本土ヒラタクワガタの2017年5月の羽化状況(70ミリの羽化)

前回より引き続き、5月上旬から中旬に掛けて羽化したクワガタの掘り出しの様子をご紹介します。

今回は、本土ヒラタクワガタの羽化と販売情報です。

宮崎県産ヒラタクワガタ65ミリ画像は、2017年最新羽化の本土ヒラタ(宮崎県宮崎市)65ミリのオスです。
※北部九州産とは、微妙に雰囲気が異なる感じですが未だ70ミリオーバーを羽化させた事が無いので今後も頑張ってみます。

65ミリでも大きさ的には、マズマズですが綺麗な個体です。

因みに昨年の夏に入荷した天然のメス産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てました。

本土ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2016年9月2日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→3月下旬に前蛹(サナギの直前段階の幼虫)を確認したので3本目への交換無し。

2本目は、いつもの様に終齢幼虫の菌糸ビンでの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を避けて大きく育てる為に低ストレスの無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

☆虫吉でのヒラタの飼育温度は、幼虫の落ち着きを配慮して18から21度の範囲内です。
※特に交換直後の気温上昇は、幼虫の落ち着きが悪くなりやすいので注意が必要です。

本土ヒラタクワガタ67ミリこちらの画像は、2017年最新羽化の本土ヒラタクワガタ(福岡県福津市)67ミリの大型のオスです。

昨年の夏に採集した天然のメスを産卵させて産まれた幼虫を育てました。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月26日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→4月10日にサナギになっているのを確認。

3本成りの羽化ですがやはり交換直後に蛹化するパターンは、70ミリが狙いにくいです。

本土ヒラタクワガタ68ミリこちらも前の画像の兄弟に当たる本土ヒラタクワガタ(福岡県福津市)68ミリです。
※未だ柔らかいので引き締まって縮んだら67ミリで販売するかもしれません。

今回羽化した67ミリ以上の大型個体は、綺麗な個体ばかりでした。

エサ交換リレーは、先ほどの個体と全く同じなので省略させていただきます。
※8/26→11/13→3/2。の3本成りの羽化。

虫吉では、一度に数十から百本単位でマットや菌糸を詰めて一気に交換するので同時期に採取した幼虫のエサ交換が機械で管理された様に全く同じになってしまう事が多々あります。
※店長(兄)がしっかりと管理してくれているお陰です。(まるで交換の達人です)

本土ヒラタクワガタ70ミリこちらの写真の個体は、本土ヒラタクワガタ(福岡県福津市)70ミリです。
少しスマートですが綺麗な個体です。

先月に引き続き70ミリオーバーが羽化しました。

勿論、自己採集の天然のメスを産卵させて産まれた個体です。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年9月20日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月6日、終齢幼虫):無添加虫吉マット850cc

→2017年3月下旬に前蛹になっているのを確認したので3本目への交換は行っておりません。

今年は、菌糸ビン→マットへの最短リレー(少ないタッチ)で70ミリが何回も羽化しているので菌糸ビンで一気に終齢まで育ててマット投入→数か月後に蛹化というストレスを掛けない方法が功を奏しているのかもしれません。
(火力に例えると『はじめボウボウ、あとチョロチョロ』といった感じでしょうか。)
※因みに今回の70ミリは、2本目投入時の体重が20グラムでした。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

エサは基本的に菌糸ビンは2から3か月後の交換、マットは3から4か月後の交換を行っています。
※蛹室を作って蛹化の準備が始まったら交換は中止です。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

本土ヒラタ67ミリこちらは先ほどの70ミリの兄弟の67ミリです。(68ミリに微妙に届きません)
※今回ご紹介した67ミリは、全部限りなく68ミリに近いものばかりです。

太くて綺麗な個体だと思います。

エサ交換のリレーも70ミリと全く同じなので省略させていただきます。
※9/26→12/6の交換で2本成りの羽化。

本土ヒラタ70ミリ(2匹目)こちらも先ほどの70ミリ、67ミリの兄弟の本土ヒラタ70ミリです。
羽化して間もないので最初の70ミリの方の販売が先になると思います。

※交換リレーは、前の個体と全く同じなので省略させていただきます。

兄弟でも微妙に雰囲気が異なりますがツルツルの綺麗な個体という共通点だけがあります。

但し、こちらの個体は、大型個体にかかわらず内歯の小突起(アゴの中央から先端に掛けてのギザギザ)が消失した変わった個体になります。【通称:ギザ無しヒラタです。

本土ヒラタの場合、自然界、飼育下共に稀に出現します。

過去のギザ無しヒラタの採集記事>>>

過去の大型ギザ無しヒラタの飼育記事>>>

私の記憶が正しければ、12月のマット交換に立ち会った際に20グラムを超える幼虫が何匹かいた様な気がしますので5月下旬以降の羽化が楽しみです。
※幼虫が大きくても羽化したら期待外れのサイズの場合も多いのであまり期待しないでください。
(ノーマークの幼虫が化けてくれる事が多々あります。)

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

今回ご紹介のクワガタの何匹かは、近日中(今月中)に販売可能な物がいます。

羽化して間もないクワガタの飼育にはココパウダーマットが便利です。
※晴れた日の水分調整(天日干し)が梅雨入り前の日課になっています(汗)。

本土ヒラタの販売>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)