トクノシマヒラタ超特大個体の羽化(菌糸ビン→マットへの切り替え)

今日の福岡県福津市(九州北部)は、昨日の大荒れの天気が嘘の様に朝から晴れの穏やかな天気です。

今回も昨日に引き続き4月に羽化した大型個体の紹介をしたいと思います。
※今回も最後にラスボス級の圧倒的な大型個体が登場します。
ご期待下さい♪♪

トクノシマヒラタ75ミリ画像は、最新羽化のトクノシマヒラタ75ミリ(現時点で75.7から75.8ミリ)の大型個体です。

この手のヒラタクワガタの新成虫は、猫背気味に前かがみなので画像ではアゴが短く湾曲した感じに見えますが実際は、アマミヒラタよりも少しだけ内歯が上を向き直線的な個体が多いです。
※但し、アゴの太さは、日本に棲息するヒラタの3本の指に入る種類なのでカッコ良いです。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月27日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月18日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット850cc

・3本目(2017年1月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2017年2月14日に前蛹になっていたので4本目への交換は無しです。

※1本目から2本目への交換時に大きく育った終齢幼虫だったので無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

大きく育った(加齢が進んだ)終齢幼虫を菌糸ビンに入れてしまうと暴れ(菌床の掻き混ぜ)や伸び止まりの原因になってしまうので低ストレスの無添加虫吉マットの方が大きく育ってくれる傾向があります。

菌糸ビンからマットへの切り替えについて>>>

結局のところ、最初の1本目で大型個体の素質(巨頭の終齢幼虫=ビッグヘッド)になっていなければ大型化は厳しいです。
大型個体作出の為には、ある程度(18から21℃前後)の低温に抑える必要があります。

特にエサ交換直後の温度変化には注意が必要です。
・例えば、気温が低い時に届いた冷えた菌糸ビンやマットにいきなり幼虫を入れて加温もしくは、温度が上がる環境。
・または、これからの季節の配送中に熱くなったマットや菌糸ビンに幼虫を投入。

幼虫は、環境の変化に弱いので到着後1から3日ほど温度慣らしを行い温度差をなくして投入して頂いたり、投入後の温度のアップ、ダウンを避けていただく必要があります。

この時期は、朝晩の温度差が大きいので昼間の温度が上がりすぎないように冷房も必要な場合もあります。
(23℃を超え始めると落ち着きが悪くなる事があります)

トクノシマヒラタ77.5ミリこちらの個体もトクノシマヒラタの極太系大型個体です。

トクノシマヒラタクワガタ77.5ミリさっそくノギスを当ててみると77.5ミリの超大型個体でした。
※さらりと紹介しましたが虫吉パーソナルベストの更新です。
トクノシマヒラタ77ミリの販売コーナー>>>

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年4月18日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年6月26日、終齢初期):ブナ菌糸ビン850cc

・3本目(2016年8月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

少しズボラ気味の飼育になてしまいましたが2017年1月中旬に蛹室と思しき空洞を作り始めていたので4本目の交換を行っておりません。

こちらの個体は、2本目への効果時に終齢へ脱皮して数日しか経過していない状態だったので菌糸ビンを与えてから3本目にマットへ交換しています。

通常、マットの交換は、3から4ヶ月毎に行う事をお勧めします。
(菌糸ビンは、2から3が月毎の交換が目安です。)

次は、今回のラスボスの紹介です。

トクノシマヒラタ78ミリこちらは、最新羽化のトクノシマヒラタのマグナム級サイズのオスです。
※現時点で78ミリを超えています。
(少しだけアゴに凹みが有るので訳ありクワガタのコーナーで販売すると思います)

78ミリが微妙になりそうなので77ミリで販売するかもしれません。

トクノシマヒラタ訳あり77ミリペアの販売>>>

勿論、虫吉のパーソナルベスト更新です。
虫吉が過去に羽化させた大型クワガタのギャラリー

手に乗せたトクノシマヒラタ78ミリです。手に乗せると圧倒的な重量感が伝わります。

こちらは、何と2本成り(菌糸ビン→マット)の経済的な飼育でジャンボサイズに育っています。
※勿論、2本目の無添加虫吉マットボトル850ccで大きく育っています。

■因みに下記のエサ交換リレーで羽化しました。

・1本目(2016年5月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2017年1月下旬に蛹室を作り始めたので3本目への交換は行っていません。

1本目から2本目への交換時にイマイチの大きさだったので幼虫の体重測定を行っていません。
※いつも思うのですがクワガタ飼育は、期待の幼虫よりもノーマークの幼虫の方が大化けしてくれる事があるので面白いです。

私(むしきち)は、どうしても2本目に菌糸ビンを使いたがるのですが兄(虫吉店長)は、長年の経験から2本目からはマットの方が大きく育つという確固たる自信を持っているので「よーし、マットに行くぞ!」の合図でマットに投入しています。
※今まで私が説明していた『菌糸ビン→菌糸ビン→マット→蛹』の理論を完全に打ち砕く『菌糸ビン→マット→マット→蛹』のヒラタの大型個体作出リレーで攻略しています。(但し、早期羽化を避ける為に温度の上昇には注意が必要です。)

羽化したばかりの新成虫の飼育には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです!

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

トクノシマヒラタの販売コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

無添加!国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>