ミシマイオウノコギリの産卵セットの割り出し

週末から週明けの福岡県福津市の天候は、先週の半ばまでの夏日が嘘の様な冷たい雨の一日でした。

今回は先週、行ったミシマイオウノコギリの産卵セットの割り出しの様子を紹介したいと思います。

ミシマイオウノコギリの産卵セットをひっくりかえした様子画像は、夏に組んだミシマイオウノコギリの産卵セットをひっくり返した様子です。

マットから若齢幼虫(初齢と二齢)の姿が見えます。

●使用した主な飼育用品は下記のとおりです。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・昆虫マット:産卵用マット(カブト、ノコギリ、ヒラタ兼用)

・産卵木:クヌギ産卵木Mサイズ(2本)

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー

クワガタの産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

脱皮したばかりの二齢幼虫写真は、脱皮したばかりの二齢幼虫です。
未だ、頭部の色が薄くお尻に抜け殻が付着しています。

産卵木を割って出て来た幼虫少し割り出しが遅れてしまったので産卵木を割ったら終齢幼虫も出てきました。
※産卵木は、マイナスドライバーやニッパーなどを用いて幼虫を潰さない様に慎重に割ります。

因みに写真の一番左が初齢幼虫、中央の大きな幼虫が終齢、その他の2匹が二齢幼虫です。

幼虫は、初齢(一齢)→二齢→終齢(三齢)と脱皮をしながら成長して行きます。

クワガタの成長過程>>>

ミシマイオウノコギリの割りカスクワガタは、1回の割り出しで全部の幼虫を回収するのが困難なので割った後のマットと産卵木片(朽ち木片)は、再び容器に戻して保管される事をお勧めします。

割り出しの際に出て来た卵も割りカスと一緒に容器に埋め戻すと勝手に孵化します。

約4週間から1か月後に容器をひっくり返して再び幼虫を回収されると良いです。

※割りカスの入った容器には、種類や割り出し日を記載したメモかテープを貼っておくと管理がしやすいです。

割り出したミシマイオウノコギリの幼虫今回の産卵セットからは、21匹の幼虫を回収する事が出来ました。

カップに幼虫用マットを入れて蓋を閉めます。一時管理用カップには、幼虫用マットを入れて4から7日ほど保管して出来れば二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccもしくは、マットボトル850ccに投入します。

※割り出し直後に菌糸ビンなどボトルに入れてしまうと傷や虚弱な幼虫を見抜けずにロスが出てしまうので養生期間として上記の日数だけ様子を見てください。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

 

ミシマイオウノコギリの産卵セットから出て来た幼虫ミシマイオウノコギリの産卵セットは、数セット組んでいましたが既に容器の底から幼虫が見えていた物がもう一つ有ったので序でに割り出してみました。

こちらは、8月の中旬にセットを組んだので未だ初齢幼虫が多かったです。

幼虫をスプーンで移動させてカップに入れます。幼虫は、エサ交換用のスプーンでカップに運ぶと潰したり傷つけずに済みます。

二齢幼虫と初齢幼虫です。二齢幼虫(左)と初齢幼虫(右)です。
一回の脱皮の差で頭部や体の大きさにも大きな差が出ます。

ミシマイオウノコギリの卵です。ミシマイオウノコギリの卵です。

卵は、取り出して管理するよりも前述のとおり、割りカスと一緒に埋め戻しておくと管理が楽で孵化率も高いです。

産卵木から出て来た幼虫です。産卵木の芯の付近から出て来た二齢幼虫です。

今回の産卵セットから出て来た幼虫はマットがメインでした。

2セット目から出て来た幼虫こちらの産卵セットからは、18匹の幼虫が出てきました。
(卵も多かったので最終的には大所帯になりそうです)

気が付くと今年も残り2ヶ月半になってしまったので急ピッチで幼虫飼育の作業を進めたいと思います。

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

コバエ防止飼育ケースの販売>>

昆虫マット販売>> ◆産卵木販売>>

昆虫ゼリー販売>> ◆菌糸ビン販売>>