スジブトヒラタクワガタの菌糸ビン→無添加虫吉マットへの交換の様子

今日の福岡県福津市は、晴れの暖かい一日でした。

今年の九州の冬は、暖冬傾向で日中の最高気温が一桁になる日が少ない珍しい年です。

なので羽毛布団や厚手のジャケットの出番が殆ど無いまま春を迎えそうな感じです。

今回は、先週末に行ったヒラタクワガタの仲間の幼虫の菌糸ビン交換の様子をお伝えしたいと思います。

幼虫の画像をアップしていると横から妻にイモログ(イモムシのブログ)とか視力検査のマークみたいと笑われていますが、今回もイモムシについて延々と語らせて頂きます。

スジブトヒラタの幼虫

画像は、2018年11月5日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入して今回の交換を迎えたスジブトヒラタクワガタ(奄美大島産)の大きく育ったオスの終齢幼虫です。

1本目の菌糸ビンを良い感じに食べていました。

この幼虫は、昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて得られた物です。

他の幼虫同様に業務用の空調で飼育温度を20から22度前後の一定に保ち、更にサーキューレーターを4から5台フル稼働させて室内の空気循環を行っています。

クワガタのボトルは、どうしても気密性が高くなるのでボトル周辺の空気が常に流動していなければボトル内の空気が入れ替わりにくくなって酸欠気味になってしまいます。

酸欠気味の状態で温度が上がると幼虫が潜らずに上に出てきて大きなストレスの原因になってしまいます。

※特にノコギリクワガタやミヤマクワガタの幼虫が入ったボトルを収納ケースや発泡スチロールなど通気性が悪い箱状の物に入れると高確率でトラブルが発生するので避けてください。

個人的にサーキュレーション(空気循環)は、大型個体作出の為に必要な一つの要素だと考えています。

スジブトヒラタクワガタの幼虫20グラム

体重を測ってみると1本目で既に20グラムでした。(かなりの大型です。)

スジブトヒラタは、自然界でも1年で羽化してすぐに活動を開始するクワガタなので初夏の羽化に向けて短期間で育ち切っている感じです。

上々の滑り出しですがスジブトヒラタの成虫のオスは、細長いタイプと太いタイプがいるので後者の太いタイプだと70ミリが難しい感じもします。

スジブトヒラタクワガタの幼虫をマットボトルに入れます。

2本目は、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ防止と交換頻度を落として最小の交換回数で羽化させる為に無添加虫吉マットボトル850ccに投入して交換無しで2本成りをさせる予定です。

マットボトルとは、無添加虫吉幼虫マットを木製マットプレスでボトルにガチガチに超固詰めした虫吉オリジナルの商品の事で添加剤が入っていないので発酵ガスや発酵熱が発生しないだけで無く、持ちが良いので交換頻度を落とせて幼虫のストレス痩せのリスクを軽減できます。

前述のボトル内の酸素不足、暴れ(菌糸ビンの掻き混ぜ)、交換頻度の上昇も幼虫のストレス痩せの要因になってしまいます。

今年も奄美大島の世界遺産登録で天然採集品の入荷のお約束ができませんので夏の羽化に間に合わせたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください