コクワガタの仲間の幼虫の菌糸ビン交換

今日も福岡県福津市は、少しだけ寒が緩みましたが曇り空の少し寒い一日でした。

今年も残り10日余りになりましたが幼虫のエサ交換や成虫の羽化チェックを急ピッチで進めています。

今回は、コクワガタの仲間の幼虫のエサ交換の様子をお伝えしたいと思います。

ヤクシマコクワガタの終齢幼虫画像は、8月17日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したヤクシマコクワガタの終齢幼虫です。

交換が遅れてしまい4ヶ月経過してしまったので流石に成熟が進んでしまいましたが7グラムの体重なので50ミリオーバーが狙えるかもしれません。

幼虫の飼育温度は、21から22度です。
※今年は、業務用のエアコンを入れているので18度の設定でも20℃を超えてしまいます。

ヤクシマコクワの産卵方法を紹介した記事>>>

マットボトルの表面にシャベルで穴を空けます。2本目は、オオクワマット幼虫飼育ボトル550ccマットプレスで固く詰めた状態の物に投入します。

菌糸ビン用シャベルでマットの表面に幼虫が入る程度の大きさの穴を開けると楽です。

スプーンを用いて幼虫をボトルに移します。エサ交換用のスプーンを用いて穴の中に幼虫をそっと入れます。
後は、蓋を閉めるだけで幼虫は勝手に潜って行きます。

因みに終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(かき混ぜ)を避けて大型個体を狙う為にマット飼育へ切り替えています。

国産コクワガタの終齢幼虫です。こちらは、9月11日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに入れた国産コクワガタの終齢幼虫6グラムです。

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

今年は、11月から急に寒くなったので早めに暖房を入れた影響で成長が早まっているようですが48ミリ前後は確実に狙えそうな感じです。

因みに腰の辺りの白い斑紋は、一見するとメス痕(メスの斑紋)に見えますが実際は脂肪痕の様なもので実際はオスです。(メス斑紋と形や色が異なります。)
オスでも終齢初期から中期くらいまで斑紋が見える場合があります。

コクワガタの幼虫7グラムこちらは、9月13日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccへ投入した国産コクワガタの終齢幼虫7グラムです。

先ほどの幼虫よりも加齢が進んでいるので年明けには蛹室を作りそうな感じですが上手く育つと50ミリオーバーが狙えるかもしれません。

国産コクワガタも屋久島コクワ同様に2本目は、マット飼育へ切り替えています。

アマミコクワの幼虫4グラムこちらは、9月3日に1本目のクヌギ菌糸ビンに投入したアマミコクワガタの終齢幼虫4グラムです。

既に終齢後期に入り黄色っぽくなっていますので年明けから蛹室を作りそうな感じもします。

因みにリュウキュウコクワの仲間は、オスとメスの幼虫の大きさが殆ど同じです。

アマミコクワの産卵方法を紹介した記事>>>

12月もクワガタが少しずつ羽化していますので機会が有れば紹介したいと思います。