タカラヒラタの2017年5月の羽化状況(71ミリオーバーも)

5月も終盤に入り徐々に蒸し暑くなっています。
昨日、山に入ってみましたがクワガタの気配が無く、今年は例年よりも発生が遅い様な気もします。

今回も先日から引き続き5月中旬までに羽化した最新クワガタの情報をお伝え致します。

タカラヒラタ67ミリ画像は、2017年5月最新羽化のタカラヒラタクワガタ67ミリです。
※70ミリは、程遠いですがカッコ良かったので撮影してみました。

タカラヒラタは、太くてガッチッリした個体が多く、人気があります。

タカラヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

■2016年6月に割り出した幼虫を下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月9日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月3日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

→2017年3月29日にサナギになっているのを確認。

2本目からは、いつもの様に終齢幼虫での菌糸ビンでの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を回避して大きく育てる為に低ストレスの無添加虫吉幼虫マットへの飼育へ切り替えています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

勿論、交換時の温度差のストレスも与えない様にマットをボトルに詰めた後は、飼育環境の18から21℃以内で1から3日ほど温度慣らしを行ってから交換しています。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

タカラヒラタ70ミリこちらの画像も5月最新羽化のタカラヒラタ70ミリの大型個体です。

今年は、既に何匹も70ミリが羽化しており良い飼育結果が出ていると思います。

■エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2016年7月5日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月25日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

→2017年3月29日に蛹になっているのを確認。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

タカラヒラタクワガタ70ミリこちらも先ほどと同じ2017年5月羽化の大型70ミリの別個体です。
※出品時にアゴの凹みなどが有る場合は、タカラヒラタ訳あり70ミリで販売する場合も御座います。

■こちらの個体のエサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年6月15日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月8日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

→2017年3月29日にサナギになっているのを確認。

虫吉では、マットボトルを数十本から百本単位で詰めて前回の日付もしくは種類別に一斉に交換するので今回ご紹介したタカラヒラタの3本目のエサ交換は全て1月23日になっています。

タカラヒラタは、70ミリの大きな壁を何年も突破する事が出来ませんでしたが今回、遂に大幅に更新できましたのでご紹介します。

タカラヒラタ71ミリオーバー画像は、同じく2017年5月最新羽化のタカラヒラタ71ミリオーバーの大型個体です。

勿論、虫吉のパーソナルベスト更新です。

虫吉の大型クワガタ(パーソナルベスト)ギャラリー>>>

タカラヒラタ特大71ミリオーバー未だ羽化して間もない柔らかい状態での尺寸ですが限りなく72ミリに近いです。
※測り方によっては、72ミリですが控えめにしています。

但し、頭部に針穴状の凹みとアゴにも凹みがあるので販売するとしても訳ありクワガタのコーナーになると思います。

タカラヒラタ訳あり71ミリペアの販売コーナー>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年7月5日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月25日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

→2017年3月29日に前蛹(ぜんよう)と呼ばれるサナギの直前段階の幼虫になっているのを確認したので4本目へのエサ交換は行っておりません。

今回ご紹介したタカラヒラタクワガタは、羽化して間もないので来月(6月)の販売になると思います。

タカラヒラタの販売コーナー>>>

羽化して間もないクワガタの飼育管理には、フカフカ粒子で昆虫にも優しいココパウダーマットがお勧めです。

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●菌糸ビンの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>