クロシマノコギリ、トクノシマノコギリの羽化と飼育例の紹介

本日の福岡県福津市は、午前中は少し寒かったですが、お昼前には日が差し始め暖かい一日を迎えています。

今回は、1月下旬までに羽化した最新羽化のクワガタを少しだけ紹介したいと思います。

※流石に2月羽化のクワガタは、柔らかいので後日、ボトルから出した際に紹介したいと思います。

クロシマノコギリ68ミリ

画像は、最新羽化のクロシマノコギリの極太水牛68ミリ(限りなく69ミリに近い)特大サイズのオスです。

クロシマノコギリは、腹部が大きく体のパーツも太いので70ミリオーバーを羽化させるのが至難の技ですが久しぶりに大型個体が羽化してくれました。

クロシマノコギリ70ミリの羽化を紹介した記事>>

虫吉は、九州産(国産)のクワガタのみの販売につき、成虫は寒い場所で冬眠させていますが、幼虫のみ大きく育てる為に20から22度前後の範囲内で一定の温度管理を行なっています。

幼虫飼育は、温度管理とエサの他にボトル内の酸素の供給量も重要になりますので常時、サーキュレーター(送風機)を4から5台ほどフル稼働させています。

ボトル周辺の空気が動く事でボトル内に円滑に空気が流れ込みます。

※密閉した部屋や空間だと酸欠のリスクが高まりますので簡易温室での飼育の際は、小型のファンを入れておく事をオススメします。

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2018年3月5日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年6月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年11月下旬に蛹室(蛹の部屋)を確認したので3本目の交換無し。

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンでの暴れ(掻き混ぜ行動)時のストレス、エサ交換の頻度が上がった際のストレスでの幼虫の縮みのリスクを軽減する為にマットボトルでの飼育に切り替えました。

◆マットボトルとは、無添加虫吉幼虫マット木製マットプレスを用いてボトルにガチガチに強く押し固めた虫吉オリジナルの商品の事で添加剤による腐敗ガスや発酵熱が発生しない上に持ちが良いので交換頻度も落とせて幼虫へのストレスを軽減できます。

今回は、少し引っ張り気味の交換になってしまいましたが春から秋までのタイト(厳密)な温度管理が出来ない場合は、4ヶ月に1回の交換をお勧めします。

今回紹介したクロシマノコギリは、未だ羽が柔らかいので販売まで少しだけ時間を頂きます。

クロシマノコギリの産卵方法>>

トクノシマノコギリ72ミリ

こちらは、2019年1月上旬に羽化したトクノシマノコギリの大型のオス72ミリです。

※2017年に採取した幼虫の残党なので今後のメスの羽化在庫が微妙です。

販売できなかった場合は、申し訳ございません。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年10月20日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年5月22日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2018年9月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年12月上旬に既に蛹になっていたのを確認したので5本目の交換無しです。

現在販売中の虫吉の菌糸ビンの場合、本土ノコギリ系の亜種にはクヌギ、リュウキュウノコギリ系の亜種(頭楯と呼ばれる口の先端部分が二股になって突き出す種)にはブナの方が大きく育つ傾向があります。

なお、ノコギリクワガタの仲間やミヤマクワガタの終齢幼虫は、真夏の気温が高い季節にエサ交換を行うと極端に落ち着きが悪くなって上に出てきて痩せてしまうので真夏のエサ交換を省略する交換リレーを行なっています。

いよいよ春が近づき、蛹化や羽化も加速すると思いますので面白い個体が羽化したら紹介したいと思います。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください