ヤマトサビクワガタの産卵木の割り出し

今日の日中は、とても蒸し暑い天候でしたが夕方から雨が降り始め九州北部も梅雨の走りに入りました。

今日は、夕方から少しだけクワガタの産卵セットの割り出しを行いました。

ヤマトサビクワガタの産卵セットの底
画像は、ヤマトサビクワガタ産卵セットの底から見える終齢幼虫です。
※因にこの種類は、セットしてから幼虫の確認が出来るまで日数が掛かるので3月上旬の産卵セットを本日(5月24日)割り出しています。

ヤマトサビクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

側面から見たヤマトサビクワガタの産卵セット
こちらは、ケースの側面の産卵木を齧っているヤマトサビの幼虫です。
今回は、Beケース中サイズ産卵マットクヌギ産卵木(S)クヌギ産卵木(M)の2本の産卵木を用いました。
産卵木は、不発(産卵失敗)を避ける為に意図的に異なる固さの物を選びました。

ひっくり返したヤマトサビの産卵セット
ひっくり返すと産卵マットに幼虫が出て来ました。

ヤマトサビクワガタの二齢幼虫と終齢幼虫
画像の左が終齢幼虫、右が二齢幼虫です。
※因に初齢幼虫は、かなり小さく一発割り出しは不可能に近いので割りカスは、飼育容器に戻して3週間から1ヶ月間保管されてから再び幼虫を回収されると良いです。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

ヤマトサビクワガタの卵です
判り難いですが画像の中央のクリーム色の楕円形の物体は、ヤマトサビの卵です。
※こちらも割りカスと一緒に容器の中に梅戻しておくと勝手に孵化します。

産卵木Mから出て来たヤマトサビの幼虫
産卵木Mサイズ(ヒラタ向きの柔らかさ)を軽く割ってみるといきなり二齢幼虫が出て来ました。

産卵木の芯の付近から出て来たヤマトサビクワガタ幼虫
産卵木の芯の付近を割ってみると無数の食痕(食い進んだ痕)と共に幼虫が出て来ました。
※中央の大きめの幼虫は、二齢から終齢になる為の脱皮の最中です。
(脱皮中及び直後は、頭部の色が真っ白になります)

芯から出て来たヤマトサビの幼虫
芯のギリギリの場所まで食い進んでいました。

産卵木Sサイズから出て来たヤマトサビクワガタの幼虫
もう一方の産卵木S(コクワ向き)から出て来た初齢幼虫です。
産卵木Sは、細くて芯が少ないので小型種に使いやすいです。

今回は意図的にしっかりした硬さの物を選びましたが沢山の幼虫が出て来ました。
※割り出すのが大変ですが過去に固めの産卵木でも結果が出てます。

小さな幼虫が多く潰しを避ける為に大雑把に割って(正確には割るのを止めて)割りカスに戻しました。

ヤマトサビクワガタの割り出し結果
今回は産卵木からメインで33匹の幼虫が出て来ました。
※卵や割り出さずに割りカスに戻した幼虫をカウントすると合計で45から50匹くらいになると思います。(割りカスは来月の下旬頃に幼虫回収を行います)

一時管理用カップに入れた幼虫は、画像の後列の様に無添加幼虫マットを入れて保管して4から5日後に幼虫飼育ボトル550ccに無添加虫吉幼虫マットをマットプレスで詰めて与えると良いです。
※マットは無添加ですが過去にギネス級の27ミリが羽化しております。
ヤマトサビ27ミリオーバー羽化の記事>>>

 

余談ですが先日、実家の畑で見つけたペットの『かぶ太郎(カブトムシの幼虫のオス)』がここ数日の蒸し暑さで蛹室を作り始めました。

蛹室を作るカブトムシの幼虫
ブロー容器1000ccに無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて飼育しています。
楕円形の空洞の中で逆立ちした状態になっています。
これは、体全体を使って卵形の綺麗な形状の蛹室(土繭)を作っている決定的な瞬間で向きを上下に変えながらお尻や背中を壁に強く押し当てて頑丈に固めています。
※上の部分は、逆さまの状態のまま左右の壁に体を預けて上に押し上がりお尻で固めます。

カブトムシは、この日を境により濃い黄色(茶褐色)の前蛹(蛹の直前段階の幼虫)へと変化して行きます。
勿論、エサ交換は不要なので注意が必要です。

これからのカブトムシのシーズンが楽しみです。

 

 

 

昆虫マットの販売>>>

クワガタ産卵用品の販売>>>

昆虫ゼリーの販売>>>

コバエ防止飼育容器Beケースの販売>>>