トカラノコギリ中之島産の幼虫の割り出し結果

あっという間に1月も下旬になり、1年が早く感じる今日この頃です。

今年の冬は、雨が少なく、比較的暖かい日が続いていますが明日は少しだけ寒くなりそうです。

今回は、週初めに行なったトカラノコギリクワガタの産卵セットの割り出し結果を紹介したいと思います。

トカラノコギリクワガタ(中之島産)の産卵セット

画像は、2018年11月20日に組んだトカラノコギリ(中之島産)の産卵セットをひっくり返した様子です。

冬場の産卵につき、暖房で温度管理を行なっていても朝晩の温度差が発生するので夏に比べると若干、産卵効率が落ちてしまいますが沢山の初齢幼虫が出てきました。

今回使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木(LL)です。

トカラノコギリクワガタの産卵方法>

トカラノコギリの卵と初齢幼虫

画像の中央は、トカラノコギリの卵と孵化したばかりの初齢幼虫です。

やや左上の幼虫は、大きく育った初齢です。

孵化したばかりの幼虫は、マットや朽ち木を食べてドンドン大きく育って行きます。

クワガタの幼虫の成長過程>>

トカラノコギリの幼虫をスプーンで運びます。

幼虫は、柔らかいので傷を付けないように写真のようにエサ交換用のスプーンを用いて慎重に一時管理用のカップに移すと良いです。

産卵木から出てきたトカラノコギリの幼虫です。

産卵木の柔らかい部分から出てきた初齢幼虫です。

画像の様に食痕(しょくこん)と呼ばれる食い進んだ痕の坑道を木屑や糞で埋めながら移動します。

産卵木の中心付近から出てきたトカラノコギリの初齢

産卵木の中心付近から出てきた2匹の初齢幼虫です。

今回は、マットをメインに幼虫や卵が出てきましたが爆産時は、産卵木からも沢山の幼虫が出てくる事があります。

トカラノコギリクワガタの割カス

クワガタの幼虫や卵は、小さいので割り出し後のマットと産卵木片は、再び元の飼育容器に戻して4週間から1ヶ月ほど保管後に再びひっくり返して幼虫の有無を確認する様にしています。

割り出し時に出てきた卵も一緒に埋め込んでおくと勝手に孵化して育ちます。

卵は、回収して個別に保管するよりも割カスに埋め込んでおいた方が孵化率が高いように感じます。

割カスが入った容器には、種類や産地などのデータと割り出し日を記載したテープやメモを貼っておくと的確な管理が可能です。

トカラノコギリの幼虫の割り出し結果

今回は、25匹の初齢幼虫を回収しました。

割カスの中に卵を8個ほど埋め戻したので最終的に30匹前後になると思います。

トカラノコギリの幼虫をカップで数日保管します。

一時管理用のカップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて蓋を閉めた状態で4から7日ほど養生させてから健康な幼虫(二齢幼虫から優先)をブナ菌糸ビン550ccに投入予定です。

割り出し直後の幼虫の菌糸ビン投入は、外傷や虚弱などで直ぐに死んでしまった場合にエサのロスが発生するのでお勧めしません。

幼虫が入ったカップには、必ず1匹(1個)ずつ種類や産地などの情報と割り出し日を記載したテープ(ビニールテープ、マスキングテープ)を貼っておくと管理ミスを防げます。

※カップには幼虫管理ラベルを貼れるスペースが無いので面倒でも行なっておく必要があります。

その他、虫吉のパーソナルベストを大きく更新する72ミリ前後のトカラノコギリも羽化していますので後日、飼育例を紹介したいと思います。

※メスが羽化していないので販売できずにお蔵入りしてしまうかもしれませんが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください