(幼虫回収後のマットと産卵木片)と一緒に飼育ケースに戻しておくと勝手に孵化するので管理が楽です。

ヤクシマノコギりの初齢と二齢です。写真は、マットから出て来たヤクシマノコギりの初齢(左)と二齢(右)です。

卵から孵化した幼虫(初齢)は、二齢→終齢と2回の脱皮を繰り返して大きくなって行きます。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

産卵木から出て来た幼虫です。今回は、主に産卵用マットから幼虫が出てきましたが産卵木からも何匹か出てきました。

材質が少し柔らかめだったので芯の付近まで潜り込んでいました。

産卵木の芯の付近から出て来た幼虫産卵木の芯の付近から出て来た2匹の初齢幼虫です。

産卵木から出て来たヤクシマノコギりの二齢幼虫こちらは、同様に芯の付近に食痕を残しながら食い込んでいた二齢幼虫です。

ヤクシマノコギりの産卵セットの割りカスを保管します。クワガタの産卵セットは、1回の割り出しで全回収が困難なので幼虫を回収した後の割りカスは、再び飼育容器に戻して保管しておかれる事をお勧めします。

その際に前述の説明のとおり、割りカスの中に卵を戻しておくと勝手に孵化しますので4週間から1ヶ月ほど経過して再び飼育容器をひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

今回のヤクシマノコギリクワガタの幼虫の割り出し結果です。今回は、全部で24匹の幼虫を採取する事が出来ました。
※割りカスの中に卵を12個ほど戻したので最終的に30匹を超えると思います。

カップにマットを入れて保管します。一時管理用カップには、無添加虫吉マット固めずに入れて4から7日ほど傷や虚弱な幼虫を見極める為に養生させます。

その後に二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccもしくは、マットボトル850ccに入れます。

ノコギリクワガタの仲間の場合、1本目の菌糸ビン投入から3ヶ月後に2本目に交換します。
その際に終齢幼虫まで育っていれば2本目は、マットボトル850cc(マット飼育へ切り替え)でも大きく育ちます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

マット飼育の際は、3から4ヶ月毎の交換を行う必要があります。

ノコギリクワガタの幼虫の飼育方法>>>

 

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ■産卵木の販売>>

昆虫ゼリーの販売>> ■菌糸ビンの販売>>