アマミシカクワガタの産卵木の割り出し(幼虫採取)

日が変わってしまいましたが3月6日は、風が強く少し肌寒い一日でした。
但し、日中は日が差して暖かい時間帯も有りましたが常温飼育のクワガタたちの活動は、まだ少しだけ早い感じです。

今日は、夕方から空調管理の繁殖場のアマミシカクワガタの産卵セットの割り出しを行いましたので紹介します。

アマミシカクワガタの産卵セットをひっくり返した様子画像は、昨年(2017年)12月末に組んだアマミシカクワガタの産卵セットをひっくり返した様子です。

過去の産卵結果を統計的にみると添加剤が少ないマットの方が上手く行っているので今回は、成虫用マットナラ産卵木(2本)を埋め込んで産卵させました。
※使用した飼育容器は、コバエ防止飼育ケース(中)です。

アマミシカクワガタの産卵方法

マットの中から出て来たアマミシカの二齢幼虫こちらは、産卵木の埋め込みに使ったマットの中から出て来た二齢幼虫です。
今回は、マットの中にも小さな幼虫が何匹かいました。

アマミシカクワガタの初齢と二齢幼虫マットの中から出て来た幼虫です。
左が初齢幼虫、右が二齢幼虫です。(幼虫のサイズは、コクワガタと同じくらいです。)

幼虫をスプーンで移動させます。小さな幼虫は、手で持つと潰れてしまう場合もあるのでエサ交換用のスプーンがあると便利です。

産卵木の断面で見つけたアマミシカの幼虫産卵木の側面(断面)で見つかった幼虫です。
マットと朽ち木の境界を器用に食べています。

産卵木を割って出て来たアマミシカの幼虫マイナスドライバーを用いて産卵木を割ると2匹の初齢幼虫が出てきました。
幼虫が喰い進んで出来た木屑が詰まった坑道を食痕(しょくこん)と呼びます。
この種類は、大きく移動せずに居食い(居座り)気味なのが分かります。

アマミシカクワガタの卵です。こちらは、産卵木に産み付けられたアマミシカクワガタの卵です。
大きさは、アンパンのゴマ(ケシの実)くらいです。

卵は、回収するよりも後ほど紹介する割りカス(幼虫回収後のマットと朽ち木片)の中に埋め戻しておいた方が孵化率が高いです。
※湿らせたティシュペーパーで管理される方も多いようですが孵化率が低いので埋め戻した方が殺生をせずに済みます。

朽ち木の中のアマミシカクワガタの幼虫産卵木の芯部に近い部分にも初齢幼虫が食い込んでいました。

アマミシカの初齢幼虫年輪に沿ってタケノコの皮の様に産卵木を割ると薄い破片の中にも2匹の初齢幼虫がいました。

産卵木の中から出て来た二齢幼虫こちらは、少し分かりにくいですが産卵木から出て来た数少ない二齢幼虫です。
既にボトルに入れ頃のサイズです。

割りカスを容器に戻します。クワガタの卵や初齢幼虫は、小さいので幼虫採取後のマットと産卵木は、元の飼育容器に戻して保管しておく事をお勧めします。
その際に先に紹介した卵も一緒に埋め込んでおくと勝手に孵化しますので4週間から1ヶ月後に再び飼育容器をひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

割りカスを容器に入れる際は、マット→産卵木片の順で入れた方が収まりが良くなります。

なお、割りカスを入れた飼育容器には、種類や産地などの情報と割り出し日を記載したテープやメモを貼っておくと確実に管理が出来ます。

今回のアマミシカクワガタの幼虫の割り出し結果今回のアマミシカクワガタの幼虫の割り出し結果です。
全部で23匹の幼虫(割りカスの中の卵の数は除外)が出てきました。
※割りカスの中の卵が孵化すると最終的に30匹くらいになるかもしれません。

カップに無添加虫吉マットを入れて保管します。一時管理用カップには、無添加虫吉マットを固めずに入れて5日前後保管して傷や虚弱の有無を確認します。

その後に幼虫飼育ボトル550ccに無添加虫吉マットを木製プレスでカチカチに押し固めた物に投入します。
(基本的に糞をボロボロと残しながら居食いするので550ccで十分です。)

無添加虫吉マットは、持ちが良いので4ヶ月毎の交換で大丈夫です。

昨年の11月に割り出した幼虫のエサ交換も近づいているので大きく育っているか楽しみです。
2017年11月のアマミシカクワガタの割り出し記事