ヤクシマコクワやトカラコクワなど大型個体の羽化情報

九州北部も先週の半ば頃に梅雨明けして連日の様に暑い日が続いております。

九州各地からミヤマクワガタや離島産のクワガタなど続々と入荷していますが虫吉の繁殖場でも現在羽化の真っ最中です。

今日は、頑張って出品予定の最新羽化のクワガタのご紹介をします。

ヤクシマコクワ50ミリオーバー画像は、今月上旬に羽化したばかりのヤクシマコクワ50ミリ(限りなく51ミリに近い)の大型個体です。
赤みが強い綺麗な個体です。

昨年、現地より入荷した天然個体のメスを産卵させて産まれた幼虫を羽化させました。

ヤクシマコクワの産卵方法を紹介した記事>>>

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月8日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット飼育ボトル550ccc木製マットプレスを用いて固く詰めた状態の物)

・3本目(2017年3月16日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトルは550cc)

→6月9日に蛹になっているのを確認したので4本目の交換は行っておりません。

※2本目からは、終齢幼虫の菌糸ビンでの暴れを防止する為にマット飼育へ切り替えています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ヤクシマコクワ51ミリこちらも同じく今月上旬羽化のヤクシマコクワ51ミリ(限りなく52ミリに近い)の超特大個体です。

間違いなく、虫吉のパーソナルベスト記録です。
パーソナルベスト写真ギャラリー

最初の個体同様に天然採集品の子供です。

■エサ交換は下記のとおりです。

・1本目(2016年8月7日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月14日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトルは550cc)

・3本目(2017年3月16日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトルは550cc)

→2017年6月上旬に蛹→7月上旬羽化です。

菌糸ビンは、概ね3ヶ月毎、マットは4ヶ月毎の交換を行っています。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

手の上に乗せたヤクシマコクワ51ミリ手に乗せたヤクシマコクワの51ミリです。
流石に52ミリに近いので小さなヒラタクワガタ並みの迫力があります。

ヤクシマコクワは、現在天然採集品も入荷していますので最新羽化のペアと両方を好評販売中です。

ヤクシマコクワの販売コーナー>>>

トカラコクワ48ミリこちらは、最新羽化のトカラコクワ48ミリ(48.9ミリ前後)の特大サイズのオスです。

トカラコクワの産卵方法を紹介した記事>>>

ヤクシマコクワに比べると体形がやアゴがシャープな感じです。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年9月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月1日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトルは550cc)

・3本目(2017年3月16日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトルは550cc)

→6月8日に蛹になっているのを確認したので4本目の交換無しで羽化させました。

クワガタの成長過程の紹介>>>

トカラコクワは、少しずつ羽化しておりますので随時販売可能だと思います。

トカラコクワの販売コーナー>>>

国産コクワガタ49ミリこちらは、今回羽化していた最大サイズのコクワガタ49ミリ(50ミリに微妙に届くか届かないかのサイズ)です。

今回の羽化チェックでは、49ミリが2匹羽化していました。

昨年の夏に採集したコクワガタのメス産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てました。

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

■エサ交換は下記のとおりです。

・1本目(2016年10月15日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月26日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット550cc

→2017年5月中旬に蛹室(サナギの部屋)を作っていたので3本目の交換無しです。(7月上旬羽化です。)

◇羽化して間もないクワガタの飼育には、フカフカ粒子で新成虫に優しいココパウダーマットがオススメです。

コクワガタは、今月に入り羽化が始まっているようなのでペアが揃い次第に販売可能です。

コクワガタの販売コーナー>>>

コクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)